マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 季節の先取り? | トップページ | ケーキになったマロン »

2008年10月 2日 (木)

虫さされ

八月中旬くらいから、時々体のランダムな箇所が蚊にさされるようになりました。場所および刺され跡からみて蚤じゃないのは間違いなくて、小さい頃の記憶にあるダニの刺し跡でもなさそうなのです。

以前の住居の蚊は、妻や娘といった肌の柔らかなのを好んで刺していまして、私一人が刺されることもなくヘラヘラとして、かゆそうだねぇ、とか思っていました。都会の蚊はあまり飛翔力がなくて風にのってあがってくるか、エレベーターに一緒に乗ってくるかくらいでしたが、郊外の現住居ではマンションの九階ですが、時々室内で見かけます。

こいつらに刺されると、痒みはたいしたことがないのですが、一日程度で消えてしまっていた以前の蚊の刺され跡のようには行かず、形状や赤みの具合は蚊の刺し跡でなくて何なの?って感じですが、二回りくらいでかいんですな。で、もって、その刺し跡の腫れがなかなかひかない。一日どころか数日でも消えないんでやんすよ。

まあ、そのうち皮膚科でも尋ねてみるかとは思いますが、いかんせんほとんど痒くないし、妻に「赤くなっているよ!」と言われて初めてほんのりとした赤みとふくらみに気づくくらいですから、つい、面倒で。

やはり都会の蚊と郊外の蚊はパワーが違うのか…。

« 季節の先取り? | トップページ | ケーキになったマロン »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫さされ:

« 季節の先取り? | トップページ | ケーキになったマロン »