マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 甘玉?いや、違います、いも玉です | トップページ | どんよりとした夕刻 »

2009年7月29日 (水)

「つばさ」の舞台

NHKで放送中の朝の連続ドラマ「つばさ」のセットの一部が、川越の鏡山酒造跡地内の昭和蔵に展示されていました。





こちらは、甘玉堂の蔵造り通りの昔の店舗の舞台となったところで、実際には陶器屋さんです。ドラマの中でもこの場所を売却したあとは、現在のように陶器屋さんとして出てきていましたね。月曜日で観光客は少なめでしたが、それでもこの建物を写真に撮る人が大勢いました。

ちなみに蔵造り通りは、電線・電話線などはすべて地下に埋設されており電柱が皆無で空が広いのですが、いかんせん交通量多すぎです。もっとのんびり歩けるようにして欲しいですねぇ。





こちらは、鑑山酒造跡地内に作られた移転した甘玉堂のお店(小さくなって裏通りに移った店)のセットです。





そして、ラジオポテトの本社兼スタジオのある川越キネマのセットです。

「つばさ」はその前の「だんだん」に続いて、録画して毎日見ていますが、コメディ色の強いよく割らない部分も多いですが、それでも結構面白く見ています。

こうやって、舞台となった実際の街並みを訪れるってのはいいですね。そういう意味で出雲旅行を企てたのですが、この梅雨前線による雨続きでキャンセル...。うーん、なんだかなぁ。

« 甘玉?いや、違います、いも玉です | トップページ | どんよりとした夕刻 »

デジタル一眼レフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「つばさ」の舞台:

« 甘玉?いや、違います、いも玉です | トップページ | どんよりとした夕刻 »