マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Kindle vs Stanza | トップページ | 虫歯 »

2009年10月17日 (土)

Kindleは焦らずに

Kindleを買ったはいいけど、買いたいebookが米国外では買えないってことのないように、Kindleを買おうかどうしようか迷っている人は、買いたい本がAmazon.comでKindle経由で買えるかどうかを調べてからのほうがいいですね。

おそらく版権などの関係でしょうか、Amazon Kindleに限らず、Barns and Noble, erReader.comなど、どこのebook storeでも米国在住でない人からのebook購入を制約しています。これが、結構メジャーな作品が制約をうけています。この制約をGEOGRAPHIC RESTRICTEDなどといいます。

例えば、映画化されて一気に有名になった"The Da Vinci Code"の作者Dan Brownの新作"The Lost Symbol"も、どのebook storeでもGEOGRAPHIC RESTRICTEDで、例えば米国内で発行されたクレジットカードがないと買えなかったり、ユーザー登録住所が米国内にないと買えなかったりします。住所だけなら、手間はかかりますが、合法的に米国内の私書箱を借りることが可能ですが、手続きの一環で米国大使館や領事館に出向いて自分の身分証明を公証人に確認してサインをもらう必要があったりします(当然、これはタダじゃないです)が、さすがにクレジットカードは無理ですね。

結局、そうした新作を正当な手段で買おうとすると一番簡単なのは、ハードカバーやペーパーバックをAmazon.co.jpから買うこと。

私が好きな、Nicholas Splarksもほとんどの作品のebookは米国外では買えません。

そうなると、Kindleへの3万円前後の投資が無駄になりますね。

自分が読みたい作家や作品が買えるのかどうか調べてから買いましょう。一番簡単なのは、Amazon.comでKindle storeのbooksにアクセスして、"Your Country or Region"で"Asia & Pacific"を指定してから作品を検索しみてください。

読みたい本・作家がちゃんと出てくればOKですし、出てこなかったらGEOGRAPHIC RESTRICTEDの条件にひっかかってebookを購入できないということです。

« Kindle vs Stanza | トップページ | 虫歯 »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kindleは焦らずに:

« Kindle vs Stanza | トップページ | 虫歯 »