マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の7件の記事

2009年11月23日 (月)

本土寺(千葉県松戸市)

東京やその近郊でも紅葉が見頃になってきました。

三連休の初日と二日目の天気はあいにくの天気でしたが、三日目となる勤労感謝の日は、早朝は曇天でしたが9時前後から雲がとれて快晴に...。

そこでいきなり思い立って、GF1を速攻でバッグに入れて松戸の本土寺へ。



(Panasonic LUMIX DMC-GF1, LUMIX G 20mm / F1.7)



(Panasonic LUMIX DMC-GF1, LUMIX G 20mm / F1.7)

下のほうは紅葉前の緑が鮮やかな紅葉と紅に染まった紅葉の対比がとても美しかったのでレンズをむけました。RAW現像したものですが、いや、なかなか、あの鮮やかな対比は再現できないですねぇ。

本土寺の紅葉は、ピークからまだ1週間早いようでした。同じ千葉でも成田山新勝寺の成田山公園はこの連休がピークでしょうか。きっと凄い人出でしょうね。

2009年11月21日 (土)

Krispy Kreme Thanksgiving Dozen

外出した妻がお土産に買ってきてくれたのが、Krespy Kremeの季節限定ダズンです。



(Panasonic LUMIX DMC-GF1, LUMIX G 20mm / F1.7)

その名もThanksgiving Dozenといい、オリジナル・グレイズド6個、モンブラン・セレナーデ3個、カスタード・マロングラッセ3個のパックです。

ちなみに、25日からはSeasonal Dozen Boxで、また別のパックが販売されるようです。

2009年11月 8日 (日)

プリンタ大好き

プリンタが動き始める気配を感じると、マロンがすっ飛んできます。
そしてPCデスクの上に飛び乗って、さらに伸び上がってこういう状態に。


(Panasonic LUMIX DMC-GF1, LUMIX G 20mm / F1.7)

でかい...にゃんこだ...

あらためて感じるマロンのでかさ。

2009年11月 3日 (火)

成田山公園

今日は風が冷たくて気温も低かったのですが、昨日とはうってかわった秋晴れでしたので、唐突に思い立ってLUMIX DMC-GF1とKindleをもって成田山新勝寺までいってきました。

成田山新勝寺の境内に広大な成田山公園がありまして、ここは入場料も何も必要ありません。また、駅からお寺へと参拝客を導く参道は周囲に多くの店があり、歩いていて楽しいところです。


(Panasonic LUMIX DMC-GF1, LUMIX G 20mm / F1.7)


紅葉にはまだ三週間ほど早いので広々とした成田山公園の中はとても気持ちが良いですね。

丁度、境内では成田山菊花展の最中で、丁寧に育てられた美しい菊の花の数々を楽しませて頂きました。

>
(Panasonic LUMIX DMC-GF1, LUMIX G 20mm / F1.7)

実は、昨日は休暇をとって(すなわち四連休)妻と葛飾柴又へ行ってきました。柴又の帝釈天の参道にもうなぎ屋さんがありますが、成田山新勝寺の参道には非常に多くのうなぎ屋さんがあります。個人的には、参道の駅に近いところにある「下田康生堂」というお店が結構美味しくて好きなのですが、今回は一人なのでもったいないというのもあってパスしました。ちなみに、『下田康生堂」はお勘定をすると一人に一つ鈴をくれます。

もうひとつ、この参道には十二支の石像が両側にあります。順序は十二支の順ではなくて、駅側から「子」(ねずみ)、「亥」(いのしし)、「丑」(うし)、「寅」(とら)、「酉」(とり)、「卯」(うさぎ)、「辰」(たつ)、「巳」(へび)、「午」(うま)、「申」(さる)、「未」(ひつじ)、「戌」(いぬ)と参道の両側に並んでいます。意外としられていないんですよね、これ。

また、今月の下旬の紅葉の時期に行ってみたいと思います。

2009年11月 2日 (月)

Kindleの充電

Kindle (International版)を買うと、USB-ACアダプタとmicro-USBのUSBケーブルが付いてきます。

そうなんですよね、Kindleは良くあるmini-USBではなくさらに小さなmicro-USBなんですよ。まだ、あまりポピュラーではないので、予備や複数箇所で充電したいときにいちいちオリジナルケーブルをもちあるくのも面倒です。

そこでさがして見つけたのがこれ。



(Panasonic LUMIX DMC-GF1, LUMIX G 20mm / F1.7)


これは、USBのmini-B(メス)とmicro(オス)の小型変換プラグみたいなもので、最近は一部の携帯電話が採用を始めているので市販として出回り始めたようです。

試してみると、充電・同期?ともに私の環境では問題なくつかえました。といっても、メーカー保証はありませんので、そこは各自のご判断でどうぞ。

ちなみに、ビックカメラで480円でしたが、同程度の価格で通販でも売っています。
どうしても近所で買えない場合はこちらからどうぞ。

Mini-USB⇒Micro-USBに変換携帯電話用Micro-USB変換アダプター【メール便送料無料】ケーブルのないアダプタ!外部接続端子用Micro-USB変換アダプタ ADM-04 Willcom対応

2009年11月 1日 (日)

Calibreというチョー便利ソフト for Kindle

何気なくKindleがらみでブログをググっていると、凄いソフトを見つけました。

その名もCalibreというソフト。プラットフォームはWindows、Macintosh、Linuxに対応しているようです。

何が凄いって、英語の主なニュースサイトを巡回して、種々のフォーマットに変換しなおかつ電子ブックが接続されていればダウンロード後自動的に巡回してくれるというもの。

The New York Timesには、無料ユーザー登録しているので、さっそくSubscriptionのほうで巡回。

Amazon.comから配信されるものとまったく同じようなスタイルで読めますね。目次のページもこんな感じです。唯一の違いはタイトルロゴがないことくらいでしょうか。Web版、Kindle版、印刷版とどれくらい差があるのでしょうか。このスクリーンショットは日曜版なのでとても盛りだくさんであります。Amazon.comにはないメリットは、Webに写真があればそれもダウンロードしてくれるということ。Amazon.comの海外配送だと写真はあっても一枚だけなんですよね。


PC経由ということでAmazon.comのKindle Storeのものより手間はかかりますが、うまく使い分けるといいのかもしれません。

ちなみに、"The Japan Times"もリストにありました。文字が多いものとしては評論紙としては有名な"The Atlantic"もありましたね。

かなり凄いかも。

KIndleでの新聞・雑誌販売

今朝ほど、Kindleの電源を入れたらこういうのが届いていました。



無料試読期間だから、いいといえばいいですが、まあ、こういうこともあるんですねぇ。
アメリカ人の読者だと、その分金返せとか購読期間を一日延ばせとかいいそうであります。

それはともかく、昨日、新聞とか雑誌なら電子化できるんじゃないの?って書きました。
全部じゃないですが、実際には一部の新聞(週刊)や雑誌は電子化されて販売されています。
それはFujisan.co.jpです。
Japan Times Weeklyは、価格は紙版と同じですが、ここで電子版を購読できます。
ただ、Flashを使ったFujisan Readerでブラウザを使ってオンラインでのみ読めるというので、便利さという点ではメチャクチャ劣りまして、メリットは物理的に紙を消費しないということしかありませんね。ネットとPCがないと読めないという点で既に私基準で選外であります。

現在、日本の英字誌でKindle Storeで配信しているのは"The Mainichi Daily News"だけですが、ぜひ配信して欲しいのが"The Japan TImes"ですね。これは全部英語ですし、何ら支障なく現在のKindle Storeに乗っかります。

是非、The Japan TimesのKindle版を!

って、ここで書いても仕方ないですが...(苦笑)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »