マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« GR DIGITAL III発表 | トップページ | マロンの御飯 »

2009年8月 1日 (土)

デジカメの画素数競争

果てしない画素数競争が続いているコンパクトデジカメですが、ここへきてようやくハイエンドでやや落着きを見せてきました。一部の機種では1500万画素なんてのもありますが、まあ、そういうのはゴミとして、さすがにユーザーのほうも、さすがに画素数競争にはのせられなくなってきましたのではないでしょうか。

RICOHではGR DIGITAL IIIではあえて10万画素のままでキレンズをF1.9と明るくしていますし、PanasonicでもDMC-LX2から昨年夏に発売したDMC-LX3も画素数は10万画素をキープし、なおかつズームの倍率も落してレンズをF2(W)~F2.8(T)と明るくしています。

現実的には1/1.7型クラスの撮像素子で、600~800万画素程度でF2クラスの明るい口径の大きなレンズを搭載したものがあれば、それが一番バランスがいいんじゃないかという気がします。今の技術を使って上記のようなコンデジを開発すれば、それは相当に良いものができるんじゃないかと思います。

それに近い路線をとっているのが、前述のGR DIGITAL IIIでありDMC-LX3なのですね。価格.comで、F2.4以下、600万画素以上で24ヶ月以内に発売された機種を見ると、GR DIGITAL IIとGR DIGITAL IIIそれにDMC-LX3しか出てきませんねぇ(苦笑)。



「パパにゃん、デジカメって何だにゃ?亀さんの親戚かニャ?」
「違う、違う、ほれ、今、マロンを撮っているこの小さな機械だ」
「にゃーんだ、マロンの魂を吸い取る機械のことニャンね」
「をひ...、それって...」
「にゃはは、パパにゃん、焦ってるにゃんね」
「...」
「ほら、ポーズとってカメラ目線になるから早く撮るにゃんよ」

« GR DIGITAL III発表 | トップページ | マロンの御飯 »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメの画素数競争:

« GR DIGITAL III発表 | トップページ | マロンの御飯 »