マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Eee PC 901-X (2) | トップページ | 秋色 »

2008年11月23日 (日)

Eee PC 901-X (3)

平日はまとまった時間がとれないので、先週末からほとんど触ることがでlきませんでした。

CドライブのSSD(SLC)が4GB、DドライブのSSD(MLC)が8GBという制約があるEee PC 901-Xは、昔のDOS時代あるいはHP100LX/HP200LXの時代に感じたワクワク感をよみがえらせてくれます。

普通に、プレインストール状態から削りに削っても限界があるのは、すでに先輩諸氏のWebを見るまでもなくあきらかであります。

そこでnLiteを使っての軽量化を試みました。何度かのトライアンドエラーの結果、下記のキャプチャのようにOSインストール直後では3GBの空きを確保できるようになりました。あらかじめnLiteで指定したのはSFCでdllcacheを無効にしておくことですかね。

インストール後には、Windows Updateをかけますが、その残骸(C:\Windows直下の$で始まるファイルとC:\WINDOWS\SoftwareDistributionの下は思い切って消してしまいます。

20081123-1.JPG

これは本当にXPだけが入った状態で901-X用のドライバすら入れていませんが、ページファイルは切ってあります(メモリ2GBなのでそれで不自由しない)。

さて、ここからドライバやアプリをインストールします。ASUSから最新版を落としたものを使いますが、WLANドライバだけはASUSサイトに二つある最新では私のステーションにうまくつながらないので、サイト上のひとつ古いものを使いました(私の901-Xでは同梱DVDと同じもの)。

ユーティリティの類も最新をASUSサイトからダウンロードしたものを使います。

Acrobat ReaderはVer8ではなくAdobeからVer9をダウンロードしてDドライブへインストールしました。一説ではC:にしかインストールできないと書いているブログもありましたが、そんなこたぁないです。

StarSuiteはDドライブにインストール。このときにJREの古いバージョンがCドライブに入るので、これはアンインストールしてSunから最新を落としてきてDドライブにインストールします。ほかに個人的に愛用しているソフト類は使用頻度に応じてCドライブとDドライブに適宜使い分けてインストールです。

他には、XCOPYでC:\Windows\infとC:\Windows\Driver CacheをDドライブにコピーしlinkd.exeでもともとのCドライブの位置にジャンクションを作り、見た目はCにあるけれど実態はDにあるという状態をつくります。linkd.exeはWindows Server 2003のリソースキットツールをMicrosoftからダウンロードし、Winrarで展開してlinkd.exeだけを取り出します。

また、My DocumentsはDにユーザーフォルダをつくりそこに移動します。

もうひとつ、省SSDと高速化の意味で2GBのメモリのうちOSで使わせるのは1704MBにし(BOOT.INIで/MAXMEMを指定し、393216KBをERAMを使ってRAMDISKでTEMPとTMPをZドライブに割り当てます。もちろんIEやFirefoxのキャッシュも20MB程度に制限してZドライブを指定します。こうすることでごみが少しでもCに入ることを避けます。

ここまでやった結果のCドライブが下記のキャプチャです。

20081123-2.JPG

これでDは7.5GB中5.8GBが空きとなっています。

これならかなり実用的ですね!

« Eee PC 901-X (2) | トップページ | 秋色 »

PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eee PC 901-X (3):

« Eee PC 901-X (2) | トップページ | 秋色 »