マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« インフルエンザ予防、自分で出来ること | トップページ | 無知が招くマスク狂想曲 »

2009年5月21日 (木)

高校生の生態をみると…

関西であれだけ報告されていて、首都圏で未だに感染者が出ていないほう不自然じゃないか、と思っていたのですが、昨日感染が確認されたようです。実態として、おそらく既に最低でも三桁くらいの感染者はいるんじゃないですかねぇ、とか思ったりしますが…。確認されていないというだけでして。

それにしても何故高校生に多いか。彼らの行動を観察していると納得できるものがあります。高校は通学範囲が広がり、外で飲み食いする機会が増えます。彼らを見ていて驚くのは平気で回しのみとか、回し食べ、あるいは自分の口をつけた箸などで平気で友人の食べ物をつっつくこと。また、カラオケにも良く行きますよねぇ。密室でマイクを舐めるようにして歌ったりしています。さらに、どこにいても顔をくっつけるようにして集まったりします。また、プリクラの類。顔をくっつけて撮影したりしますね。

まあ、そういう行動を見ていると、インフルエンザに限らず感染症が彼らの間で広がるのは当然で、むしろ広がらないほうが不自然だと思いますな。

さて、東京でも発生したということで、首都圏にオフィスをおく企業もマスク着用指示などを出すでしょう。でも、マスクは買えないというか売っていない。どうするのでしょうねぇ…。

WHOが "How to Protect Yourself and Others"という絵入りドキュメントを公開しています。EUのサイトで掲載されているのを見つけました。

How to Protect Yourself and Others

これは的確に表現していて大いに参考になります。やるべきこととやってはいけないことが明確です。よく見ていただきたいのは、洗っていない手で眼、口、鼻を触るなってこと。感染していない人がマスクをすることの数少ない効用はしている間は口や鼻に触れないことですが、眼に触っては無意味です。むしろ口より目のほうが感染経路としては感染可能性が高いとも聞きます。くれぐれも使用済みマスクを触ったその手で眼を触らないことです。

まあ、一週間の内に首都圏での感染者は1,000人を超えることは間違いなく、すぐに兵庫県と同様の一般診療への切り替えを迫られるでしょう。

まずは、手を清潔に、汚染された手で眼・口・鼻を触らない、これに尽きます。

« インフルエンザ予防、自分で出来ること | トップページ | 無知が招くマスク狂想曲 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校生の生態をみると…:

« インフルエンザ予防、自分で出来ること | トップページ | 無知が招くマスク狂想曲 »