マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 快適な朝にゃん | トップページ | 秋の空気だけど、眠いにゃん »

2010年9月 9日 (木)

Droptext

iPhoneとiPad、ノートPC、デスクトップPCの四種を使うようになると真剣に考えるようになるのがデータのバックアップと共有です。

私の場合、メインはデスクトップなのでデータや写真の類はすべてデスクトップに格納してあり、これはディスクtoディスクで、デスクトップ内蔵の1TBと外付けディスクの両方に、週に一度Paragon Harddisk Managerを使って世代フルバックアップをとっていますし、同様にノートPCのほうにもWindows SyncToyを使ってコピーしています。

問題になるのはバックアップではなくて、日常のメモとよく更新する、でもチョー機密ではないデータのシェアです。

こういうときは間違いなくクラウドの出番なんですよね。普段私が使っているのはDropboxとEvernote。

とくにファイルのシェアに関してはDropboxは大変便利でして、iPhone/iPadでDocument To Goを使っているので、ローカルはもとよりDropbox上のWord/Excelファイルを編集・更新できますし、当然PCでもiPhone/iPadなどで手を加えたファイルを参照・更新できます。

ただ、これで対応できないのがテキストファイルです。道具としてGoodReaderも使っていてこれにはテキストエディターも内蔵しているのですが、Dropbox上には新規アップロードはできますが、Dropbox上にすでに存在するファイルへの上書きができない、つまり更新ができません。これはかなり致命的で、GoodReaderのアップデートで対応されるのを祈るのみです。また、GoodReaderではPCとiPhone/iPadの文字コードの違いから(PCはShift JISで、iPhone・iPadはUTF8N)、GoodReaderではPCのShift JISファイルを開く事ができません。

iPhone/iPadのアプリのDropboxというのがありますが、これにテキストエディターファイルの編集機能はありません。ただし、テキストファイルについてはShift JISでも、UTF8Nでも開く事ができます。

これでは役に立たないので、何かないかといろいろ探し回って見つけたのがDroptextというアプリ。これはDropbox上のテキストファイルを編集したり新規にテキストファイルを作成できるもので、同様の機能を持つElementsと違ってDropbox上の決められたフォルダしか扱えないなんてアホな制限はありません。



実はこれもパーフェクトではなくて、扱えない文字コードはShift JISはダメで、UTF8Nのみですが、これは私にはノープロブレム。というのも、PC側ではUTFも扱えるNoEditorというフリーのテキストエディタを使っていますから。逆にいえば、iPhone/iPadの環境でも問題なく日本語ファイルを扱えるようにするには、より多機能なPCのほうで歩み寄る必要があるわけです。

ともあれ、Dropbox/Goodreader/Droptext/Document To Goという組み合わせはクラウドを中心としたiPad/iPhone/PCのデータシェアという意味では最強に近いかもしれません。

そして、有償で良いので、例えばPC/iPhone/iPadにデジタル証明書を格納して、これを使ってのアクセスを可能性にし第三者へのデータシェア機能を削除してもらうと、かなり強固になります。日本オリジナルの日本クローズドサービスだとスケールメリットがでないので、やはりワールドワイドなものが、アプリ供給の面からもいいと思いますね。
-- Posted from iPhone4 with BlogPress

« 快適な朝にゃん | トップページ | 秋の空気だけど、眠いにゃん »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Droptext:

« 快適な朝にゃん | トップページ | 秋の空気だけど、眠いにゃん »