マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« REUDO RBK-2000BTII | トップページ | ワイアレスキーボード二種 »

2010年8月19日 (木)

REUDO RBK-2000BTII

Apple Wireless Keyboardはタッチも良くてiPadやiPhone4で使うにはとても良いのです。しかし、電源のオン・オフのロックが存在しない為、右側のスイッチを軽く押すとオンになってしまい持ち歩きにはちょっとねぇ、ってこともあるし、ぶっちゃけ持ち歩くにはちとでかいでしょう。

そういうわけで、丁度Amazonに在庫があったので、REUDO RBK-2000BTII (英語配列) を買いました。



英語配列にしたのは、iPadやiPhone4では、JIS配列なんてものは存在しないので、JIS配列だとキートップの刻印と実際に入力される文字が一部一致しないのですが、ASCII配列だとそんなことは有りません。個人的にもASCII配列は馴染みが深く全く問題なし。

ペアリングはApple Wireless Keyboard同様に非常に簡単ですし、折りたためばiPhone4ふたつ分よりは小さい程度大きさにすぎず大変コンパクトです。しかし、ひろげればApple Wireless Keyboardと同様のサイズになります。

両者を比較すると、キータッチは当然ですがApple Wireless Keyboardのほうが圧倒的によいです。REUDOのほうはストロークはあるのですが、折り畳みという構造上どうしてもペコペコしてしまいます。また、カシャカシャとかなり安っぽくて大きめの音がしますので、とても静かな喫茶店などでは不快に感じるであろう人も居そうで、ちょっとどうかなという気がします。キー入力の心地よさだけ見るならば絶対Apple Wireless Keyboardだと思います。

しかし、折り畳みの携帯性の良さ、iPhone4を立てかけられるスタンドがついていることなどを考えると、携帯時には圧倒的にREUDOです。荷物の少なさと小ささでREUDOの勝ちですね。

この記事は、直前の段落まではiPhone4にREUDOで書き、ここからはApple Wireless Keyboardで書いています。やはり、音の静かさとペコペコと下品な沈み込みが無い分Apple Wireless Keyboardのほうが快適です。

使い方にもよるのでしょうが、さして高いものでもないので、両方もっていても損は無いような気がします。

いずれにせよ、iPhone4やiPadに、REUDOのRBK-2000BTIIかApple Wireless Keyboard、そしてiTextPadというテキスト入力アプリがあれば、ノートPCはもとよりデスクトップPCの出番も確実に減ります。

昔、HP100LXを使っていた時代から、私がPDAというか携帯情報機器に求めていたのは、使いやすいフルキーボード、持ち歩きが苦にならない大きさ・重さ、高速通信、PDA機能でした。今まではどれかが欠けていたいたり、今一歩だったりしましたが、iPhone4になってレスポンスもiPadと同じ快適さになり、通信機能、そしてこのキーボードともに非常に満足できるものになりました。旅行や出張では現時点でで写真をガシガシ加工でもしない限り、iPhone4にREUDOかApple Wireless Keyboardがあれば十分ではないかもしれなけれど、必要条件は満たせます。

-- Posted from iPhone4

« REUDO RBK-2000BTII | トップページ | ワイアレスキーボード二種 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: REUDO RBK-2000BTII:

« REUDO RBK-2000BTII | トップページ | ワイアレスキーボード二種 »