マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« お代官様、おねがいニャン | トップページ | 地域の防災訓練 »

2008年10月25日 (土)

アクリルボアのムートンブーツ、シープスキンブーツって?

ネット上の通販とかブログとかを「ムートンブーツ」「シープスキンブーツ」で検索すると、驚くほど多く引っかかるのが、フェイクのもの、つまりアクリルボアを使ったもので、羊毛ではないものです。価格にすると国内店頭価格で四桁程度のものでしょうか。

ムートン風とかシープスキン風というのならまだしも、正々堂々とムートンブーツとかシープスキンブーツとうたっているのはちょっと驚きますね。

英語ではシープスキンブーツとかこの手のブーツ全般の汎用名であるアグ(UGG)ブーツとか言いますね。いわゆる最近流行のUGGってのはUGG Australiaというブランドを指すようで、これは"Deckers Outdoor Corpration"というアメリカはカリフォルニアに本社を置く会社のブランドの一つなのであります。ですから単にUGGとだけ言えば、いわゆるシープスキンブーツを示しますから、UGGブーツを買ったけど、"UGG Australia" じゃない!と騒いでも、それは確かめないアンタが悪い(苦笑)。

さて、もう一つの言い方のムートンですが、これはフランス語のmoutonから来ており、発音は「ムトン」と聞こえます(笑)。いわゆる日本語でいうマトンですね、つまり羊、英語でいうとsheepであります。だから、ムートンブーツもシープスキンブーツも本質的には同じものをさします。どう違うのか?どちらかが本物の羊さんじゃないとかいうのはナンセンス。

フェイクのムートン風あるいはシープスキン風ブーツの話です。フェイクはフェイクでありだと思いますが、それならムートン風とかシープスキン風とかいうべきじゃないですかね。個人のブログならともかく、通販でフェイクを激安ムートンブーツ 2,980円!とか堂々と書くのはいかがなものかと…。

« お代官様、おねがいニャン | トップページ | 地域の防災訓練 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクリルボアのムートンブーツ、シープスキンブーツって?:

« お代官様、おねがいニャン | トップページ | 地域の防災訓練 »