マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« PDAの行方 | トップページ | EM・ONEαからTouch Diamondへ? »

2009年2月19日 (木)

今後のPDA関連の計画

某首相ではないですが、昨日書いたことをひっくり返しますね(笑)。

■iPhone 3Gにかかる月々の費用

昨日は、iPhone 3Gかぁとか書きましたが、これには大きな問題があるのです。それはiPhone 3Gにかかわる費用であります。

ホワイトプラン:980円/月
S!ベーシックパック:315円/月
パケット定額フル:5,985円/月(使い始めたら確実に毎月最大まで行くでしょう)
iPhone 3G本体賦払(24回):3,360円/月
月月割:-1,920円/月

というわけで、合計では「8,720円/月」という結構な額です。

一方現在のEM・ONEαではスーパーライト・データプラン(にねん)なので、「5,979円/月」となっており、差し引き毎月2,741円、一年間では「32,892円」の負担増であり容認できる金額ではありません。

■iPhone 3Gの修理費用は?

また、故障時や全損時などは一般のSoftBank 3Gだと最大8,400円の負担(あんしん保障パック加入時)ですみますが、iPhone 3G(16GB)では「水濡れ・全損では72,450円」もかかるのだそうで、iPod touch (32GB)を買いなおしてもそんなにはかかりません。

さらにiPhoneの3Gは一般の3Gに比べると、採用しているチップの問題とかで3Gネットワークへの接続が遅いとかなかなかつながらないとかがあるそうですな。

というわけで、iPhone 3Gは却下であります。

■対案

では、どうするか。やはりここは平和にEM・ONEαを継続使用することでしょう。iPod touchでどこでもつなぎたいときは、WMWifirouterを使いましょう(まだ買ってませんが、19,99ユーロなんでたいした額じゃない)。

一年後にEM・ONEαの2年縛りがとけたらどうするか。EM・ONEαの最大の難点は電源オンのときに電波を捕まえるのに時間がかかることなので、ならば電話機タイプのスマートフォンにすれば、常時電波を捕まえるのでW-ZERO3シリーズ同様程度が期待できますね。

現時点ですとS22HT(Dual Diamond)かなとも思いますが、実はWMWifirouterは駄目らしい。S21HT(Touch Diamond)は大丈夫っぽいですね。キーボードが必要であれば手持ちのStowaway Bluetoothキーボードがつながるようなのでこれで行きますか。ってか、一年後はどうなっているか知りませんが。

まあ、そういうわけで、まずはWMWifirouterに19.99ユーロ支払ってレジストしませう。

« PDAの行方 | トップページ | EM・ONEαからTouch Diamondへ? »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今後のPDA関連の計画:

« PDAの行方 | トップページ | EM・ONEαからTouch Diamondへ? »