マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 高校生の生態をみると… | トップページ | iPhoneとPCを使う時間 »

2009年5月22日 (金)

無知が招くマスク狂想曲

Swine fluの話しばかりが続きます。

ニュースでは日本中でマスクが店頭から姿を決しており、入手はかなり困難というかほとんど無理らしいですね。

にも関わらず、マスク着用を義務付ける企業も増えてきているようで、一体どうしろというのさ状態だと聞きます。。一部地域では8割以上の人がマスクをしているので、マスクをしていないと村八分扱いされかねない勢いだとか。如何にも他人と違うことを極度に怖がる日本人らしい反応です。

さらにエスカレートしてマスク非着用でオフィスに入ることを堅く禁じるところもあるとかで、マスクを買えない社員や出入り業者はおろおろして途方にくれているとのニュースも読みました。まあ、ここまで来るとかなり狂っているとしか思えないです。厚生労働省やWHOは何が何でもマスクなんてことは一言もいってないんですがねぇ…。もう、アホの一言につきます。

いっそ今回のインフルエンザは、「感染者または感染している可能性のある人だけがマスクを着用のこと」とでも大々的にPRをひたすら繰り返せばどうですかね。本来の使い方でもあるし嘘じゃない。そうすれば、皆、そう見られるのを恐れてマスクをしなくなるんじゃないかなぁ。ああ、でも、今度は逆に本当にマスクをしなくちゃいけない人もマスクをしなくなる可能性がありますねぇ。うーん、難しいなぁ、やはり全てはバランスですね。そういう意味で日本人って実にバランスを取るのが下手くそな人種であります。ってか、バランス取れない種族でしょ、と感じます。

本当に防護の目的で正しく厳密にマスクを着用すると、どう控え目にみても一日数枚は必要なはずですが、手持ち枚数が無いから何度も使い回すなどで結局見かけだけマスク族に陥らざるを得ないでしょう。蔓延している時に何度も使い回すのは自殺・他殺行為とでもいうべきで、かえって自他の感染リスクを高めます。それでもまだ企業はマスクに拘るのでしょうか。そうした企業側の指示が感染を拡大させたら企業経営者の責任ですよ。 まさに風評被害の一つですね。

心配なのは、こうしたあまり意味がないマスク着用のために本当にマスクが必要な人がマスクが買えなくてなって困っているのではないかということです。

個人も法人も自治体も国も、もっと冷静かつ論理的な判断とそれに基づいた行動をすべきですし、国はもっと状況を機敏に判断して迅速かつ的確に(過度でも過小でもない)対応ガイドを打ち出して欲しいものです。いかに、日本という国のリスク管理が貧弱なのかを路程していますね。

この調子だと致死率が高く感染力も高い本物の新型インフルエンザが出てきた時に、日本はインフルエンザ自身よりも対応のまずさから無用に感染が拡大し、さらにそれがパニックを招いて国そのものが滅亡するんじゃないかと本気で心配になります。

そのときは遠くない可能性があります。この秋に再流行が予測されているそうで、そのときは凶悪化している可能性を過去のパンデミックの例から指摘している専門家が多くいるようです。あと、数ヶ月、さて、何をしますか?間に合いますか?どんなに今防いだとしても、必ず秋には再発するでしょう。そう考えたとき、今何をすべきなのか冷静に判断しましょう。

-- from iPhone 3G

« 高校生の生態をみると… | トップページ | iPhoneとPCを使う時間 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無知が招くマスク狂想曲:

« 高校生の生態をみると… | トップページ | iPhoneとPCを使う時間 »