マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« iPhoneの電子辞書化は無駄な投資ですよ | トップページ | 暑さ復活で寝てます »

2010年9月12日 (日)

E-3の後継は?

Four Thirds Rumorsを見ると、OLYMPUS E-3の後継モデルとしてE-5の話が出ています。噂のあれこれの詳細は同サイト(英語)をお読みいただくとして、やはりE-3後継は気になります。




自分が、E-3に不満があるかといえば機能的、操作的、画質的には不満はありませんし、E-620ともあわせると手持ちレンズには高価なものはありませんが、それでも...

ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6  (E-620のキットレンズ)
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ZUIKO DIGITAL 40-150mm F3.5-4.5
SIMGA 30mm F1.4 EX DC /HSM

とあります。中でも使用頻度が高いのは、SIGMA 30mm、14-54mm、35mmマクロですね。25mm F2.8のパンケーキはE-620と組み合わせるとかなり軽量になり、画角も35mmフィルム換算で50mmと可もなく不可もない無難なものになりそこそこ使えます。

オリンパスの一眼は銀塩時代からキヤノンやニコンほどメジャーではないため、首位二社とはもともとシェアの差が非常に大きかったのですが、デジタル一眼になりその差はさらに広がり風前の灯状態。起死回生で投入したミラーレスのマイクロフォーサーズも我が愛機であるGF-1/G-1/GH-1といったパナソニック勢が健闘していますが、PEN君は今一歩な状況。

BCNランキングの2010年上期のレンズ交換式デジタルカメラのシェアを見ると、

ニコン 34.0%
キヤノン 31.4%
パナソニック 10.9%
HOYA(Pentax) 7.8%
オリンパス 7.7%
ソニー 7.5%

となっており、ニコンとキヤノンが入れ替わりましたが、パナソニックが三位に躍り出ているのはマイクロフォーサーズが健闘したから。我がフラグシップ機をかかえるオリンパスはなんとPanasonicより2ランク下の5位。

こうなると、オリンパスファンといえどもこの先一体どうなるのよ!という不安が出てきます。デジタル一眼の開発には非常に金がかかりますからコンパクトデジタルカメラのように毎年新モデルを出すのはナンセンスですが、2007年11月23日に発売されてから再来月で3年たちます。もっとも、前任機のE-1が出たのが2003年10月ですから、この秋に出ればオリンパスとしては速いほうなのかもしれません。サイクルの長さはポジティブにとらえれば、それだけ完成度が高いとも言えます。

とはいえ、心配なのが負の循環。売れない→その事業で利益が出ない→新規開発投資が難しい→新製品投入サイクルが長くなる→ユーザーの関心が薄れる→シェアが落ちる→売れなくなる、という悪循環に入りつつあるのは明白です。

銀塩時代からのオリンパスファンとしてオリンパス離れは残念ですが、でも、最悪のケースとしてキヤノンやニコンへのマウント替えを視野に入れざるを得ないのは、オリンパスのデジタル一眼を選んだ時点で宿命みたいなものかもしれません。今すぐどうのこうのということはないですが、撤退とか正式発表されちゃうと現時点で売れているカメラでも名機中の名機なんてモデルもないので、中古価格もダダ下がりになってしまいますから、売るなら今だという考えもなくはない。

仮に、今替えるとしたら、EOS 7Dかな。5D Mark IIになるとフルサイズセンサーになりますが、諸々はyはり7Dのほうが新しく連写も早い。というか、5D Mark IIの3.9コマ/秒はE-3の5コマ/秒より見劣りするので、猫とかを良くとる私には許し難いものがあります。E- 1からE-3に替えたのもこの連写速度が最大要因でしたからね。ニコンだとD300Sが同クラスになりますが、実機を触るとどうも私にはピンとこない。その点EOS 7Dは非常に感触がいい。操作系は異なりますが、私の感性的にはE-3に近いのがEOS 7Dですね。

マウント替えというのはデジタル一眼愛用者にとっては、人生にたとえると離婚&再婚みたいなもので、かなりの馬力と財力を必要とします。マップカメラの中古買い取りカウンターとかみていると、たまにデジタル一眼一式全部をもってきている人がいますが、これはマウント替えかなぁ、とか邪推したりします。

ま、当面しばらくは様子見ですね。というか、オリンパスの出方次第。その当面が数年以上つづいているわけなんですが(笑)。

さて、オリンパスファンとして純粋な選択肢というかファーストチョイスは、ディスコンになろうがどうしようがとにかく使う!ってこと。これが一番有力な選択肢でもあります。実際、E-3の完成度は非常に高いですし使い倒す価値はあります。使い倒してもう駄目ってなったときにオリンパスがデジタル一眼を撤退しているようならマウント替えすればよい。また仮にディスコンになったらレンズも実売は下がるかも...??今、一番欲しいのはOLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDです。これとE-620あるいはE-3は、最高の組み合わせでして、特にE-3になると爆速AFになり、下手なCANONのレンズキットなどよりずっとAFが速い。猫とか撮るときは連写が速いのもさることながらAFも速くないと意味がないですからね。

なんだかんだと、今、一番欲しいのは、EOS 7Dなんぞじゃなくて、OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDだったりします(爆笑)

« iPhoneの電子辞書化は無駄な投資ですよ | トップページ | 暑さ復活で寝てます »

デジタル一眼レフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-3の後継は?:

« iPhoneの電子辞書化は無駄な投資ですよ | トップページ | 暑さ復活で寝てます »