マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« iPhoneへの一本化準備、その2 | トップページ | ララちゃんの四十九日 »

2010年4月 4日 (日)

マイレージ使用、国内線と国際線、どっちが得?

マイレージについては、私はJAL派なんですが、貯めたマイレージを国際線と国内線どちらに使うのが得でしょうか?

料金を支払う場合、国内線はあまりディスカウントがなくて一か月前くらいの予約でない限り、普通運賃と大差ない感じになります。一方国際線のほうは料金ピンキンであります。比べるにあたって、現実的に料金を支払って乗るとしたら支払うであろう料金と比べないと意味がなくて、国際線普通運賃で乗る人はまずいないので、JALの場合ダイナミックセーバー運賃と比べるのが妥当なところでしょう。

早速比べてみましょう。

条件はGWが終わった5月9日から国内は熊本三泊、海外はバンクーバー現地七泊、オークランド現地六泊で比べてみました。ただし、国際線はキャンペーン期間が短く予定変更に対応できないキャンペーンは却下しました。

[1] 国内線(たとえば羽田・熊本間)

特便割引3:往復50,000円
特典航空券:14,000マイル
マイル単価:3.6円

[2] バンクーバー

ダイナミックセーバー:80,000円
特典航空券:50,000マイル
マイル単価:1.6円、別途燃油サーチャージが27,370円発生

[3] オークランド

ダイナミックセーバー:88,000円
特典航空券:50,000マイル
マイル単価:2.2円、別途燃油サーチャージが26,780円発生

というわけで、1マイル当たりの価値はディスカウント運賃が少ない国内線が一番お得ということになります。感覚的には距離が遠い国際線のほうが得のように思いますが、国際線で特典航空券が使える路線はメジャーな路線が多く、正規ディスカウント運賃も結構安いのです。

すなわち、海外旅行は正規ディスカウント運賃で乗ってマイルをため、それを国内線に使うのが一番効率が良いことになりますね。

ってか、相対的に国際線と国内線の差が小さすぎる感じです。国内線が高いのか国際線が安いのか...。

« iPhoneへの一本化準備、その2 | トップページ | ララちゃんの四十九日 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイレージ使用、国内線と国際線、どっちが得?:

« iPhoneへの一本化準備、その2 | トップページ | ララちゃんの四十九日 »