マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 横浜、海事博物館めぐり | トップページ | ハンター »

2010年9月 5日 (日)

emobileの解約の話

私は以前EM・ONE(αへのアップグレード)を使っていましたが、iPhone使用開始と同時に使わなくなり、2年縛りの残り約10ヶ月は最低料金で塩漬けにして、縛りが無くなると同時に解約しました。

emobileというワードをGoogleで検索するとGoogleサジェストで"emobile 解約"というのが真っ先に出て来て笑ってしまいますが、試しにそれを追ってみると、解約が大変だったとか地獄だったというのが少なからずありました。

自分の経験からいうと地獄でもなんでもなく、まあ、電話一本で即解約できたWILLCOMからすれば書類を送ってもらってそれを返送して、って感じなので手間はかかりますが、地獄じゃない。

大変だったとかというレポを読むと、端末の電話番号がわからかった(データ端末といえども電話番号がついているってのが理解されていないようです)、オンライン暗証番号がわからない、という、どれも自分できちんと管理すべき初期情報をろくに管理もせずに文句をいっているだけのように思えます。

例えば、電話番号はSIMカードがくっついてたカードサイズのプラスチック板のバーコードの上に書いてありますし、My Emobileでもオンラインですぐにわかるし、送付されてくる契約通知にも記載されています。オンライン暗証番号は自分で選んだのだから忘れるほうがいけないし、また銀行やクレジットの暗証番号と同じにするのは狂気の沙汰でもあります。

ともあれ、emobileといえども、こうした契約者として管理しておくべき固有の情報をきちんと把握しておけば別に解約は大変じゃないです。最近は、EMショップ店頭でも解約を受けてくれるようになったそうで、その場合は思い切り簡単なようです。

いや、別に解約を勧めているわけではなくて、契約者として把握しておくべき情報を把握せずに大変だとか地獄だって話がでるのは、これはちょっと違うでしょう、と思う訳です。契約と言う行為の重要さがまるでわかっていない輩がいるってことでしょう。

-- Posted from iPad with BlogPress

« 横浜、海事博物館めぐり | トップページ | ハンター »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: emobileの解約の話:

« 横浜、海事博物館めぐり | トップページ | ハンター »