マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 渋谷のクリスピークリーム | トップページ | iPhoneって魅力なの?? »

2008年7月16日 (水)

おサイフケータイ故障の時は?

私の携帯(SoftBank 921SH)には、電子マネーとしてEdyとモバイルSuica定期券がアクティブになっていまして、それぞれチャージ残高と有効なモバイルSuica定期券がセットされています。

ここで考えておくべきが、故障・紛失・盗難・機種変更への対応です。機種変更は計画的に行うので周到に準備可能ですからたいした問題ではありませんが、いずれの場合も携帯を変更するときはそれなりの手続きで、チャージ残高や定期券を移動させることが可能ですので、イザッってときに慌てないように調べておきましょう。

まずはEdyのほうです。機種変更のときには旧機種と新機種でそれぞれ操作することで移行可能ですが、なんとなんと、手数料を105円も取られます!え?!お金とるの?って感じでありますな。

故障・紛失・盗難など旧機種が操作できない状況にあるときには、SoftBankやau、DoCoMoショップで修理依頼のときに所定の書類をもらって、それと申請書類を郵送するのだそうで、これはもうウルトラメチャクチャめんどくさい。さらに105円の手数料がかかります。特にショップで正規修理を受けてもらえないような怪しい白ロムのハンドセットでは要注意であります。安全対策としては、Edyのチャージは失っても諦められる程度の金額、例えば2000円とかにしておいて、こまめにチャージするのが正解であります。

次にモバイルSuica定期券。こちらは年会費をとるだけにサービスも充実しています。旧機種と新機種の双方が使用可能であればその場で残高移行と定期券移行が可能です。定期券はもちろんチャージ残高も新機種側での移行操作が終わればその瞬間から有効になって使えます。このような通常の移行操作であれば手数料はかからないようであります。

故障等で旧機種が使えない状況にあるときは、PCからインターネットにアクセスしてモバイルSuicaの会員サイトにログインして再発行登録の後、新機種で再発行操作(再発行登録した情報の受取り)を行うことで定期券はその瞬間から使えるようになります。ただしチャージ残高については、ホストコンピュータ側で確定処理が必要ということで再発行登録の翌日から使用可能になります。このように旧機種が使えない、すなわち再発行となる場合は、再発行手数料500円がとられますので、こちらはEdyよりかなり高いですが、そのかわりネット接続されたPCと新しい携帯があればその場で手続きが終了しまして、Edyのようにキャリアの所定の証明書、本人証明書(免許証の写し等)、申請書をそろえて郵送し手続きをまって…ということで、キャリアのショップへ行かなければならないことを考えると結構時間がかかることはありません。

もう一つ、特にモバイルSuica定期券で重要なのは、新機種が手元にあればそのまますぐに移行できるってことでして、故障であればSIMが無事であれば、モバイルSuica対応携帯さえ用意しておけばOK。SIMが使えない盗難などの場合はSIM再発行(SoftBankであれば1995円)が必要となりますが、これはショップでOK。

大切なのは、使える代替機種を用意しておくことですね。単なるSuicaやEdyならなくてもまあ数日くらいなんとかなりますが、定期券は特に遠距離通勤で切符で行くと高い場合はとても困りますものね。

え?私?はい、予備機あります。814SHを用意しております(笑)。前任の705NKはNOKIAなんでおサイフケータイ非対応(iPhoneと一緒)なので、どうせならってことで操作も非常によく似た世代の近い同一メーカーのハンドセットを用意してあります。ま、保険みたいなものですね。電話帳は「S! 電話帳バックアップ」を使っているので問題なしなのです。

« 渋谷のクリスピークリーム | トップページ | iPhoneって魅力なの?? »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おサイフケータイ故障の時は?:

« 渋谷のクリスピークリーム | トップページ | iPhoneって魅力なの?? »