マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Kindleは焦らずに | トップページ | Kindle購入報告続々 »

2009年10月19日 (月)

虫歯

私は、永久歯になってから中年近くなるまで歯医者には全く無縁でした。しかし、流石に何もしないと歯石が溜まって歯周病になり、多くの歯を老年になる前に失う可能性があるので、半年に一度の検診と歯石除去を受けるようになりました。

そして二年前に引っ越してかかりつけ歯科医を変えたのを機会に三ヶ月に一度にしてから何事もなく平穏な歯科的日々を送っていました。

ところが、直近の検診で下顎左側第二大臼歯の奥のポケットが深くなっていることが判明。第三大臼歯が埋まっていて、第二大臼歯を押しているのかもしれないという事でレントゲン撮影。

その結果、第三大臼歯は上顎右側に真っ直ぐすなおに生えている以外は存在していないと判明。ポケットの原因はくだんの歯の歯根に膿が溜まり歯根もけっこうやられていると判明。やたら抜きたがる歯科医だと抜かれてしまうのでしょうが、その歯科医は残せるなら頑張って残す、抜くのは何時でも出来るが抜いたら二度と元には戻らないから、という主義。

この歯は昔、昔、痛くも何ともないのに定期検診で深い虫歯である事が発覚し、神経を抜いてクラウンを被せた歯です。これだけ深いとさぞかし痛かったでしょ?とか言われたのですが、不思議な事に全然いたくない。痛かったらこんなに深くなるまえに診てもらって居るって!

その問題児がまた問題を起こした訳です。この歯が残る可能性は結構小さいようです。あーあ!ダークな気分。

教訓。歯、特に虫歯を治療した歯が少しでも痛んだり響いたり違和感を感じたら、躊躇わずに歯科医にみせましょう。モチロンやたら抜きたがる歯科医はダメですよ。

-- Posted from iPhone 3G

« Kindleは焦らずに | トップページ | Kindle購入報告続々 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫歯:

« Kindleは焦らずに | トップページ | Kindle購入報告続々 »