マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の24件の記事

2010年9月26日 (日)

今日のランチ

今日は、朝から妻と娘が出かけたので、一人でジムに行きまして、帰りに近くのスーパーでランチを調達。

何にしようかなと思いましたがローファットのこれ。




たまに、スーパーの寿司とかたまに食べたくなります。

-- Posted from iPhone4 with BlogPress

朝5時45分頃のマロン

猫には土日も平日も関係ない...。

って訳で、今日も朝の5時過ぎに起こされました。いや、私は5時過ぎまで目が覚めませんでしたが、妻はさらに早くにおこされているようで...、トイレに行ったついでに起きてしまいまして、妻は可哀想なので、そーっとベッドに残しておきました。

さて、土日はゆっくり寝たい!というのもありますが、一方で土日こそ早起きして朝の空気を吸うととても気持ちいいですね。なんか、すごーく一日を得した気分になりますし、朝のさわやかな空気は人間をリフレッシュさせてくれます。



(OLYMPUS E-3, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)



(OLYMPUS E-3, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

これは、上記のとおりE-3にシグマの30mm F1.4をつけて撮っていますが、やはり30mm (35mmフィルム換算では60mmの焦点距離)で、F1.4くらいの明るさがあると、背景ボケボケでマイルドなタッチの写真が撮れるので、とても気に入っているレンズの一つです。

EOS 7Dを買ったら、やはりこれのEFマウント版(APS-C)を使いたいですね。撮影者の腕は悪いですが、とてもいいンズです。

2010年9月25日 (土)

"Your vision, Our future" と "make it possible with CANON"

このタイトルの二つのフレーズ、わかりますか?

"Your vision, Our future" は、オリンパスのコーポレートステートメントで、"make it possible with CANON" は、CMでもおなじみですがキヤノンのコーポレートステートメントです。

余談ですが、よく「キャノン」って書く人がいますがあれは間違いですね。小さい「ゃ」ではなく、普通の「ヤ」です。同じような例が「富士フイルム」でして、「富士フィルム」とか書くのは間違いです。

閑話休題。これまでも書いてきましたが、デジタル一眼は、ハイエンド機はE-1 → E-3と使い、軽量タイプはE-500 → E-620と使ってきたオリンパスファンです。この度、E-5がアナウンスされて、改めて今後どうするかを真剣に考えました。

まず、軽量一眼タイプはもはや一眼レフである必然性は何もなく、まさにマイクロフォーサーズを筆頭とするミラーレスしかありえません。実際、LUMIX DMC-GF1、DMC-G1、DMC-GH1と結果的に三種のボディがそろってしまい、旅行やちょっとしたお出かけのお供で、E-3を持つのは大げさで重いし、DMC-LX3ではちょっと頼りないってときに威力を発揮します。

問題は、ハイエンドのE-3です。オリンパスオンラインショップでは来月下旬発売のE-5が9/21までの限定でFotoPusプレミア会員15%引きに、割引ポイントを使うと、144,355円と一般のお店より3万円以上安いのです。思わず勢いでポチってしまいました。

しかーし、ですよ。E-1からE-3のときは、いろいろな意味でまさに二世代分の進化でした。しかし、E-3からE-5は二世代どころか0.3世代くらいしかなくて、これが3年前に出ていればなぁ、くらいのスペックです。もちろん、前回書いたように、E-3/E-5の防塵防滴性能はデジタル一眼レフではトップクラスですし、作りも頑丈にできています。でも、それはE-3も同じ。E-3ユーザーがE-5に買い替える必然性はかなり薄いんですよね。もちろん、E-1から乗り換えなら文句なくいいものだと思います。

そんなこんなで、いろいろ考えたけれど、E-5の予約はキャンセルしました。

最近、量販店頭でEOS 7Dをいじくりこんにゃくするのですが、いや、いいですな、これも。E-3はE-3でとても気に入っています。だが、動体撮影にはEOS 7Dはすげぇよさそうじゃないっすか。さきのE-5ボディの予約価格に若干足せば、EF-S 15-85mm IS USMのキットレンズ付きがかえちゃいます。



そういうわけでカタログ2種。

EOS 7Dのほうは自分で量販店の店頭でもらってきたものですが、E-5のほうはE-SYSTEMのユーザー登録のあるFotoPus会員向けに送ってきたものです。

何がどうあろうとも、当面E-3を手放す予定はありません。E-SYSTEM、特にE-3はよくできたカメラだと思いますし大変気に入っているものでもあります。ですが、やはりこれで打ち止めだなというのはもはや決まってしまった未来のようでもありますので、後継システムになれておかないといけません。

狙うは、EOS 7Dです。もうワンランク上のフルサイズEOS 5D Mark IIという手もありますが、連写が猫とか撮るには遅すぎますし、手にとってシャッターを切った感覚がなんかちょっと古さを感じるところがあります。フルサイズ、魅力的な言葉ですが、一方でフルサイズを使うこなすのも大変です。EOS 7Dを買って、将来EOSのフルサイズというのはありうる選択肢ですし、レンズもEF-Sばかりそろえない限りは無駄にはなりませんからね。

さて、問題は、どうやってEOS 7Dを信頼できる店からお得に買うかです。キャッシュで払うなら、「荻窪カメラのさくらや」、通称「おぎさく」とか結構いいですね。オンラインならデジカメオンライン(キタムラ系列会社)か、キタムラの店舗受取かなぁ。キタムラは時々なんでも下取りとかで安くなるのでそういうときを狙いますか。

2010年9月23日 (木)

秋のデジカメとフォーサーズの行方

Webでフォトキナ2010の各社の見ていますが、今回は各社とも結構オオッと思わせるものがありますね。フォトキナやそれに同期する時期に発表されたおもなものは...。

- 富士フイルム FinePIx X100 (凄い!と思いますが欲しいとは思わない)
- ペンタックス k-5 (うーん、ペンタねぇ、オリから乗り換える代物じゃない)
- ニコン D7000 (とりあえずスペックだけて詰め込みましたってか)
- シグマ SD1 (あれ、E-5のそっくりさん?AFなんか...)
- キヤノン EOS 60D (なんじゃこりゃ...失笑)
- オリンパス E-5 (わるくないけど、インパクトに欠けるな、レンズ数本同時発表すれば別だった)
- オリンパスのZUIKO DIGITALコンパクト (面白い、仕様によっては欲しい)
etc....

あげればきりがないですけど、オリンパスファン&オリンパスユーザーとしては、やはり寂しいのはフォーサーズのレンズの新しいものが発表されなかったことですね。ネットではあれこれ言われていますが、オリンパスのE-SYSTEM 一ケタモデルは他社にないメリットがあるのは事実ですし。

EOS 7D、k-5、D7000、E-5ともに防塵防滴ボディーでマグネシウムボディです。各サイトを見ると液晶モニターがE-5だけがバリアングルということもありますが、E-5のマグネシウムボディは液晶がある背面全体がマグネシウムボディですが、他のは液晶部が抜けています。プロのフィールドカメラマンの声では、E-3の頑丈さは結構有名らしいですが、実際E-3を使っていて他社同クラス機を手に取るとなんだか不安を感じてしまいます。多分にオリファンのひいき目ですけど。

オリンパスのE-一ケタのメリットは何といっても防塵防滴と頑丈さでして、さらにレンズのほうもSHG/HG/STANDARDの三グレードあるなかで、HG以上が全部防塵防滴になっているのはオリンパスだけですね。キヤノンでEOS 7Dを買って防塵防滴だと喜んでも、レンズが防塵防滴でなければ無意味です。キヤノンの防塵防滴レンズってえらく高いしでかいですね。Lレンズの高い奴だけが防塵防滴(フィールド向けのプロ用だから当然ですが)なんで、ハイアマの方で防塵防滴を求めるには相当な投資が必要になりますね。他社も似たような状況だったり、防塵防滴レンズが少なかったり...。オリンパスのフォーサーズならそんなメチャ高の投資でなくても防塵防滴でそろえられます。またSTANDARDでも写りの良さは値段以上だと思います。

普通に日常を撮ったり室内で猫を撮る分には防塵防滴なんてあまり必要じゃないですが、昨今は携帯ですら防滴をうたい文句にしていますし、自然の中で風景を撮ろうという人にはやはり防塵防滴は安心なんですね。

翻訳ミスで、「フォーサーズレンズは開発しない」と伝えられたのをオリンパスはあわてて否定しましたが、言葉で否定してもなんか空虚ですね。やはり、今後のレンズのロードマップを示すとか、フォトキナで2~3本のSHG/HGを出してほしかったですね。そうすればオリンパスのフォーサーズユーザーも大分安心感が出たでしょうに。

オリンパス自身はデジタルカメラ向けのイメージセンサーを作ってなくて現在はパナソニックのものをつかっているようですが、作ろうと思えば作れる技術は持っているので、E-一ケタにはやはり自社開発のものを使ってほしいところ。ニコンもフラグシップには自社開発を、他はソニーのものをつかったりしていますよね。単体では商売として難しいでしょうが、長期的にみてこの投資はデジタル一眼レフでシェアを伸ばすことにつながるのではないでしょうか。

ともあれ、私は当面オリンパスのフォーサーズ、パナソニックのマイクロフォーサーズを使い続けます。

2010年9月20日 (月)

デジタル一眼の序列

話題にするのは、メーカー序列じゃなくて(オリンパスユーザーたるもの、今更キヤノンやニコンといった巨人と比較しようなんて思いませんので...)、メーカー内でのエントリー~プロ向けまでの機種の序列の話です。

最盛期だったデジタル・オリンパス君はE-XXXからE-Xと桁数が減るごとにグレードがあがってゆくというシンプルなものでしたが、今は序列もへったくれもなく、というか長期的な先行きはかなり不透明ですので、今更序列も何もない。

で、最強キヤノン。こちらも比較的シンプル。機種ラインナップのWebページでそれはクリアになっていますし、基本的に桁数がそれを示してます。

さて、問題はニコン。デジタル一眼レフカメラの一覧ページで左上から右下に向かうにつれてグレードが下がるとは思うんですが...。

D3x -> D3s -> D700 -> D300s -> D7000 -> D90 -> D5000 -> D3100 -> D3000

これ、新しくニコンの一眼を買おうって人はどうしていいいかわからんじゃないですか。どうやってモデル番号を決めたんでしょうか。今さら整理はできないでしょうが、これ、あまりにもひどくないですか。

どうでもいいことですが、気になります。

必ずもらえるプレゼント2010

昨日の午後、インターホンが「ピンポ~ン」。

家族はそれを聞いて、一斉に自分以外に向かって「何買ったの!?」(爆)

いや、私は何も買っていないよん、少なくとも、今届くものはない。
というわけで、佐川急便のおじさんが届けてくれたのは、人間宛てではなく、長毛の家族であらせられるマロン様への贈り物でした。



そ、「必ずもらえるプレゼント2010」でした。

なんだ、つまらん(笑)

続きを読む "必ずもらえるプレゼント2010" »

2010年9月18日 (土)

秋の空

この夏は私も始めて経験する激暑でしたが、それも終りまして、最高気温も30度を超えなくなりました。

昼間はまだ少し暑いですが、ふと、空を見上げると真っ青な秋の空。出かける途中でE-3とか流石に持っていないのでiPhone4でパチリ。




こういう青空っていいですね。気持ちがスカーっとします。

-- Posted from iPhone4 with BlogPress

とろけるブリオッシュ

しばらくヴィクトワールとご無沙汰していたので、久しぶりに買いました。




袋の中身は勿論とろけるブリオッシュです。

カロリーが高そうなので、あまり頻繁に食べるのはどうかと思いますが、やはり美味しものには魔力があります。

-- Posted from iPhone4 with BlogPress

2010年9月12日 (日)

ヌードルマグ ネコ

ちょっと面白いものを買いました。

私、カップ麺が結構好きなんですが、最近はECOで行こうと丁度安くなっていたカップヌードルリフィルを買いました。でも、でも、ですね、欲しいときに限って売ってないのが日清特製の専用カップです。

そこでいいものはないかと探したのがこれ。



陶器製の大きなマグとシリコンの蓋がセットになっています。この蓋、なかなか優れ物で、乗っけただけで蓋を持ち上げると空の状態ならマグごと持ちあがります。それだけ密閉度が高いってことでしょうか。



可愛い黒猫ちゃんです。で、この柄が面白い。



猫ちゃんが魚(のホネ)に興味を持っています。でも、良く見ると魚の頭に紐がついています。その紐をたどってみると...。



なんと、ネズミが持っていますね。まるで、トムとジェリーの関係(笑)。



お湯の目盛がついてます。カップヌードルのお湯所定量は330mlなんですが、麺を入れてお湯をこの目盛の330mlまで入れたのでは、麺と具の体積があるのでお湯が少なすぎます。400mlのところまで入れたけどまだ少なかったです(笑)

暑さ復活で寝てます

この週末はまた昼間は暑くなりました。

当然のごとく、マロンは北側の出窓でうつらうつら。



(OLYMPUS E-3, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

暑いときは寝るに限ります、猫も人も...。

E-3の後継は?

Four Thirds Rumorsを見ると、OLYMPUS E-3の後継モデルとしてE-5の話が出ています。噂のあれこれの詳細は同サイト(英語)をお読みいただくとして、やはりE-3後継は気になります。




自分が、E-3に不満があるかといえば機能的、操作的、画質的には不満はありませんし、E-620ともあわせると手持ちレンズには高価なものはありませんが、それでも...

ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6  (E-620のキットレンズ)
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ZUIKO DIGITAL 40-150mm F3.5-4.5
SIMGA 30mm F1.4 EX DC /HSM

とあります。中でも使用頻度が高いのは、SIGMA 30mm、14-54mm、35mmマクロですね。25mm F2.8のパンケーキはE-620と組み合わせるとかなり軽量になり、画角も35mmフィルム換算で50mmと可もなく不可もない無難なものになりそこそこ使えます。

オリンパスの一眼は銀塩時代からキヤノンやニコンほどメジャーではないため、首位二社とはもともとシェアの差が非常に大きかったのですが、デジタル一眼になりその差はさらに広がり風前の灯状態。起死回生で投入したミラーレスのマイクロフォーサーズも我が愛機であるGF-1/G-1/GH-1といったパナソニック勢が健闘していますが、PEN君は今一歩な状況。

BCNランキングの2010年上期のレンズ交換式デジタルカメラのシェアを見ると、

ニコン 34.0%
キヤノン 31.4%
パナソニック 10.9%
HOYA(Pentax) 7.8%
オリンパス 7.7%
ソニー 7.5%

となっており、ニコンとキヤノンが入れ替わりましたが、パナソニックが三位に躍り出ているのはマイクロフォーサーズが健闘したから。我がフラグシップ機をかかえるオリンパスはなんとPanasonicより2ランク下の5位。

こうなると、オリンパスファンといえどもこの先一体どうなるのよ!という不安が出てきます。デジタル一眼の開発には非常に金がかかりますからコンパクトデジタルカメラのように毎年新モデルを出すのはナンセンスですが、2007年11月23日に発売されてから再来月で3年たちます。もっとも、前任機のE-1が出たのが2003年10月ですから、この秋に出ればオリンパスとしては速いほうなのかもしれません。サイクルの長さはポジティブにとらえれば、それだけ完成度が高いとも言えます。

とはいえ、心配なのが負の循環。売れない→その事業で利益が出ない→新規開発投資が難しい→新製品投入サイクルが長くなる→ユーザーの関心が薄れる→シェアが落ちる→売れなくなる、という悪循環に入りつつあるのは明白です。

銀塩時代からのオリンパスファンとしてオリンパス離れは残念ですが、でも、最悪のケースとしてキヤノンやニコンへのマウント替えを視野に入れざるを得ないのは、オリンパスのデジタル一眼を選んだ時点で宿命みたいなものかもしれません。今すぐどうのこうのということはないですが、撤退とか正式発表されちゃうと現時点で売れているカメラでも名機中の名機なんてモデルもないので、中古価格もダダ下がりになってしまいますから、売るなら今だという考えもなくはない。

仮に、今替えるとしたら、EOS 7Dかな。5D Mark IIになるとフルサイズセンサーになりますが、諸々はyはり7Dのほうが新しく連写も早い。というか、5D Mark IIの3.9コマ/秒はE-3の5コマ/秒より見劣りするので、猫とかを良くとる私には許し難いものがあります。E- 1からE-3に替えたのもこの連写速度が最大要因でしたからね。ニコンだとD300Sが同クラスになりますが、実機を触るとどうも私にはピンとこない。その点EOS 7Dは非常に感触がいい。操作系は異なりますが、私の感性的にはE-3に近いのがEOS 7Dですね。

マウント替えというのはデジタル一眼愛用者にとっては、人生にたとえると離婚&再婚みたいなもので、かなりの馬力と財力を必要とします。マップカメラの中古買い取りカウンターとかみていると、たまにデジタル一眼一式全部をもってきている人がいますが、これはマウント替えかなぁ、とか邪推したりします。

ま、当面しばらくは様子見ですね。というか、オリンパスの出方次第。その当面が数年以上つづいているわけなんですが(笑)。

さて、オリンパスファンとして純粋な選択肢というかファーストチョイスは、ディスコンになろうがどうしようがとにかく使う!ってこと。これが一番有力な選択肢でもあります。実際、E-3の完成度は非常に高いですし使い倒す価値はあります。使い倒してもう駄目ってなったときにオリンパスがデジタル一眼を撤退しているようならマウント替えすればよい。また仮にディスコンになったらレンズも実売は下がるかも...??今、一番欲しいのはOLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDです。これとE-620あるいはE-3は、最高の組み合わせでして、特にE-3になると爆速AFになり、下手なCANONのレンズキットなどよりずっとAFが速い。猫とか撮るときは連写が速いのもさることながらAFも速くないと意味がないですからね。

なんだかんだと、今、一番欲しいのは、EOS 7Dなんぞじゃなくて、OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDだったりします(爆笑)

2010年9月11日 (土)

iPhoneの電子辞書化は無駄な投資ですよ

iTunes Storeのレファレンスのカテゴリーをつらつらと見ていると、知らぬ間に英語関係の辞書が激増しています。いちいち、書き上げるとキリがないのですが、新編英和活用大辞典とか、新和英大辞典、ロングマン現代英英辞典、新英和大辞典、広辞苑、オックスフォード英英辞典辞典、リーダーズ英和辞典などなど。

ただし、どれも安くないですし、辞典によっては一万円を超えるものだってあります。大辞典系を何種か揃えるとiPhone本体価格を上回ること間違いありません。ここで冷静に考えなくてはいけないのは、そこまで出すなら、EX-WORD XD-A10000というカシオの電子辞書の最高峰モデルが楽に買えてしまうことです。XD-A10000は私も持っていますが、実売42,000円前後で英語辞書はウルトラ超充実、さらにブリタニカ国際大百科事典、精選版日本語大辞典なども入っていて、日本語と英語に関しては望みうる最高のコンテンツが揃っています。

そう考えると、やはりiPhoneには1,000円台かそれ以下の英和辞典、和英辞典、英英辞典、国語辞典を入れておくくらいにしたほうが賢明だと思います。大辞典系を買うなら、荷物は一つ増えますが、XD-A10000とまではいかなくても電子辞書そのものを買ったほうがはるかに潰しがききます。最悪、iPhoneをやめても辞書は普通に使えますから。

iPhoneで10,000円を超えるような高額辞書を買うなら、よほどの理由がない限り単体の電子辞書を買ったほうがはるかに実用的であることは間違いありません。専門の電子辞書だと内蔵辞書の串刺し検索も別段珍しい機能ではなく重宝する機能ですが、複数のiPhone電子辞書を串刺し検索なんてのは現状では臨むべくもありません。日本の電子辞書機は非常に優秀で安価です。ぜひこれを便利に使いましょう。

朝は大好きにゃん

天気予報では今日の首都圏はまた暑くなるそうです。気象庁の予報によれば私の地元のほうは今日・明日は33~34度になるそうですが、来週は30度を下回りようやく涼しくなるようです。

マロンもここ2~3日は涼しかったので、元気と食欲が戻り、昨日の食欲はかなりのものでしたし、結構元気に遊んでいました。やはり長毛種に今年の夏はつらかかったようです。



(OLYMPUS E-3, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

いつものとおり、5時40分ごろに腹減ったと、ベッドの横でナゴナゴ攻撃を受けて、心地よいマニフレックスに後ろ髪をひかれながらもベッドを抜け出て餌をあげました。

食後、マロンはいつものとおりリビングの掃きだし窓でくつろいでます。

2010年9月10日 (金)

秋の空気だけど、眠いにゃん

台風9号崩れの熱帯低気圧が過ぎた昨日はいきなり気温が下がり、さらに昨夜から今朝にかけては湿度も下がりとても気持ち良い天気となりました。今日はちょっと暑いようですが、でも、先週に比べれば秋の気配です。

マロンも涼しくなると元気と食欲が戻ってきますが、同時に睡眠欲もさらに戻ってくるようで、朝ごはんを食べてひと遊びしたあとは、ひたすら眠い。

こうなると静かに寝られるのは娘のベッドの下です。私たち夫婦のベッドはシモンズダブルクッションなんで、ベッドの下は猫が入れるほど広くないんで...(笑)



(OLYMPUS E-3, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

「だ、だめですにゃ、乙女、にゃん、乙雌猫の寝顔を撮るなんて、いけないにゃんj」

写真で見ると明るめに見えますが、いや、いや、肉眼ではかなり真っ暗であります。E-3にSIGMAのF1.4をつけて、ISO800、1/2秒、F1.8で縮小しただけです。このレンズ、明るいので使い方が逆に難しいですがハマると結構いいです。

それにしても、OLYMPUSのデジタル一眼、E-5がでるという噂ですが...。

2010年9月 9日 (木)

Droptext

iPhoneとiPad、ノートPC、デスクトップPCの四種を使うようになると真剣に考えるようになるのがデータのバックアップと共有です。

私の場合、メインはデスクトップなのでデータや写真の類はすべてデスクトップに格納してあり、これはディスクtoディスクで、デスクトップ内蔵の1TBと外付けディスクの両方に、週に一度Paragon Harddisk Managerを使って世代フルバックアップをとっていますし、同様にノートPCのほうにもWindows SyncToyを使ってコピーしています。

問題になるのはバックアップではなくて、日常のメモとよく更新する、でもチョー機密ではないデータのシェアです。

こういうときは間違いなくクラウドの出番なんですよね。普段私が使っているのはDropboxとEvernote。

とくにファイルのシェアに関してはDropboxは大変便利でして、iPhone/iPadでDocument To Goを使っているので、ローカルはもとよりDropbox上のWord/Excelファイルを編集・更新できますし、当然PCでもiPhone/iPadなどで手を加えたファイルを参照・更新できます。

ただ、これで対応できないのがテキストファイルです。道具としてGoodReaderも使っていてこれにはテキストエディターも内蔵しているのですが、Dropbox上には新規アップロードはできますが、Dropbox上にすでに存在するファイルへの上書きができない、つまり更新ができません。これはかなり致命的で、GoodReaderのアップデートで対応されるのを祈るのみです。また、GoodReaderではPCとiPhone/iPadの文字コードの違いから(PCはShift JISで、iPhone・iPadはUTF8N)、GoodReaderではPCのShift JISファイルを開く事ができません。

iPhone/iPadのアプリのDropboxというのがありますが、これにテキストエディターファイルの編集機能はありません。ただし、テキストファイルについてはShift JISでも、UTF8Nでも開く事ができます。

これでは役に立たないので、何かないかといろいろ探し回って見つけたのがDroptextというアプリ。これはDropbox上のテキストファイルを編集したり新規にテキストファイルを作成できるもので、同様の機能を持つElementsと違ってDropbox上の決められたフォルダしか扱えないなんてアホな制限はありません。



実はこれもパーフェクトではなくて、扱えない文字コードはShift JISはダメで、UTF8Nのみですが、これは私にはノープロブレム。というのも、PC側ではUTFも扱えるNoEditorというフリーのテキストエディタを使っていますから。逆にいえば、iPhone/iPadの環境でも問題なく日本語ファイルを扱えるようにするには、より多機能なPCのほうで歩み寄る必要があるわけです。

ともあれ、Dropbox/Goodreader/Droptext/Document To Goという組み合わせはクラウドを中心としたiPad/iPhone/PCのデータシェアという意味では最強に近いかもしれません。

そして、有償で良いので、例えばPC/iPhone/iPadにデジタル証明書を格納して、これを使ってのアクセスを可能性にし第三者へのデータシェア機能を削除してもらうと、かなり強固になります。日本オリジナルの日本クローズドサービスだとスケールメリットがでないので、やはりワールドワイドなものが、アプリ供給の面からもいいと思いますね。
-- Posted from iPhone4 with BlogPress

快適な朝にゃん

未明のうちは妻を起こし、夜が明けたあとは私を起こしにきたマロン。

空は昨日の台風9号崩れの熱帯低気圧の余波で空一面どんより曇っています。普通なら、変な天気と嘆くのでしょうが、なんせ晴天&激暑続きだったので、曇天で涼しい朝は大歓迎なのであります。

それはマロンは同じ楽して、朝御飯のウェットとドライのうち、真っ先にウェットを平らげた後は、リビングの掃き出し窓の敷居部分に顎を乗っけてうつらうつら。

いや、確かに気持ちいいよね、この涼しさは。



-- Posted from iPhone4 with BlogPress

2010年9月 6日 (月)

夜明けのマロン

多頭飼いでない完全室内飼いの猫の場合、早朝あるいは未明に飼い主を起こしに来るというのは、程度の差はあれどもよく見られる行動だそうであります。

我がマロン様にあらせられましては、やはり未明あるいは早朝に飼い主どもを起こしに来られます(笑)。

今朝は、4時半すぎに腹が減ったと私をしつこく起こしに来ました。いつもなら未明なら妻を、夜明け後は私と決まっているのですが、今日はちょうど空が明るくなって来た境目の時間帯でした。

ベランダから外を見るとこんな感じ。



ベランダで眠い目をしょぼつかせながら夜明けの空をDMC-LX5で撮っていて、ふと気配を感じて後ろをふりかえるとマロンが夜明けを楽しんでいました。



「パパにゃん、この夜明けとマロンとどちらがきれいにゃんか?」
「し、知るか、そんなこと、Zzzz」
「冷たいにゃんね」

-- Posted from iPad with BlogPress

2010年9月 5日 (日)

iPad 二ヶ月

iPadが手元に届いたのが6月24日でしたから、二ヶ月以上経過したことになります。

もともと持ち出し用に買ったわけではないので、まだ外に持ち出したこともなく、ひたすら自宅内で使っていますが、最近は私だけではなくて妻や娘も時々使うようになりました。

私が買ったのはWifi32GBモデルでして、持ち出す予定もなかったので最初から3Gは対象外で、この選択は手頃なものだったと感じます。Apple Wireless Keyboardを買ってからは、この記事のようにブログ更新もiPadで行うこともぽちぽち出て来ました。タイピングもApple Wireless Keyboard(ASCII配列)を使えば全く問題ないどころから、かなり快適であります。

さて、ここからは、iPadを外で使おうと思って購入を考えている方々へのサジェスチョンであります。

外で使うには基本的にはなんらかの形で3G通信網が必要です。Wifiスポットなんて有料にせよ無料にせよ極めて限られた場所にしかありませんので、いつでも使えるというわけでにはゆきません。使いたいときにスポットが近所にないというのが現実だと思っている間違いありません。

iPadで3Gを使うには2通りの方法がありますね。一つは3Gモデルを買うこと。これが一番簡単。もう一つはWifiルーターを使うこと。どちらも一丁一短です。

3Gモデルは荷物が増えないですし、最近エリアの拡大が著しいSoftBankの3G網を使うのでエリア的にもdocomoには及びませんが、emobileとは比べ物になりませんし、ましてWiMaxなんぞは論外です。でも、他にノートPCとかある場合には、ノートPCからはiPadの3Gを使えないので、どうしても必要なら別途Wifiルーターか通信カードを買う必要があります。

一方、Wifiルーターのほうは、3Gモデルとは違ってWifiルーターそのものを選ぶことでキャリアを選べます。それに何といってもPSPやノートPCなどをつなぐこともできます。旅先で自分だけではなく友人などの連れもPCをネットにつなぐこともできますね。

潰しがきくということでは大変重要でありまして、iPadといえども何年も使えるわけじゃないってことは覚えておく必要があります。最初の意思はどうあれ1年程度でiPadなどのガジェットは買い換えるであろうと思って計画するのが一番無難です。

容量は16GBは少ないので32GBか64GBで財布と相談でいいですが、買えるなら容量の大きな方が大は小を兼ねます。まずは、Wifiの32GBか64GBを買ってから、どうしても自宅外でネット接続の必要がガンガンでてきたら、Wifiルーターを買えばいいでしょう。そのときにどのWifiルーターを選ぶかは、iPadを使いたい場所が都市部に限られるのか、田舎のほうになるのかなどによって変わって来るでしょう。

私は、今のところiPadを持ち出す予定はないので、Wifiルーターは不要です。

-- Posted from iPad with BlogPress

ハンター

アオドウガネを見つけたので、マロンがくつろいでいる出窓の網戸の外側につかまらせたら、何時の間にか虫愛ずる姫が捕まえて、マロンの遊び相手にあたえたようです。

いきなり野生に目覚めたのか、猫パンチの嵐。



アオドウガネはたまらず気絶寸前?

-- Posted from iPhone4 with BlogPress

emobileの解約の話

私は以前EM・ONE(αへのアップグレード)を使っていましたが、iPhone使用開始と同時に使わなくなり、2年縛りの残り約10ヶ月は最低料金で塩漬けにして、縛りが無くなると同時に解約しました。

emobileというワードをGoogleで検索するとGoogleサジェストで"emobile 解約"というのが真っ先に出て来て笑ってしまいますが、試しにそれを追ってみると、解約が大変だったとか地獄だったというのが少なからずありました。

自分の経験からいうと地獄でもなんでもなく、まあ、電話一本で即解約できたWILLCOMからすれば書類を送ってもらってそれを返送して、って感じなので手間はかかりますが、地獄じゃない。

大変だったとかというレポを読むと、端末の電話番号がわからかった(データ端末といえども電話番号がついているってのが理解されていないようです)、オンライン暗証番号がわからない、という、どれも自分できちんと管理すべき初期情報をろくに管理もせずに文句をいっているだけのように思えます。

例えば、電話番号はSIMカードがくっついてたカードサイズのプラスチック板のバーコードの上に書いてありますし、My Emobileでもオンラインですぐにわかるし、送付されてくる契約通知にも記載されています。オンライン暗証番号は自分で選んだのだから忘れるほうがいけないし、また銀行やクレジットの暗証番号と同じにするのは狂気の沙汰でもあります。

ともあれ、emobileといえども、こうした契約者として管理しておくべき固有の情報をきちんと把握しておけば別に解約は大変じゃないです。最近は、EMショップ店頭でも解約を受けてくれるようになったそうで、その場合は思い切り簡単なようです。

いや、別に解約を勧めているわけではなくて、契約者として把握しておくべき情報を把握せずに大変だとか地獄だって話がでるのは、これはちょっと違うでしょう、と思う訳です。契約と言う行為の重要さがまるでわかっていない輩がいるってことでしょう。

-- Posted from iPad with BlogPress

2010年9月 4日 (土)

横浜、海事博物館めぐり

海事博物館と言えば、東京だとお台場にある「船の科学館」ですが、横浜だと山下公園のところにある「横浜みなと博物館」と「日本郵船 氷川丸」ですね。

特に「横浜みなと博物館」には富山に繫留されている「海王丸」との姉妹船である「日本丸」が展示繫留されており、以前から一度行ってみたいと思っていましたので、休暇を利用して(ってほどの距離じゃないです)買ったばかりのPanasonic LUMIX DMC-LX5の試写を兼ねて行って来ました。

「横浜みなと博物館」はみなとみらいエリアのショッピングゾーンであるクィーンズスクェアとランドマークプラザの裏というか海側にあります。このあたりで食事とかお茶をすると、場所によっては帆船が見えると思いますが、それが「横浜みなと博物館」の屋外展示である「日本丸」ですね。






このときは暑い最中で、他の見学客はゼロ。ボランティアで日本丸の中を案内していただけるというのでお願いしました。案内してしてくださった方は、今から50年ほど前に学生として訓練航海で日本丸に乗ったということで、体験を含めて丁寧に説明をしていただけました。

もう一つ、山下公園の真正面に繫留されている「日本郵船 氷川丸」があります。






日本丸のほうは訓練用ということでわざと不便に作ってあるところがあるのですが、こちらのほうは当時の日本としては豪華船である12,000t級の貨客船で、第二次大戦中には病院戦として使用されたが奇跡的に戦後まで沈没を逃れた数少ない船ですね。







上の写真は、当時としてはかなり豪華な一等客室です。ベッドはアメリカ製のスプリングベッドだったそうです。







船内のレストランも時代を考えれば船とは思えない豪華さです。

こういうのを見ていると、日本船籍の客船の中で最大の5万tを誇る郵船クルーズの「飛鳥II」とかに乗って豪華なクルーズとかしてみたくなりますねえ。まあ、お金も暇もありませんし、暇ができるころ、すなわち退職したころにはそんな贅沢はできそうもありません。

ちなみに飛鳥IIの船籍港は客船としては数少ない横浜港なのだそうです。

余談ですが、現在の帆船の練習船は海王丸II世と日本丸II世ですが、この姉妹船9月末に揃って晴海に入港するとのことで、ちょっと行ってみようかしら。

-- Posted from iPad with BlogPress

2010年9月 3日 (金)

今日のランチ

休暇中で、一昨日に続き横浜に行ってきました。今日は娘と純粋に観光です(笑)。

お昼は元町の海の見える丘公園近くの下前商店という名のラーメン屋さん。

私は又焼麺840円。



娘はのり玉ラーメン630円。



近頃流行りのこってり系とか魚粉系とかと違って、ラーメンというより中華そばという感じで、さっぱりしていて実に美味い。

最初の一口で、一気に中華そばの思い出が頭に溢れかえるくらいのインパクトを持った美味なる中華そばでした。また、機会があれば食べたいですね。

-- Posted from iPhone4

麻丘めぐみ

私が中学から高校の時代でしたが、お姫様ヘアーの麻丘めぐみさんの大ファンでした。シングルとかアルバムとか何枚か買いましたが、さすがに全部買うのは無理でしたね。なんせ小遣いの範囲ですから買うには限度がありました。

今でも、あの当時の歌声は好きでして、先日、何気にAmazonを検索したら...なんと、昨年あたり集中的にCD化された当時のアルバムやシングルを集めたベストアルバムが出ているんですね。

その中で気になったのは、先月reissueとして出たばかりのこの一枚。


これは、1972年のデビューから1977年に結婚されて芸能活動一時休業までのすべてのシングルのA面とB面を収録したものです。A面の曲で言えば、1972年の「芽ばえ」から1977年の「ねぇ」までの19シングル、38曲が2枚のCDに収録されています。

かつての熱心なファンとして、これを買わない理由はないので、ポチりました。

2010年9月 1日 (水)

横浜・元町でランチ

休暇中の今日は、妻とちょっとした用事があって横浜に出かけました。私自身は最近仕事で週に一度くらいは行くのでさほど珍しくはないですが、夫婦でプライベートで出かけるのはウルトラ・チョー久しぶりです。

みなとみらい線のみなとみらい駅で降りてちょっと用事をすませたあと、クィーンズスクエアへ行きクリスピークリームでティータイム。夏休みが終わった後の平日午前中ということもあってから、ガラガラでした。これだけすいているクリスピークリームは初めてでした。その後、ランドマークプラザでウィンドウショッピングをしたあと、電車で元町・中華街へ。

目的は中華街ではなく、横浜・人形の家。9月5日まで「シルバニアファミリー25周年 歴史展 ~よこはま物語 2010夏~」というのが開かれているのでそれが目的です。我が家は娘がおりますので、小さいころには結構「シルバニアファミリー」を買いました。海外版とか、娘が大きくなってからは縁がなくなった最近のバージョンとかみて関心したり懐かしかったり。

おなかもすいてきたので、元町に足を向けます。恥ずかしながら横浜の元町は実はこれが生まれて初めて(笑)。いや、ね、東京都民時代はずーっと区民だったので、正直なところ横浜くんだり(横浜の方、ごめんなさい)まで行かなくてもすべて自宅から近い都心のメジャーな商業地域で用が足りたので、横浜まで行く理由もきっかけもなかったのです。ベイといえば東京ベイですしね。

元町で、食べログから探した店が5丁目にあるJPASTAというお店。

妻がオーダーしたのは、釜揚げシラスのスパゲティ。


Panasonic LUMIX DMC-LX5

私はランチタイムで最後の一人前分となっているという生パスタ・ミートソース納豆をオーダー。


Panasonic LUMIX DMC-LX5

食べログの感想などを読むと、いいのと悪いのが極端ですが、私たちは気に入りました。麺にチーズベースでオイル少なめのソースがしっかりとからんでいるようで、しっとりといい感じですが、人によってはこれが「伸びて固まっている」と誤解があるようです。

その食感が生パスタのほうになるとさらに顕著になってもちもち感が強くなり、生パスタ特有の歯ごたえになりますが、生パスタはあまりポピュラーではないので、これも人によっては「何だこりゃ!?」になるのかもしれませんが、他店では味わえない美味しい癖になるパスタを味わうことができます。

さて、このあとキタムラ本店でウィンドーショッピング、キタムラ元町3丁目店にて印鑑入れを購入のあと電車で横浜まで戻り、横浜高島屋でクラブハリエのバームクーヘン、ケーニヒスクローネで栗スティックパイ、仙太郎で御存知最中を購入し帰宅となりました。

久しぶりに妻とゆっくり過ごせたプチ旅行(大げさ)気分な一日でした。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »