マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の30件の記事

2008年9月30日 (火)

まったりと午睡

マロンに限らない話かもしれませんが、完全室内飼いのマロンは恐らく早朝から起き出して飼い主が起きるのを待って(起こして)朝の食事を済ませると、次の昼ご飯までは、比較的活動的な時間帯です。食後はうとうととしますが、結構遊び回ることが多いですね。

昼ご飯を食べると、あとは晩ご飯のときをのぞいて、ひたすら爆睡。猫は成猫でも15時間以上は睡眠を取るということですが、まだ7ヶ月のマロンは18~20時間くらいは寝ている気がします。

20080930.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

何故か、雑巾を枕にするのがすきなんですねぇ。まあ、薬用石鹸で洗っているので、見た目とは違って清潔なのでいいといえばいいんですが、高い猫なのにねぇ(苦笑)。

2008年9月29日 (月)

体内時計

妻と私は平日は午前5時25分にアラームを設定していまして、そのおよそ5分くらい前に炊飯器が炊き上がりを知らせる「ピーッ」が鳴ります。それを合図にするかのように、マロンはベッドルームに入ってきて、ゴロゴロいいながら私たちを起こそうとします。

仕事が休みの日は、当然そんな早朝にアラームは鳴らさないわけで炊飯器の設定ももっと遅い時間です。ところが、どうやって時刻がわかるのか、やはり同じ頃にベッドルームに入ってきてゴロゴロ…。

結構正確なんですよね、マロンの体内時計。これ、腹減ったアピールでして、早く餌よこせってやつです。だから、体内時計は確かに体内時計なんでしょうけど、ぶっちゃけた話が「腹時計」であります。私の腹時計も結構正確で、朝何時に食べようが11時半になると腹が減るんで(爆笑)、飼い主に似たのでしょうか…ってそんな訳はない。

20080929.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

朝だけは、最初にウェットを少しあげます。この日はモンプチ・ゴールドの極上切り身まぐろです。味見をしてみると、猫用に塩味が相当薄いですが、結構いい味していますよ、びっくりです。普通のモンプチ(ウェット)は人間的にはうまくはないですが、ゴールドはどれをとっても人の味覚の許容範囲です(爆笑)。

この写真はE-1にパワーバッテリーホルダー(SHLD-2)を装着して撮影しましたが、バランスが良くてとても扱いやすくなります。重量は増えますが安定感は格段に増します。

2008年9月28日 (日)

SanDisk SDCFX3-16384

某通販で購入したSanDisk Extreme IIIの20MB/secタイプの16GB Compact Flashのバルクです。

20080928.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

E-1に入れると、計算上は4000枚を超えており最高表示可能枚数の1999の倍くらいいっているので、何枚撮っても1999枚のまま(爆)。

いえ、ね、E-1のために買ったのじゃなくてE-3のために…

2008年9月27日 (土)

パワーバッテリーホルダーセット SHLD-2

オリンパスのオンラインショップでズイコークラブ会員限定のアウトレットセールで、E-1用パワーバッテリーホルダーセットSHLD-2が15,000円で出ていました。希望小売価格は価格.comの最安値でも45,000円台だという代物が、最安値の三分の一になっているのですから速攻でポチッとしたことは言うまでもありません。

20080927.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

ZD 14-54mmをつけたE-1に装着するとこんな感じです。ズシリと重くなりますが、手に取ったときのホールド感は私にとっては格段に向上します。特に縦位置で構えるときにはさらに安定度が増し、レリーズはもとより、二つのダイヤル、AELなどのボタンがホルダー側にもついていますので操作性抜群であります。

E-1が発売されて5年たちますから、E-1専用として開発・発売されたオプションの類もぼちぼち在庫整理というところでしょうね。

2008年9月26日 (金)

OLYMPUS E-3

一眼レフは、銀塩時代からオリンパスのファンだった私は、今はE-1とE-500のユーザーであります。どちらもコダックのCCDを使っている、いわゆるオリンパスブルーで青空が撮れるものなので、買ってから丸四年ちょうどになりつつあるE-1もバリバリ現役です。とはいえ、E-3のボディも欲しいなぁと思っているのも事実ですが、仮にE-3を買ってもE-1やE-500を手放すつもりは皆無であります。

そういう思いをめぐらせながら、Webのショッピングサイトなどを検索しているとE-3ボディも当初に比べると随分値段が落ち着いてきましたというか安くなりました。安くなったといっても14万前後するので、コンデジとは比べ物にならないわけですが…。

ちなみに、E-1が世に出たのは2003年10月で私が購入したのがその一年後の2004年10月で128,500円(14-54セット)でした。そして、E-3が出たのが2007年11月で、あと一ヶ月と少し。

これってかなりやばい雰囲気ではないかと…。

2008年9月25日 (木)

着せてみました

近所のショッピングセンターのペット用品コーナーで、おしゃれキャット(The Aristocats)マリーちゃんの犬用の服を見つけたので、マロンにあうサイズ(=ミニチュアダックス用)のものを買ってきました。

20080925.jpg
(RICOH GX200)

で、着せてみたのがこれ。
ベージュ&茶色の毛なので、赤やピンクが良くあいます。

まあ、猫にとっては決してうれしい状態ではないと思いますので長時間は着せていませんが、でも、可愛いのでありますよ、これが。

2008年9月24日 (水)

RICOH GX200

PanasonicのLUMIX DMC-LX2の出番が少なかったので手放して購入したのが愛すべきRICOHのデジカメ、GX200であります。Capilo GXに比べると随分スタイリッシュになり、GR DIGITAL IIのマグネシウムボディとは異なり樹脂ボディのようですが、デザインはGR DIGITALの流れをくんだものになっていてRシリーズとは異なります。

20080924.jpg
(OLYMPUS E-1, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

PanasonicとRICOHのデジカメの最大の差はその操作系の違いにあると思います。操作の話なのでかなり好みのと慣れが大きいわけですが、いろいろいじりながら撮るという場合には圧倒的にRICOHの操作系が使いやすいです。GX200ではマイセッティングは三通りできますし、マニュアルフォーカスでの焦点距離までプリセットできますから、たとえばマイセッティングの1はネコ室内撮り、マイセッティング2は屋外での昆虫撮りとか、今!と思ったときにいちいち細かなセッティングを変更していてチャンスを逃すようなことはかなり防げます。

また両者のもっとも大きな違いはファームウェアに対する姿勢。GR DIGITALシリーズではもともとファームウェア格納エリアの容量を多少余裕をもって設計してあるらしく、結構なファームウェアアップデートによる機能付加に追従しており、またバグの類に対してもこまめなアップデートがあります。対して、Panasonicは一眼をのぞけばよほどのことが無い限りファームウェアのアップデートなどはリリースされません。

GX200は家電的な安直な使い方ではなかなか御しきれないものがあるマニアックなカメラですが、それだけに使い込むほどに愛着がわくのは事実です。

さて、GX200。全般的に私的には合格。ただし巷の噂どおり、ISO200を超えるとノイズが極端に増えるので実用限度はISO200でしょうか。一方で画は非常にシャープでハードな趣があります。また、リコーのコンデジの伝統としてフラッシュの調光がひどくて、室内撮影では相当使い物になりません。あくまでフラッシュ無しで撮れる範囲専用ってところでしょうか。いくら伝統でもちょっとひどすぎますなぁ、これは...。レンズは広角端では若干ディストーションが出ますがそれとて他者の28mmよりは少ないように思えますし、内蔵のディストーション補正を噛ませばJPEG出力ではほぼ問題ありません。希望的には、GX100の10Mピクセルのままでの進化が欲しかったですね。高画素数になるとどうしても感度が低くなり、ダイナミックレンジも狭くなりますので...。まあ、でも所詮はコンデジでE-1やE-3とは違う世界のカメラなので、そこは割り切ればかなりいいカメラですすが、家庭用にこれ一台という選択肢には私なら入れません。よくも悪くもマニア向きです。

2008年9月23日 (火)

RE-MENT うちの自慢のにゃんこ

妻のお気に入りの一つがいわゆる食玩の一種で、特にRE-MENTのプチシリーズがお気に入りです。

実際、良くできているものが多いので見ていて楽しいのですが、今回はぷちどうぶつシリーズ「うちの自慢のにゃんこ」という、10月20日発売のものなのですが、某百貨店で先行発売されていたのを妻が「大人買い」(笑)。

いや、普段なら大人買いなんかしないのですが、下の写真のとおり全8種類が重ならずに入っているということで、つい、妻に「いいじゃん、買えば…」とまるで他人事(笑)。

20080923-1.jpg
(RICOH GX200)

20080923-2.jpg
(RICOH GX200)

さすがに、ラグドールはシリーズには入っていませんが、どれも可愛いですわ。

2008年9月22日 (月)

トイレの見張り番

8月27日のエントリーで、トイレのドア下部の隙間から前足を侵入させてくるという話をしましたが、外側からみるとこんな感じです。

20080922.jpg
(RICOH GX200)

トイレの中で、ドア下部付近でトイレットペーパーをひらひらさせると、それをつかもうとして前足を深く突っ込んできます(笑)。何故か、人が入っているトイレが好きなんですよねぇ。

2008年9月21日 (日)

ザ・キャット

フィッシュアイではなくて24mmの広角なので、いまいち足りませんが…(笑)

20080921.jpg
(RICOH GX200)

「パパにゃん、ひどいにゃん、もっと可愛くとって欲しいにゃん」
「まあ、いいでねぇの」
「いやだにゃん、そのカメラにかみつくにゃんよ」
「だめぇ、まだ、新しいんだから…」

2008年9月20日 (土)

ニャン?

まだ、抜糸前の術後服を着ておすまししているマロンです。

体毛が主には薄いベージュなので、ピンクよりは赤のチェック(一応二着あったりします)のほうがよく似合います。術後服ですから、おむつカバーみたいにお腹もカバーするようになっていたのですが、縫合部分は思ったよりというか全く気にする気配がないのと、おむつカバー状態では満足に歩けない&やはりトイレがやりにくいってことでばっさり切り落としました。

お腹までカバーのある猫ちゃん服になってしまいましたが、その状態にすれば服を嫌がることはなく平気なのにはちょっとびっくりです。

20080920.jpg
(RICOH GX200、24mm相当の広角端にて)

いつもは、GR DIGITAL IIで撮っていますが、新顔のGX200で撮影です。

2008年9月19日 (金)

マロン抜糸

今日がマロンの避妊手術後の退院から一週間ということで抜糸をしてきました。私は仕事があるし、明日は台風がで荒れそうなので、午前中のうちに妻が連れて行ってくれました。

縫合は細いステンレスの糸で四針でして、一応術後服を着せていましたが、手術跡の縫合を気にする風もなく無事抜糸の日を迎えました。猫の場合は少ないそうですが、希に縫合部分の糸を口で引っ張りすることもあるようなので、一応対策はしたほうが安全のようです。

さて抜糸ですが、妻がマロンを抱っこしてお医者様がプチプチとステンレス糸を切断してあっというまに抜糸終了とのこと。

ちなみに費用は手術費用に含まれているようで、支払いは発生しなかったようです。

2008年9月18日 (木)

遅刻の言い訳

サラリーマンたるもの、一度くらいは交通機関の遅延など多数の人にとっても不可抗力な理由以外で遅刻したことがあると思いますけど、そのときの言い訳はどうしましたか?

唐突なんですが、通っている英会話教室でのある時の話題でして、まあ、教室では全部英語ですすめるのですけど、実際問題いろいろあると思います。

電車が遅れた!ってのは昔は通じたかもしれませんが、インターネット全盛の現代では簡単に全国の交通機関の運行状況が調べられますから、これはすぐにバレます。

で、英会話教室に話を戻すと、その場で私が思いついたが、駅についたらサイフと定期を持っていないことに気づいて取りに帰っていたら遅くなった…ってものです(爆)。

さすがにサイフと定期の両方を実際に忘れたことはないですが、いつもぎりぎりに会社に飛び込む人なら一回だけなら通じるかもしれません。ただし、二回はダメですね、もっと早く起きて余裕をもって出てこいと叱られて悪い評価がつくのがオチですから…。

え?私?まあ、管理職なんで時間拘束はないですが、10時が一般社員のコアタイムスタートという職場で8時20分前後には出社しています、ハイ。

2008年9月17日 (水)

キャリーで爆睡

マロン用のキャリーは、マロンお気に入りのCelltei社のPack-o-Petと、マロンが我が家にやってくるときに入れてきたペットショップで購入したものの二つがあります。

前者は購入したときから時々入っていたのですが、後者はあまり自主的に入ることはありませんでした。しかし、ピーク時に比べれば涼しくなってきたこともあるのでしょうか、この中で昼寝をするようになりました。

「マロン、凄い格好しているねぇ」
「……Zzzz」

20080917.jpg
(RICOH GR DIGITAL II, RAW撮影+Adobe Camera Raw 4.1で現像)

なんか、幼稚園の子供がノースリーブのスモックを着て昼寝しているような感じです。

術後、一日一日と体調が復活してゆくのが目に見えてわかります。いいなぁ、回復が早くて!若いっていいなぁ(爆)。


2008年9月16日 (火)

アロハ・フェスティバル

私が最後にハワイを訪れたのは2001年8月が最後です。

敬老の日の日本の三連休の時期、本場ハワイではアロハ・フェスティバルが開かれています。

この時期に合わせて日本でも各地でアロハ・フェスティバルやアロハ・フェスタと称してプチお祭り騒ぎがあるようです。先日の土曜日、千葉県は我孫子市のアロハフェスタinアビコ’08が開かれたので、機会があったので立ち寄ってみました。調べてみると主催は我孫子市教育委員会だそうで……何故?(笑)

20080916.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

※顔が判別できる箇所については、プライバシー保護のために画像を加工しています。

正直言って中身はたいしたものはなくて、フラダンスチームのステージ(現在で言うフラはどちらかと言えば観光向けフラでして、ペレに捧げる本来のフラつまり古代フラとは相当異なるものなので個人的には好きじゃないです)、ウクレレ教室や、出店などで特に珍しいものはありませんでした。

千葉市でもアロハフェスティバル千葉なるものが、やはり13~14日に開催されたようですが、似たようなものだそうで…。なんか、ハワイというと観光向けの現代フラと物産品、ウクレレとハワイアンソングしか知らないのかしら…と思ってしまいましてちょっと悲しいですね。

私にとってのハワイは、やはりあの自然でしょう。ワイキキだけにとどまっていたのでは決して感じることのない自然と多様な気候です。そして開発が進む中で絶滅に瀕する動植物たち。

このような自然に眼を向けることなく、フラの本来の意味を知らずにちゃらちゃら観光フラに明け暮れるのはなんだかなぁ、と思いますね。ハワイをこよなく愛するが故に、本来のハワイの美しさ・自然・脆さを知って欲しいと思うのですが…。

2008年9月15日 (月)

アカトンボの季節

地元でアカトンボ(実際にはノシメトンボだと思うのですが自信なし)を見かけるようになりました。

指を立てたら素直にお止まりあそばされました(笑)

20080915.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

トンボは英語だとdragonflyですが、よくぞ言ったものですね。近寄って撮ってから見ると、dragonってのが何となくわかる気がします。

2008年9月14日 (日)

ROYAL CANIN Vets Plan

昨日、マロンの退院時に動物病院でこのサンプルを二袋頂きました。

20080914.jpg
(GR DIGITAL II)

へぇ、こんなのあるんだぁ!って感じで始めて知りました。

調べてみたら、ROYAL CANINのVets Planというのは犬用、猫用の養生食だそうでいろいろな種類があります。頂いたサンプルは、Vets Plan (ベッツプラン)のフィーメールケアというもので、避妊後から7歳までの雌猫のための餌だそうであります。

これ、普通にはペットショップなどでは見ないのですが、さすがにインターネットが普及した現在ではググるとありますね。楽天にも扱っているショップがありました。

ロイヤルカナン 猫用 ベッツプラン フィーメールケア 2kg

今日の昼にマロンに与えてみたら、今までのどの餌よりも食い付きがよかったようで、ちょっとびっくりです。

2008年9月13日 (土)

手術跡

手術後二日目、二泊後の退院当日の昨夜のマロンは、食欲は思ったよりもありまして、夜もメディファスを少なめにあげたら軽く完食して、その後飼い主家族が夕食を始めたら、まだ食べたそうな雰囲気だったので追加盛りをあげましたら、これも完食。

病院で過ごした術後の日々は痛みと、慣れない環境で恐らくあまり食べていないのかもしれませんね。また、犬や他の猫の鳴き声などで寝不足だったことも容易に想像できるところで、食べているとき以外は爆睡状態でした。

あまりにも歩きにくそうでトイレにも差し支えそうな術後服は後足部分をばっさり切りましたが、ぎりぎり手術部分が隠れるようなので一安心。また、これを着ているためにちょっと体が曲がりにくくなって、つまり背の部分にベルクロ(マジックテープ)が縫い付けられているからなのですが、手術跡を舐める可能性も減りました。もっとも見ていると縫合部分を気にしたり舐めたりすることは今のところ皆無です。

さて、ダイニングで家族が食事を取っている後ろで、安心して寝るマロン。

20080913-2.jpg
(GR DIGITAL II)

術後服のお腹の部分から見えている縦の線は単なる肉というか皮膚のしわでありまして、手術跡じゃないのでご安心ください。普段は毛で覆われて見えないのですが、やはり一番柔らかいお腹ですので、こうやってたるんでいるというのがわからないだけですな(笑)。

さて、縫合はごく普通の避妊手術のとおりらしくて、ステンレスの糸で四カ所縫合してあります。四カ所の糸はそれぞれ独立していますが、これ、痛そうであります(汗)。

この、縫合の部分ですが、苦手な方は見ない方がいいと思いますので、そのままスルーしてくださいね。

それでも、どうしても見たい方は、ここをクリックしてください。別のウィンドウで写真が開きます。(猫のお腹というよりは豚のそれみたいです。

一晩あけて術後三日目の朝となった今日。歩き方は昨日よりロボット風味が消えましたが、まだ後足がアイボみたいであります(笑)。朝食には、ウェットにはモンプチ・ゴールド極上かつおを、ドライはROYAL CANINをあげました。食欲はかなりのものでこの調子なら回復は早そうです。振る舞いも昨日はまだまだ病み上がりの雰囲気でしたが、今朝はだいぶ普段の感じがもどってきました。

ちなみに、昨夜は私たち夫婦のベッドルームにおいてあるキャスター付きハンガーの下(ここがマロンのお気に入りの場所)でずっと寝ていたようです。

「ママニャンとパパニャンの側で寝たいの…」

きゃー、かわいい~。


2008年9月12日 (金)

マロン退院

9月10日の水曜日に避妊手術のために入院したマロンですが、術後病院に二泊したのちに帰ってきました。というか引き取ってきました。

診察室に通されたらすでにマロンは連れ出されていて、化膿止めのための抗生剤の注射を受けた後、マロンと一緒に預かってもらっていたキャリーの入り口を開けてやると、自ら進んで入ってゆきました。きっと、これで帰れると思ったのでしょうか。

さすがにまだ術後二日目なので、おハゲなお腹のど真ん中の傷口を見ると飼い主のほうもおっかなびっくりです。こういう傷口ができた直後の当日に帰宅ってのはちょっと怖すぎますね。二泊して様子をしっかりと見てもらって安定していることを確認したのちに退院ってのは良いシステムです。

万一にも口で傷口の糸を切ったりひっぱったりすると大変なことになるので、帰宅後にあらかじめ用意しておいた術後服を着せました。用意しておいたのはTissue's Trunkの術後シャツです。

術前に試着させたときもそうでしたが、尻尾を通す部分が邪魔でまるで後足を怪我したみたいな妙な歩き方になるので、後ろはばっさりと切ってしまいました。

20080912.jpg
(GR DIGITAL II)

獣医さんによれば特に注意はない(唯一注意すべきは縫合した糸をひっぱったりすること)そうです。まだ術後二日目なのですが、帰るなりマロンの食器がふれあう音を聞いて飛んできたので、ROYAL CANINとウェットを少なめにあげると、ウェットは完食、その後いつのまにかROYAL CANINもほぼ完食。数時間後には出すものをだして、健康そうなう○○を出していました(笑)。

飼い主は、傷口を見てしまっているのでおっかなびっくりですが、本猫はその心配を意に介することなく我が道をゆき、基本的にはまったりとして休んでおります。

2008年9月11日 (木)

マロンの居ない日

マロンが2泊3日で避妊手術で入院しておりますので、今日は朝から晩までマロンの居ない日です。

思えば、5月にマロンが我が家の一員に加わってから居ない日は無かったわけで、寂しくないといえば嘘になります。やはり4ヶ月にして立派に家族の4番目のメンバーになっていたのだと感じます。

いつもは早くにゴロゴロいって起こされるので、今週は私のちょっと遅めの夏休みなので今日くらいは…と思っていても悲しいかな自ずから眼がさめるし、家族も用事があって早起きという訳で、飼い主を起こしに来るマロンはいないですが、飼い主が自らに鞭打って起きなくてはいけないという…。

ところで、加賀(金沢)から帰ったばかりだというのに、千葉の東武百貨店船橋店で加賀百万石展をやっているというので出かけてきました。たった三日の滞在でしたが、結構懐かしい?お店や物産品が並んでいます。結局、買い求めたのは金澤玉寿司の大名巻きという、一種の海鮮まき寿司です。金沢の海鮮丼のおいしさの一片を家族に…という思いもありました。食べた家族の言葉も「美味しい!」でした。

さて、明日はマロンを迎えに行く日です。入院前は3.2kgでしたが痩せたでしょうね。まあ、ゆっくり時間をかけて大きくなるラグドールですから、気長に気長に。

2008年9月10日 (水)

マロン入院!

早いものでマロンはこの6日で生後七ヶ月を迎えました。

ちょうど良い時期ということで、先週獣医さんに避妊手術の予約をしておきまして、本日入院させてきました。このお医者さんの場合、雌の場合は二泊だそうで、雄なら一泊だとか。自宅の比較的近所の獣医さんにも問い合わせたことがあるのですが、そちらのほうは日帰りだそうで、さすがに日帰りはかなり心配なのでパスです。二泊すれば術後少しは落ち着くと思いますので…。

でも、マロンはさすが猫というか動物というか、やはり飼い主自身が気づかない微妙な様子の変化に気づいているらしく、昨日からいつになく甘えん坊さんになっていました。

20080910.jpg
(GR DIGITAL II)

マロンを入れて運んだのは、7月8日のエントリーで書いたCelltei社のPack-o-Petです。まだ、3.2kgの体重ですが、結構ずしりと来ます。

電車で二駅の獣医さんまで運ぶときも、このキャリーはマロンのお気に入りなので大人しくまったりとしておりました。

マロンちゃーん、明後日迎えに行くからね!

2008年9月 9日 (火)

おじさん金沢一人旅

実は、7日から二泊三日で「おじさん金沢一人旅」をしていました。

いつもは国内は旅行記をさぼっていますが、燃油サーチャージ高騰の折り当面海外旅行も厳しいので国内版も久しぶりに作ろうと思います。

しばしお待ちを。

2008年9月 8日 (月)

猫と雷

今年はちょっと異常な夏で、局地的な豪雨・雷雨が非常に多いですね。

雷がなり始めると、最初の頃は怖がっていましたが、そのうち段々慣れてきたようです。

といっても、何も気にしないほどに慣れたわけではなくて、なんとなく自分には害がなさそうだけど、やっぱり不気味だぁってところでしょうか。雷が鳴っている間は、飼い主家族のそばにいることが多いみたいです。

「うにゃ、やはり、雷なんかならないほうがよく寝られるにゃん」

20080908.jpg
(RICOH GR DIGITAL 2)

2008年9月 7日 (日)

ちょっと気が早いのでは?

デパートなどではほとんど初秋の雰囲気になっていて、ときにはファーマフラーにファーボレロを着せたトルソーがあったりして、いくらなんでも…とびっくりします。

でも、びっくりするのはデパートの中だけじゃなくて、街中でもびっくりが沢山です。

9月になったとたんに、若い女の子の足下はブーツが目立ち始めました。時には、フェイクムートンのショートブーツとかも見かけたりして、まだまだ昼間は暑いというのに、足下だけは晩秋の雰囲気です。

ま、何を着ても・履いても自由ではありますし、他人がブーツを履いていたからといって自分は痛くも痒くもないですけど、ただ、外を歩くと汗がにじみ出るような日に、ブーツ姿を見るのは正直なところ暑苦しいですし、水虫大丈夫?とか余計な心配しちゃいます。女性の水虫って意外と多いそうですが、羞恥心が先にたってなかなか皮膚科に行かないそうです。昔と違って今は薬が非常に良くなっているので、皮膚科に行ってきちんと薬をつければ必ず治りますからね。まあ、一時のように某芸能人の真似をして生足+ブーツというのは見かけなくなったのは救いですけど。

生足ブーツの女性にはブーツを縫いで家に上がって欲しくないですよ、はっきり言って。

2008年9月 6日 (土)

TVの旅バラエティ番組の収録時期と放送時期

実は、今、日本テレビの「ぶらり途中下車の旅」を見ているのですが、今回の旅人の阿藤快さんは、おそらくはまだかなり暑いさなかを初秋の格好(長袖)をさせられて、汗だくになっていました。

いや、これ、気の毒じゃないですか?

まあ、何も考えない視聴者から、初秋なのに真夏の格好をしている!とかアホなクレームがくるための対策なのかもしれませんし、放送時期に合わせたものなのかもしれませんが、ドラマならともかく情報バラエティ番組なのですから、収録時期を冒頭に入れる(例えば「7月に収録しました」など)ことで、別に問題ないんじゃないかと思います。

セミがジンジ鳴いて、周りの一般の人は半袖シャツやTシャツ一枚、短パンなのに、長袖のコットンセーターを着させられているのは、気の毒ですし、見ていても汗だくなのはかえって不快感を覚えます。

2008年9月 5日 (金)

2009年版 ほぼ日手帳

ぼちぼち来年の手帳が店頭に並び始めるようになりましたね。

過去何度も書いていますが、私のスケジュール管理の基本はOutlook + Windows Mobile (今はEM・ONEα)ですが、仕事のほうでは補助的にAfternoon Teaのスタッフダイアリーを昨年から使っており、来年分もすでに購入しました。

それ以外では自宅で日記やメモ的に1日1ページものを二年前はほぼ日手帳、昨年はモレスキン、今年はほぼ日手帳with革カバーとしていました。モレスキンはやはり価格の割りに紙質悪すぎですし、一目で日本の祝祭日がわからないことからちょっとねぇ…。ほぼ日手帳は結構良くて気に入っていますが、ページ下部のお言葉がうざったい、。

今年も、お言葉には目を瞑ってほぼ日手帳かと思っていました、ここで発見したのが「ほぼ日手帳 COUSIN」です。大好きなA5サイズの1日1ページで書くスペースはタップリ。一番気に入ったのはお言葉がないことです。

というわけで、さっそくほぼ日ストアでポチりました。

2008年9月 4日 (木)

女の子でしょ!

廊下で爆睡中のマロン。
いかにも室内飼いの猫らしい、リラックスしきった姿です。

「マロン、女の子でしょ?その、お股おっぴろげーしょんはちょっと…」
「いいにゃんよ、涼しいにゃん、パパにゃんもやってみるにゃん」
「…」

20080904.jpg
(RICOH GR DIGITAL 2)

この本(↓)ですが、価格はとてもお安いのですが、なかなか面白い本です。
今まで「何故?」と思っていたことが結構書いてあったりします。


2008年9月 3日 (水)

リビングでうたた寝をしているマロンの眼のドアップ。

「眠いにゃん…Zzzz」

20080903.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

どうでもいいけど、ここまでドアップにすると、ちと怖いかも…。
ラグドールといえども、やはり猫の眼。

「パパにゃん、ひどいニャン、この写真アップしちゃダメにゃんよ」
「遅い、もうアップしちゃった!」
「ひっど~~い、パパにゃん!」

2008年9月 2日 (火)

何を見てる?

座って何かを見上げている…訳ではなくて、寝転んでいるんですけどね。

「また、カメラかにゃん…モデル代は高いにゃんよ」

20080902.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

2008年9月 1日 (月)

午後8時頃、爆睡中

お盆を過ぎてから朝晩はすっかり秋の気配が訪れた我が住まいでありますが、涼しくなると同時にマロンも爆睡時間が増加。

この日も、夕方の餌を少し(ROYAL CANINとモンプチを出したらモンプチだけ完食)食べて、あとは爆睡、爆睡、また爆睡。

「Zz.....」
「よく寝るねぇ…」
「Zz.....」

20080901.jpg
(RICOH GR DIGITAL 2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »