マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の30件の記事

2008年10月31日 (金)

ミニノートPCって何に使いますか?

ASUSのEee PCを筆頭に、その価格の安さからいきなりプチ・ブレークしている気配があるミニノートPCなんですが、購入された皆さんは一体何に使っておられるのでしょうか。

かつて、東芝のLibrettoなどミニノートPCが存在していた時期がありまして、私も愛用していたことがあります。ですが、今私が日常に持ち歩くにはEMOBILEのEM・ONEαでして、国内旅行時にはこれに加えてUSB接続の身にキーボードも持ちます。これで、大抵のWeb閲覧やメール処理は可能ですもの。それになんといってもEMOBILEの圏内であれば、出せば即座に使えますし、電車の中で立ったままでも使えるメリットは大きいです。

さて、ミニノートPC。Webなどを見ていると用途は、やはりどこでもメール、どこでもWebあたりが筆頭のようです。ただ、これだけでは有線LANか無線LANがないと通信できませんから、携帯電話と接続(これは財布にとって非常に危険で一般にはパケット定額の対象外のことが多いです、ただし私のEM・ONEαは本体自身での通信でもPC接続通信でも定額対象です)するか携帯電話の通信カードが必要です、。

他の用途としてはビジネスパーソンは仕事に使うなんてのもありますが、実際には(私の場合)これは不可能です。といいますのも、昨今情報セキュリティが非常に厳しくなって、私有のPCへの業務データ(メールも含む)の格納は厳禁となっていますし、当然のことながら職場に持ち込んで会社のネットにつなぐなんてのはもってのほかです。ですから、私の場合は仕事でのミニノートっては会社が社有品を貸与してくれないかぎりはありえないのです。

実際問題、私物で本当にセキュリティ対策ができているかどうか怪しい私物PCに大事な会社のデータを入れることを容認しているような会社はちょっと一事が万事で信用できませんね。

というわけで、ミニノートPC、面白いなとは思いますが、私の目からは何を今更…というのと、使えないわ、という感じでしょうか。

2008年10月29日 (水)

お金

このところの世界経済の混乱では、いかにもアメリカのサブプライムローンが諸悪の根源なんていう意見もちらと聞いたことがあるような気がしますが、実際にはそんな単純なものじゃぁないですよね。

でも、マネー(お金)ってのは非常に素直で単純なんじゃないかと思います。今、とんでもない目にあっているのは、妙なあるいは無理な借金をした法人・個人、妙な投資に手を出した法人・個人ですよね。円高がすすんで第二のサブプライムローンになる「かも」しれないという、欧州やオーストラリアなどで広まっていた円建て住宅ローンなども、自国通貨建ての普通のローンで堅実に計画していればたいした影響はうけないのに、円高のおかげでいきなり返済額が倍増したという話しも聞きます。投資にしても、ハイリスク・ハイリターンのハイリスクの部分について今まで見て見ぬふりをしていただけですよね。

最近では二酸化炭素の排出量取引の話しも本格的ですが、でも、これって本当に排出量を直接減らせるわけじゃないですよね。基本的な考え方は、減らせないなら金を払え、金を払えば減らさなくてもなんとかなるって話しなわけでして…。これも、そのうち排出量先物取引なんてのが出てきて、そのうちこれらを組み込んだ金融商品が出てきて…なんてことになるかもしれません。

まあ、所詮、物や人が動くことに対しての対価以外の言ってみればバーチャルな金融商品や投資そのものがやはりバブルなのだと思いますね。また、物や人がいても価格はいずれ必ず下がるということを前提にすべきで、土地は絶対下落しないなんてアホな理屈の上になりたったバブルは瞬く間に崩壊しました。

堅実に、堅実に。投資は失っても苦笑で済ませられる余剰金で大胆に楽しむってのがいいのではないかと。

2008年10月28日 (火)

ガスコンロのリフレッシュ

ガスコンロって、当然のごとく使っているうちに洗っても落ちない汚れがついて、いつのまにかみすぼらしくなりますね。性能にほとんど変化はなくても、見た目にどうも…って感じになるんですが、そうそう買い換えるものでもないですよね。まして、ビルトインコンロになると、価格もあがりますし(苦笑)。

そこで、掃除してもダメなら替えてみろってわけです。

昔と違って、今は家電製品や各種住宅設備機器などについてメーカーが自らのWebサイトで消耗品やユーザー交換可能なパーツを販売しています。

我が家のビルトインコンロはリンナイなのですが、グリル網がやはりねぇ…。ってわけでリンナイのサイトの通販で見つけました。グリル網どころかグリル皿、グリル扉、バーナートップ、さらにはごとくまで売っています。もっと驚くのはホーロー製のトッププレートまでありました!

ビルトインコンロが汚くなってきたけど、買い換えるのは大げさだし高すぎる…とお考えの方、部品交換で簡単にリニューアルできる…かも。

2008年10月27日 (月)

やっぱり捻れている

先週末、本当は昼には晴れ間が出るはずだったのですが、実際には曇天。

そんな天気でありますが、マロンはリビングの窓際で下半身と上半身が180度捻れてました。

20081027.jpg
(OLYMPUS E-1, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

苦しくないんですかねぇ…。
犬ではあり得ない、いや、少なくとも過去数匹飼った犬では見たことない光景であります。

2008年10月26日 (日)

地域の防災訓練

私が住んでいるマンション(総戸数400戸以上)では、年に一度秋に防災訓練が行われます。

訓練ですから日時はあらかじめ決まっているのですが、各戸に備え付けの多機能インタホンを通じて、管理事務所から避難開始の警報とアナウンスが流れて避難開始。集合場所まで我が家の9階から非常階段をトコトコ下りるわけですが、こういうときでもないと階段で1階まで降りるわけです。

一般的な煙体験ハウス、訓練用消火器(中身は薬剤ではなく水)による使用訓練、訓練用AEDとダミーを使ったCRP訓練などは毎年です。特に今年からAEDが管理室に備え付けとなったのは心強いですね。そして地元消防署の協力でのはしご車による10階からの救出訓練などもあって、結構大規模でやっています。

これらの企画を進めてくださるのはマンションの防災会(メンバーは持ち回り)ですが、特に住民同士の結びつきが薄くなりがちな大規模マンションではこうした防災訓練や各種行事は重要です。ぜひ、おっくうがらずに参加したいものです。戸数ベースでの参加率で100%なんてのは不可能でしょうけど、七割くらいは参加してほしいと思います。ちなみに我が家は毎年参加しています。

2008年10月25日 (土)

アクリルボアのムートンブーツ、シープスキンブーツって?

ネット上の通販とかブログとかを「ムートンブーツ」「シープスキンブーツ」で検索すると、驚くほど多く引っかかるのが、フェイクのもの、つまりアクリルボアを使ったもので、羊毛ではないものです。価格にすると国内店頭価格で四桁程度のものでしょうか。

ムートン風とかシープスキン風というのならまだしも、正々堂々とムートンブーツとかシープスキンブーツとうたっているのはちょっと驚きますね。

英語ではシープスキンブーツとかこの手のブーツ全般の汎用名であるアグ(UGG)ブーツとか言いますね。いわゆる最近流行のUGGってのはUGG Australiaというブランドを指すようで、これは"Deckers Outdoor Corpration"というアメリカはカリフォルニアに本社を置く会社のブランドの一つなのであります。ですから単にUGGとだけ言えば、いわゆるシープスキンブーツを示しますから、UGGブーツを買ったけど、"UGG Australia" じゃない!と騒いでも、それは確かめないアンタが悪い(苦笑)。

さて、もう一つの言い方のムートンですが、これはフランス語のmoutonから来ており、発音は「ムトン」と聞こえます(笑)。いわゆる日本語でいうマトンですね、つまり羊、英語でいうとsheepであります。だから、ムートンブーツもシープスキンブーツも本質的には同じものをさします。どう違うのか?どちらかが本物の羊さんじゃないとかいうのはナンセンス。

フェイクのムートン風あるいはシープスキン風ブーツの話です。フェイクはフェイクでありだと思いますが、それならムートン風とかシープスキン風とかいうべきじゃないですかね。個人のブログならともかく、通販でフェイクを激安ムートンブーツ 2,980円!とか堂々と書くのはいかがなものかと…。

2008年10月24日 (金)

お代官様、おねがいニャン

昨日掲載のお願いニャンコがイマイチだったので、レンズを明るいもの(シグマ 30mm F1.4)に取り替えて、連写しまくった中の一枚。

20081024.jpg
(OLYMPUS E-1, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

「お代官様、お願いニャン…」
「だめだよ、さっき食べたばかりでしょう!」
「お願いニャン、おパパにゃん様」

2008年10月23日 (木)

捕まえるニャン

朝の日差しがさんさんと差し込むリビングでしたので、イマイチうまく撮れていません。
やはり、一人で演出&撮影は難しい(笑)。

20081023.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

というわけで、捕まえるニャン!でした。

2008年10月22日 (水)

KIWI SHEEPSKINS

シープスキンブーツというと、UGG Australia、EMUとかが流行なんですが、我が愛すべきニュージーランドでもないかとさがして見つけたのが、Kiwi Sheepskinsです。デザインのバリエーションは少なく、UGG AustraliaでいうところのClassicラインがメインなのですが、注目すべきは価格ですね。

Kiwi Sheepskinsのものは、EVA底のもので本エントリーを書いている時点で10,000円を切っていますし、PU底でも+2,000円程度で、さらに驚くべきことには日本への発送でも送料込みの価格となっているのです(関税は別ですよ、もちろん)。商品や素材の説明も他のシープスキンブーツメーカーのサイトよりずっと丁寧です。UGG Australiaとかのサイトはひどいもんですが…。

さがしてみると、こちらを実際に購入されている方がいらっしゃいました。
mtezkaさんのMTBを買ってしまったというブログにありますが、こちらのエントリーに比較の感想がかかれています。

さて、次を狙うならやはりKiwi Sheepskinsですね、ニュージーランドを愛するものとしては…。

2008年10月21日 (火)

ソファの背の上のマロン

最近のマロンのお気に入りの場所の一つが、ソファの背もたれクッションの上です。

このソファは、クッションが羽毛で背もたれクッションもかなり厚みがあるのですが体重3.8kgのマロンが背もたれクッションの上にのるとそれなりに沈みます(笑)。

20081021.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

気持ちよさそうに寝ていますねぇ…。
この寝顔を見ているとこちらも眠くなりますZzzzz。

2008年10月20日 (月)

シープスキン・インソール

シープスキンブーツやシューズのインソールがフカフカタイプですと履いている間に必ず潰れてきますね。で、サイズ的にもちょっと大きくなってくるので、そういうときにはreplacement insole(交換用のインソール)を使うわけですが、残念ながら少なくともUGG Australiaの日本正規取り扱いのGoldwinのWEBにはありませんでしたし、検索しても見あたりません。

HAWKINSのシープスキンブーツのインソールの毛足が刈り込んでありフカフカ感が少ないということもあって、ニュージーランドからシープスキン・インソールを取り寄せました。

20081020-1.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

20081020-2.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

購入したのは、私も行った記憶のあるお店でAotea Souvenirsというところ。一週間もたたずに我が家に届きました。

シープスキンブーツが大きく感じられるようになった人、こういうのを追加して敷くといいかもしれませんよ。

2008年10月19日 (日)

HAWKINS SHEEPSKIN BOOTS GT5072

これも、先日のエントリーで書いた、HAWKINS(ホーキンス)のシープスキンブーツ GT5072です。

価格はUGG Australiaの半分以下ですが、本物のシープスキン(ムートン)であります。ボアの厚みはUGG Australiaのほうが厚い(ただしUGG Australiaもものにより差がかなりあるのも事実のようで…)ことはまず間違いないです。インソールのシープスキン・ボアは刈り込んでありUGG Australiaのようにフワフワではありません。筒口はやや大きめ(というか私の足が細いのもあります)です。

20081019-1.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

20081019-2.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

20081019-3.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

もう少しフカフカが欲しいところなので、別途ニュージーランドのお店から購入したシープスキン・インソールを入れることにしましょう。

でも、やはり履き心地はいいですね。UGG Australiaのクラシックとは差があるのは疑いないですが、この倍以上の価格となると価格ほどの差はないと自身をもっていえます。第一、UGG AustraliaのClassicシリーズのあの価格を出すなら、関税払っても非メジャーブランドのものをオーストラリアやニュージーランドから買ったほうがいいものが買えるんじゃないかとは思いますが。

2008年10月18日 (土)

UGG Australia Walley

先日のエントリーで書いたUGG AustraliaのショートブーツといいますかシューズタイプのWalleyです。

20081018-1.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

20081018-2.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

20081018-3.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

Classicシリーズなどと同様に中はシープスキンのボアでモフモフといいますか、フカフカです。インソールも同様の厚手のボアです。

履いてみると、シープスキンのボアが足に吸い付くような感じで快感すら感じます(笑)。このデザインですと、ブーツタイプより活躍のシチュエーションがずっと多くなりそうすね。

購入したのはUGG Australiaの国内正規取り扱いを行っているゴールドウィンのWebショップから購入です。

2008年10月17日 (金)

秋だぁ

さすがに十月後半になると、朝晩はめっきり涼しくなり時には肌寒ささえ感じるようになりました。私の寒さスイッチが入るのも時間の問題のようです。

ですが、秋、いいですねぇ、日本では食べ物もおいしくなるし、特に秋から冬にかけては魚がうまいです。肉には季節感ってのがありませんが、魚は季節ものでありますからして、旬の魚を食べるのが一番安くて一番美味しい!

自然の写真を撮るのが好きな人にとっては、秋は春と並んでいい季節ですよねぇ。つい手軽にGR DIGITALとかGX200とかをバッグに入れてしまいますが、それはそれとしてたまにはE-1を連れ出してやらないと。

実は、この秋はE-3を買って&駆ってお出かけしたいなぁ…とか思っていましたが、もう秋じゃん…。うーん、どうしよう。


2008年10月16日 (木)

マロンの居場所

下の写真でマロンが寝ている場所は、ベッドの横においてあるナイトテーブルの下部の空間です。外国のホテルだとイエローページとか聖書とかがおいてある場所ですね。

20081016.jpg
(RICOH GR DIGITAL 2)

猫を飼うまえでも特に何がおいてあったわけではなく、中途半端な空間でした。

最近、この空間の下にマットをひいておくと、昼間ですがいつのまにか入って寝るようになりました。だからといって夜もここで寝るわけではないんですけどね。

夜とかここで寝てくれると飼い主としてはプチ嬉しいんですが…。

2008年10月15日 (水)

シープスキンブーツ

今、何故かムートンブーツ(シープスキンブーツ)が流行だそうですが、実際問題としてかなり以前から売られていました。

今年は特にUGG Australiaというメーカーのものが人気だそうでUGG AustraliaのCLASIC WOMEN'Sの各シリーズは軒並み売り切れで、ついにBuyMaで買う人も続出しているらしいのであります。シープスキンブーツであれば、他にもEMUとかLFA(Love From Australia)といった日本の若い女性的にはメジャーなものがあります。

他にはニュージーランドのものもあって、UGG AustraliaやEMU、LFA(Love From Australia)ほど有名じゃないですが羊の国ですから結構いいと思うのであります。例えばCanterbury Leather International Limitedのものとか。ただ、日本での店頭入手は簡単じゃないかもしれませんが…。

このシープスキンブーツの古典的なタイプを見て、「かわいい~!」と思うらしいですが、これって可愛いですかね?いや、パンプスとか普通のブーツならともかく、チャップリンのドタ靴と大差ない格好じゃないですか(笑)。

でも、履いてみるとわかりますが、確かに履きやすくて足が蒸れにくい。これは、ムートン愛好家であるからその理屈はわかりますし、実際理屈通りの快適さなんですよね。え?何故、知ってるかって?そりゃ、昔、まだブームになるはるか以前に買って履いていましたもの。

ちなみにブリスベンでも買ってきましたが、これは安いのを買ったので、帰ってタグを見たら "SYNTHETIC" とありました(爆笑)。そりゃそうでしょう、K-MartでAU$16.89なんですから、real sheepskinの訳がないわな。

で、今年はどうするかって?UGG AustraliaのClassic Shortはあまりに当たり前なので、Hawkinsにしました。同じくリアルのシープスキンですが、お値段はUGG Australiaの半分以下です。ただ、もう、ほとんど品切れみたいですけどね。

他に…やはりUGG Australia。ただ、ブーツじゃなくてWalleyというシューズタイプ。これはWebでも扱っている店がほとんど無いですね。UGG Australiaの正規代理店であるGOLDWINのWeb通販に発注。

UGG Australiaを売っている店は多いのですが、replacement insole(取り替え用のムートン中敷き)を売っている店ってのはないですね。GOLDWINのWeb通販でもありません。これはインソールのムートンの毛が寝てくるとどうしてもサイズ的にやや大きめになってくるので結構必需品なのですが、売っていなとなりゃ仕方ない。ここは、ニュージーランドファンとしてオークランドやクライストチャーチに店を出しているAotea Souvenirsから、Canterbury Leather International Limitedを通販です。

靴は関税が非常に高いので、無作為抽出らしい個人輸入物での関税チェックで当選を引き当てると、結構な額の関税を支払わなければなりません。しかし、インソール(中敷き)は靴じゃないですからね。毛皮商品ではありますけど(笑)。まだ届いていませんのでどうなりますか。もっとも課税されても一足分でNZ$10.90くらいですからたいしたことはない。

というわけで、これからの季節が楽しみです。

2008年10月14日 (火)

押入れ猫

結局、隙間を見つけて入り込みました。

抜糸前には、写真右手に見える隙間の奥(押入れタンスの奥の隙間)に入ってしまいまして、本猫も半ばパニックになってこれはどうなるか…と思いましたがなんとか救出。その後入り込めないように空き箱で押入れタンスの隙間をふさぎ入り込めないようにしました。

20081014.jpg
(RICOH GX200)

今、マロンが乗っている段ボールは結構頻繁に出し入れしているので、猫の出入りも簡単なので、まあ、乗っても問題なし。24mm相当で近づきましたので、ちょっと面白い顔になっています。

2008年10月13日 (月)

背が高い?

押入れを開けると、時々マロンがやってきて後足で立って覗き込みます。

その背の高さというか体長といいますか、うわぁ、大きくなったなぁ、まだ八か月なのに!と驚嘆であります。

「パパにゃん、はいっていいかにゃ?」
「ダメッ(怒)、避妊手術後の抜糸前に奥に入って出られなくてパニックになったでしょ?」
「あれは…、忘れて欲しいにゃん」
「焦ったんだから、傷口が開いたらどうしようとか…」
「マロンも焦ったにゃん」
「でも、奥には入れないように塞いだから!」
「いいにゃん、今度は上のほうが気になるにゃん」

20081013.jpg
(RICOH GX200)

これがあと半年したら押入れの上段部分に楽に首が出るようになるんでしょうねぇ。

2008年10月12日 (日)

目覚まし猫

平日のベッドルームで目覚ましが鳴るのは午前5時25分(半端な…)なんですが、マロンはそのちょっと前にベッドルームに入ってきてゴロゴロと喉を鳴らし始めます。

タイミングはその数分前に御飯の炊きあがりを知らせる炊飯器のピーだったり、あるいはそれより前の5時頃だったりとさまざまですが平日・休日関係なくまあこれくらいの時刻に生きる目覚ましとなってくれています。

ここ数日は、朝のそういう時間にトイレの大きい方をしているマロンですが、そのときの起こし方はいつもと違いました。いつもはゴロゴロと喉を鳴らしながら、ときどき小さく可愛くニャーンとなくだけですが、大きいほうをしたいときのニャーンはいつものニャーンと違うんですね。なんというか、切羽詰まったというかプチ悲壮感が漂った「にゃ~~」という声(って、文字にしたんじゃわからないですが)。

そのしばらく後に猫砂を掻く音がしたので、二人してガバッとベッドから跳ね起きて見にいったら、トイレの中でマロンがう○ちを…。

なるほど、これを訴えていたのね…。

いや、偉い!賢い!

「マロン、偉いねぇ、君は!」
「うにゃ、だってすぐにトイレを綺麗にしてほしいんだもんにゃ」

20081012.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

2008年10月11日 (土)

歯医者さん

歯医者さんというと、「嫌~っ!」って人が大半だと思います。まあ、私だって決して好きだとは言いませんが、嫌いじゃないです。

人によっていくら丁寧に歯を磨いても虫歯になる人(私の妻がそうです)もいれば、私のようにかつては一日一回しか適当に磨かなくても虫歯にはほとんどならなかったのもいるわけです。後者のような、つまり放っておいても虫歯にはなりにくい人の場合は、手入れの悪さから歯周病になりやすいと言います。

私もかなり昔に会社の健康診断で虫歯らしい(当時は景気もかなり良くてバブリーだったので歯科検診までやってくれたのですが…)と言われて、治療したのが数年以上前でそれ以来、半年に一度、今は三ヶ月に一回歯医者さんに言って検診とスケーリング(歯石除去)をしてもらっています。その会社の歯科検診で虫歯が見つかったのは中年といわれる年齢でしたが、それ以前に最後に歯医者さんに言ったのは小学生の時でしたから、三十年くらいは歯医者さんと無縁だったわけです。

歯医者さんに言わせると、私の歯は質がかなり良いそうで、ちゃんと手入れすれば天寿を全うするまで自分の歯でものが食べられる!ということでした。そのかわり、手入れ(歯磨き、歯石除去、定期検診)は必須ですけどね。でも、歯は一度痛めると二度と元にはもどらないですし、歯石除去って別に痛いわけでもないですし、歯のチェックもしてもらえますからこれはやはり最低半年に一度は行くべきでしょう。

引っ越してから通っている歯医者さんは、先生も歯科衛生士も腕も良く優しく説明も丁寧です。さらに待合室も大変清潔で明るく、子供用にプレイスペースがありますし、洗面所にはパウダースペース(椅子付き)があるし、待合室いはハワイアンウィーターやティーバッグなどもあり自由にいただけるようになっています。診察台の正面にはヒーリングビデオが流れているモニターもあり、ワイアレスの口腔カメラもあって歯や歯茎の様子をリアルタイムで映し出してくれたりします。

いや、はや、最近の歯医者さんって凄いですねぇ、ほんと。

2008年10月10日 (金)

暖かい浴槽が大好きにゃん

家庭の風呂、特にマンションの風呂ってほうっておくと水の輪染みが浴槽についてとれなくなったり、汚れがこびりついたり大変ですよね。

今の住居は浴室換気扇が強力なため乾燥が非常に早いので助かっていますが、それだけはもちろんダメであります。風呂を綺麗に保つのは月に一回、いや、週に一回一所懸命掃除するよりも、毎日最後に入った人が簡単にささっと流して水分を拭き取ってしまうのが一番簡単なんです。

我が家では主には私が最後に入るので、ささっと流して水を吸い取る特殊なスポンジで随分を拭き取ってから、専用のタオルで浴槽と床、壁(主として下部)を拭き取ります。大変なようですが、そうでもありません。こうした毎日の積み重ねで我が家の風呂は綺麗に保たれています。

さて、入浴後に風呂を綺麗にして水分を拭き取ったあとのほんのり暖かい浴槽がマロンの大のお気に入りです。皆が出て掃除が終わるのを浴室の外でじーっと待っていて、

「マロン、入ってもいいよ~」

というと、いそいそと入ってきて浴槽に入ってまったり。

20081010.jpg
(RICOH GX200)

「これ、気持ちいいにゃん」

ところで、まだ拭き取る前、浴槽の湯がまだ数センチほど残っているときに、浴槽に飛び込んでしまったことがあって、マロンも飼い主(私)もしばし呆然としていたことがありましたっけ(爆)

2008年10月 9日 (木)

OLYMPUSを囓る

OLYMPUSのオンラインショップで買い物をして届いたあとの写真です。
何を買ったのかは、9月27日のエントリーをご覧ください。

「パパにゃん、また何か買ったにゃんね?」
「う、うん」
「中身はパパにゃんにあげるから、この箱ちょうだいにゃん、ぴったりにゃん」
「だめぇ、OLYMPUSのロゴ入り段ボールは貴重品なんだから…(爆)」
「うにゃ、ちょーだいにゃん!」

20081009.jpg
(RICOH GX200)

2008年10月 8日 (水)

不二家のソフトドーナツ

私の好物の一つが「不二家のソフトドーナツ」です。

引っ越し前の住居最寄り駅には不二家の売店がありまして、時々買っていました。
しかーし、例の一件以来その売店は閉鎖の憂き目にあい、勤務先最寄り駅にある不二家売店は生存していますがソフトドーナツは扱っていないのです。

先日、娘から携帯に電話があり、不二家のお店でソフトドーナツを売っているのを見つけた!というので買ってきてくれるように頼みました。

20081008.jpg
(RICOH GX200)

さて、開けてびっくり…。価格は5個300円で変わらずでしたが、昨今の燃料高騰と小麦価格高騰の影響で大きさが二回りほど小さくなっていました。ミスタードーナツのそれも小さくなりましたが、不二家のソフトドーナツはそれ以上に小さくなりました。味のほうは基本的に変わりませんが、少し甘みが薄くなったような感じ。

でも、久しぶりに美味しかったです。

2008年10月 7日 (火)

お気に入りのオモチャ

マロンはペットショップで買ってきた猫用オモチャよりも、アルミ箔を丸めたもの(我が家では「銀コロ」と呼んでいます)のほうがお気に入りだったりします。他にはリボンとか紐の類ですね。

それでは、ということで「銀コロ」と「赤いリボン」を合体させました。ある程度の大きさに成長させた「銀コロ」に「赤いリボン」をあてて上からさらにホイルでぐるぐると…。仕上げは球状に堅くすればOK。

これ、なかなか反応が良いです。

20081007.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

「うにゃ、これ、面白いにゃ、マロン気に入ったにゃん」
「でしょう、苦心の作だもん」

2008年10月 6日 (月)

猫の眼

マロンの眼は洋猫だからというわけではないですが、ブルーです。正確にはブルーグレーというほうが近いかもしれません。横から見ると結構丸く出っ張っていてとても綺麗に透き通っています。

20081006.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

ベランダに面した掃き出し窓から、ベランダで洗濯物を干している妻を見つめているところです。瞬きもせずにとはまさにこのことで、じーっと見つめています。

2008年10月 5日 (日)

術後初めてのシャンプー

避妊手術を受けたのが9月10日で退院が9月12日。それから約三週間たって、術後初めてのシャンプーです。

抜糸後2~3日でシャンプーはOKと言われていたのですが、週末にシャンプーしてやるチャンスがなくて、昨日の土曜日は好天でしたのでシャンプーをしてあげました。

20081005.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

猫にとっては迷惑な話であること疑いないようで、マロンも例に漏れずシャンプーは嫌いです。嫌いですが、暴れるようなことはなく、浴室では忍耐強いラグドールらしくガマンしていますが、時にはまんざらでもない様子を見せることもあります。本当に嫌いなのはドライヤーですねぇ。

というわけで、ドライヤーもほどほどに開放されたマロンです。

2008年10月 4日 (土)

栗が美味しい季節

マロンのケーキに続いてマロン第二弾。

栗を頂きましたので、妻がゆでてくれました。

20081004.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

ゆで栗って美味しいですよね。難点はむくのが面倒なこと。

秋の味覚、日本っていいところです!

2008年10月 3日 (金)

ケーキになったマロン

朝晩はすっかり涼しくというか、服装によっては肌寒いくらいになりまして、まさに秋の訪れを感じることができます。

先日、スーパーで妻が見つけて、名前を見て思わずかってしまったのがこれ。

200801003.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

第一パンの「マロンのケーキ」で8月1日から関東・東北地区で発売されたものです。美味しいですが、ちょっとくどい感じ。

2008年10月 2日 (木)

虫さされ

八月中旬くらいから、時々体のランダムな箇所が蚊にさされるようになりました。場所および刺され跡からみて蚤じゃないのは間違いなくて、小さい頃の記憶にあるダニの刺し跡でもなさそうなのです。

以前の住居の蚊は、妻や娘といった肌の柔らかなのを好んで刺していまして、私一人が刺されることもなくヘラヘラとして、かゆそうだねぇ、とか思っていました。都会の蚊はあまり飛翔力がなくて風にのってあがってくるか、エレベーターに一緒に乗ってくるかくらいでしたが、郊外の現住居ではマンションの九階ですが、時々室内で見かけます。

こいつらに刺されると、痒みはたいしたことがないのですが、一日程度で消えてしまっていた以前の蚊の刺され跡のようには行かず、形状や赤みの具合は蚊の刺し跡でなくて何なの?って感じですが、二回りくらいでかいんですな。で、もって、その刺し跡の腫れがなかなかひかない。一日どころか数日でも消えないんでやんすよ。

まあ、そのうち皮膚科でも尋ねてみるかとは思いますが、いかんせんほとんど痒くないし、妻に「赤くなっているよ!」と言われて初めてほんのりとした赤みとふくらみに気づくくらいですから、つい、面倒で。

やはり都会の蚊と郊外の蚊はパワーが違うのか…。

2008年10月 1日 (水)

季節の先取り?

今週に入って月曜日はかなり気温が下がって東京では最高気温が二十度を切り11月上旬の気温だったそうで、機能は10月下旬だったとか。

その影響でしょうか、昨日帰宅途中の電車の中で、ラビットファーマフラーを身につけた女性を二人、襟にブルーフォックスのトリミングがついたコートを手に持った女性が一人、と、まあ底だけ見れば冬場の格好の女性を見かけました。

今年は、夏の終わり頃に半袖にリアルファーのボレロやベストが一瞬だけはやったり、半袖・ショートパンツにロングブーツといったアンバランスな格好がはやったので、その延長線上にあるのかもしれません。

私も真冬になると寒さスイッチが入って人一倍寒がりになりますが、いや、それにしても、ちょっと早くないっすかぁ?

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »