マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の31件の記事

2008年7月31日 (木)

アマノのフリーズドライ

我が家のお気に入りの食品の一つが、アマノフーズのフリーズドライシリーズです。

味噌汁系は特に絶品だと思います。どれをとってもちょっとしたら来客なら出せるくらい。お歳暮、お中元シーズンのあとくらいに、お楽しみパックみたいなのがとてもお得な額で数量限定でアマノフーズから買えるのですが、これがバラエティに富んでいて、何が入っているのかいつもワクワクしながら開封しています。

今回もメールでお知らせがありましたので、速攻で発注。

20080731.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

スーパーやコンビニで見るとわかりますが、一食分は普通は100円を超えていますので、かなりお得なのです。またバラエティパックといえども、アマノフーズのフリーズドライは今のところ外した!ってものがないので、変なものにあたる心配もありません。

もちろん、妻の手作り味噌汁(インスタント出しや出し入りは絶対に使いません)が一番なのですが、インスタントではアマノフーズが群を抜いてトップだというのが我が家の一致した意見です。

2008年7月30日 (水)

MVPen

久々に超面白くて実用的な買い物です。

この春くらいから日本には出てきて、五月初めだったと思いますが、「トレンドたまご」でも紹介された、イスラエル製の先端ITツール、MVPenです。

機能などは、本家サイト(日本語)をごらんいただくとして、要は専用ペン(芯はゼブラ4C互換の汎用的なもの)で、普通の紙(広告の裏でもOK)に書くと、それが小型の専用ユニットに取り込まれて、手書きのままで二値画像としてPCに取り込め、さらに日本語OCRも付属していてそれでデジタル化することもできるというとんでもない代物。

価格が絶妙で、12,600円なんですね。これが数万円だったら絶対買いません。9,800円とかにすればもっと爆発的に売れるのではないかと思いますが、まあ、買ってみようかという値段であります。

[楽天市場] ムラウチにて

例えば、下の下手くそな字は、手近にあったチラシの裏に書いて取り込んだものです。

20080730.jpg
(MVPen利用)

メモなどをとって、あとから見ながら再度PCに打ち直したり、あるいはメモがどこへいったかわからないなんてことが頻発する人には救いの神になる可能性があります。

他の電子メモ類と決定的に違うのは、ノートやメモ用紙に普通のペンでのメモという強力なバックアップがあることです。電子ツールはPCなどに取り込む前に壊れたりするのが不安ですが、これは大丈夫。昔ながらの方法と最新のテクノロジとの組み合わせを実に簡単に安価にやってくれます。

2008年7月29日 (火)

チロルチョコ

先日、近所のショッピングセンターのクレーンゲームで、200円を投資してゲットしたチロルチョコであります。
数えてみたら77個ありました。

20080729.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

クレーンゲームといってもアームでつかむタイプじゃなくて、ショベルみたいなので小さな菓子をすくい上げて、前後する台の上に落とすもので、そこに重りがついた紐が置かれていて、菓子とともに紐を落とすと、上方に沢山ある景品がドバーっと落ちてくるもので、それがヒットしたわけであります。

2008年7月28日 (月)

マロンの脳内イメージ

ふと思い立って、マロンの脳内イメージを脳内メーカーで作ってみました。

20080728.gif
脳内メーカーにて作成

うーん、なんとコメントしたものか…。

2008年7月27日 (日)

猫チェック

20日の日曜日にAmazonに発注して、海の日である翌日21日の夜に届いたものがあります。
早速、マロンは「猫チェック」です。

「パパにゃん、これ何にゃん?マロンのオヤツかにゃ?」

20080727-1.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

いや~、ちと違うんだけどねぇ。
食べるものじゃないんだけど…。

20080727-2.jpg
(OLYMPUS E-500 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

「にゃーんだ、餌のにおいがしないにゃん、オモチャでもないにゃん?」

というわけで、HPの記念すべき電卓HP 35sの現代復刻版であります。
やはり、電卓はRPN(逆ポーランド記法)でなくてはいけません。
実際、長年RPNを使ってきた私がふつーの電卓を使うと、間違いの連続(苦笑)

2008年7月26日 (土)

おじぎそう

娘が買ってきたおじぎそうの新芽の部分です。

20080726.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

おじぎそうって、子供の頃はなかなか楽しい草でしたねぇ。そもそも植物のくせに触れると人の目に見える速度で動くってのがものすごいことのように思えました。

2008年7月25日 (金)

ベコニア

マロンが来てから、すっかり花とか自然の写真が顔を潜めました。いや、暑くなってきたので、カメラを持って昼間出かけたくないってのが主な理由ですが…。

というわけで、バルコニーで小さな花をつけたベコニアです。

20080725.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

2008年7月24日 (木)

なれの果て

これは…、猫草のなれの果て。

まあ、ちょっと飼い主の気が早かったというのもありますが、全く興味を示さないマロン。
これがレモングラスならかなり結果は違ったような気がしますが…(笑)

20080724.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)


2008年7月23日 (水)

お食事中にゃん

人、犬、猫と種類を問わず、食事中の姿をマジマジ見られるのは好きじゃないわけですが、あえて、ちょっと失礼してぱちり。

祭日(月曜日)の朝に食事中のマロンです。

20080723.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

マロンの餌は、サイエンスダイエット・プロのキトンです。

「うにゃ、パパにゃん、ニャにをしているのかにゃん?マロンは朝ご飯の途中だにゃん、じゃましないで欲しいにゃん」

2008年7月22日 (火)

箱が好きだにゃん

マロンは袋にはイマイチ興味を示しませんが、通販で何か届くと即猫チェックが入りまして、空き箱になると一度は入らないと気が済まない。いやぁ、猫って、箱が好きですねぇ。

20080722.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

「マロンは箱が大好きだニャン、でも、すぐ飽きちゃうニャン」

2008年7月21日 (月)

HPの電卓

プログラム電卓、パソコン全盛時代となってはかなり影が薄くなって絶滅危惧種に近い存在であります。

若い人、とりわけ文系の若い人にはわからないかもしれないでしょうけど、文字通りプログラミング可能な関数電卓なんですが、私にはかなり思い出深い存在です。

高校生のころ、理系コースで数学IIIまでありましたので、当時のカリキュラムにはアルゴリズムという単元があってフローチャートを書いて、実際にプログラム電卓を使ってプログラムを組むという授業がありました。私は、ここで初めてプログラミングなるものを経験して、プログラムを作ることに魅了されました。

当時は、パソコンはおろかBASICの動くマイコンすら無い時代でしたので、放課後に数学の先生に頼んで学校所有のプログラム電卓を使わせてもらい、教科書にはない問題を自分で考えてプログラムを作ったりしておりました。これをきっかけにコンピュータの世界へ入り込んだという、大げさに言えば私の人生の進路を決めた授業なのでありました。

さて、現在では仕事でもIT系の技術サポート部門の管理職をやっているわけで、直接プログラムを組むなんて無縁になりましたが、未だに時々無性にプログラム電卓が欲しくなります。猫が紐をみるとどうにも追いかけたくなるのと同じかもしれないです。

私がプログラム電卓に出会った時代からしばらくしてからポケットコンピュータ(通称「ポケコン」)なるものが出てきましたが、私が個人的に愛用していたのはHPのプログラム電卓でした。

HPは一時電卓から撤退しましたが、RPN(逆ポーランド記法)による計算ができるHPの電卓は常に私に欠かせないものでして、今での自宅や会社のデスクトップにはフリーのRPN計算ソフトが入っています。高校、大学とRPNの電卓を使ってきたので、なかなか普通の電卓には戻れないのですが、やはりHP電卓がいいなぁ…。

HPのプログラム電卓でRPNの使えるモデルでは、"HP 50G" がHPのプログラム関数電卓の最高峰になりますね。これ、欲しいっす。いや、でもね、今の仕事でこれを買ってどうするってのはありますし、現実問題関数の基礎ともいえる三角関数すら使わない(笑)。一般市民の実生活にいかに高等数学が無縁かって証明でもありますけど、頭の体操的にも欲しいっす。

PCやWindows Mobile上で動くHP 48Gシリーズや49Gシリーズのエミュレーターがあり、EM・ONEに入れていますが、うーん、やはり本物がいい!この、ソフト、PC上のものはEmu48といいましてHP電卓ファンにはかなりメジャーな存在だと思います(HPが公式にROMイメージを公開したので違法でもなんでもないです)が、動くようにインストールするのはちょっとめんどくさい。と思って探したらいいものがありました。

Hewlett-Packard Calculator Educalc.net

ここから、左側メニューで"+Freee Download"をクリックすると、"HP All-in-1 Graphing Calculator Emulator"というのがあって、ZIPファイルがダウンロードできます。解凍してできたフォルダのEmu48.exeをクリックするだけで、「HP 38G, HP 48G and HP 39G, HP 49G, HP 50G」と四種のHP関数/グラフ電卓がPC上で使えるようになります。これよ、これ、これっきやない、PC上ならば…。

ちなみに、マニュアルはUSAの本家HPのWebサイトから英語版が落とせます。興味のある方はがんばってください。

2008年7月20日 (日)

あぢぃ~~

先週、夜になっても暑かった日のマロン。
廊下でグデェ~としています。
でも、よーく見ると…、上半身?と下半身?が180度ずれてます。
まるで、エクソシストみたい。

20080720.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

「うにゃぁ、あぢぃ~、マロン、溶けちゃいそうだにゃぁ」

2008年7月19日 (土)

ネクタイを外しただけのクールビズ

クールビズも普及してきたようで、6月から9月くらいまでは多くの企業でネクタイを外して働く人を見かけるようになりました。私の職場は昔からスマートカジュアルなのであまり関係ないといえばないのですが、それでも本社などに行くときにはネクタイ不要になったのはありがたいことであります。

さて、クールビズ。電車の中で実に多く見られるのが、『普通のスーツ上下+ワイシャツでネクタイを外しただけのオジサン』であります。これ、女性の方はどう思います?私の目からみたら「センスがない」のみならず、むしろ「だらしなさだけが目に映る」のです。

ファッション業界の声を聞くまでもなく、ネクタイを外してもスマートに見せるにはそれなりの工夫が必要です。少なくとも、ダークスーツにノーマルのワイシャツで第一ボタンを外しネクタイをしていないだけってのは、相当にだらしなく見えるのは事実でして、下手すれば深夜の終電の酔っ払いと大差ないくらいに見えます。「お前さぁ、朝から、そのだらしない格好、なんなのさぁ?」って感じ。

ネクタイを外すにはやはりそれなりに首元がしまって見えないといけないわけで、シャツであれば私の場合は絶対ボタンダウンですねぇ。それも白無地よりは色ものや柄物のほうがいいと思います。スラックスはスーツのスラックスの流用じゃだめです。私の場合はトラッドな格好が多く、トラッドな格好ってのは例えばブレザーにスラックス、ボタンダウンとストライプのタイとかがベーシックですけど、大抵の場合はこれでネクタイを外してもおかしくは無い感じになります。少なくともダークスーツでネクタイを外しただけとは大分印象が違う。

クールビズな通勤電車の車内の風景で思うのは、クールビズこそサラリーマンの洋服のセンスが問われるってことです。それを問われるのがいやな人は素直にスーツにネクタイを着用したほうが無難ですぜ、ホント。

ま、若い男性はおしゃれだからほうっておいても大丈夫でしょう。むしろ問題なのは中高年男性です。中高年男性の奥様!クールビズは奥様のセンスも問われかねません…と個人的には思います。そういう意味で私は妻には恥ずかしい思いはさせていない「はず」です。

2008年7月18日 (金)

クレジットカードのモバイルSuicaでの不正利用

昨年末あたりから、クレジットカードの番号・有効期限などの情報が盗まれて(カードそのものは盗難されていない、いわゆるスキミングなどの被害でしょう)、それがモバイルSuicaに登録されて使われてしまったという報道がなされましたね。

これは実にお間抜けなことに、クレジットカードの有効性照会に関してカード番号と有効期限のみを使っていたということから起きたようです。さすがにこの冬から春にかけてシステムが改善されたようで、明らかにはなっていませんが、照合項目が増やされて、さらに私が登録したときにはクレジットカードのセキュリティコードも入力を要求されました。このセキュリティコードはクレジットカード自身には電子記録されておらず、サイン面に印刷され、あとはカード会社のホストコンピュータに入っているだけらしいので、クレジットカード情報を電子コピー&光学コピーの両方をしない限りは盗めないってやつですね。他には名前とか生年月日とか電話番号の入力がありますので、これらも照会している可能性大でありますね。他にはチャージは1日4万円を限度額とするといった対策も実施されていますが、十分大きいかと…。

さて、もう一つ、自分のクレジットカードをモバイルSuicaに登録されてしまうのが心配なら、クレジットカード一枚にのみ適用可能ですが、他人が不正に作ってしまう前に、自分でモバイルSuicaを作ってしまえばよいのです。モバイルSuicaとクレジットカード番号は一対一と決まっていますので、すでにモバイルSuicaに登録されたクレジットカードを他のモバイルSuicaに登録することはできません。裏を返せば、家族分のモバイルSuicaを作るには家族の人数だけ異なるクレジットカードが必要ということでありますが…。

2008年7月17日 (木)

iPhoneって魅力なの??

iPhoneを入手するために先週は日本のソフトバンクショップの前には前日から列ができてたそうでありまして、昔Appleユーザーで今はアンチApple&ウルトラアンチiPodな筆者としては、なんとも奇怪な減少に写ります。

さて、iPhone。いわゆるスマートフォンの類なので、フツーのケータイと比べちゃいかんのだと思いますが、それでもフツーのケータイと比べるとなんとも、筆者的には不都合がたくさん見えてきます。

○ SIMカードは専用で、既存機種との差し替えがきかない。
○ バッテリーはユーザーが交換できない。
○ おサイフケータイが使えない。
○ 絵文字、デコメが使えない。
○ ワンセグがない。
○ キーボードがないので、メールのタッチタイプが厳しい。
○ ストラップ穴がない(笑)。

これらの欠点は、携帯を一台だけ持とう!って場合の欠点であって、いわゆるフツーの日本的ケータイをすでに持っていて、二台目を高級電子玩具的に使いたいという場合には、これは面白いかもしれないと思いますが、結局ネットアクセス機能をもったiPodじゃんかよ~とか思っちゃいますねぇ。これって私が愛用しているemobileのEM・ONEαに近い位置づけだなぁ、と感じます。

Webを見ていると、ワンセグ非対応という点について、YouTube対応だからそれでいいじゃん、ってことを堂々と書いている某メジャー情報サイトがあるんですが、本気でそんなことを書いているのか?と我が目を疑いました。YouTubeは「リアルタイム性」ってことでどうあがいてもテレビ放送には勝てないですし、情報の質という点からも疑問がありますけどねぇ。怪しいものを見たいなら別ですが…。

最後のストラップ穴がないってやつ。これ、私のようにストラップがないと怖いって人には結構致命的。まあ、シリコンケースでストラップ穴付きってやつもあるようですからそれを使うしかないそうであります。

海外製携帯(ハンドセット)に関しては、筆者としてはNOKIA以外にはありえないだろう!ってくらいのNOKIAファンです。N73(SoftBank 705NK)も結構愛用しておりました。上記の欠点でいえば、ワンセグとデコメとおサイフケータイはアウトでありますが、SIMは共通でバッテリーは普通にユーザー交換可能、フツーにキーボードがありますから、タッチタイプOK。何よりUIは日本製とかなり違いますが、これが実によくできていまして、海外に出張や旅行で行って現地でNOKIAの携帯を借りたりしたときも何の違和感もなく使えます。

ともあれ、iPhone一発目がauやDoCoMoから出なかったことだけはSoftBankユーザーとしては大いに評価したいところであります。

2008年7月16日 (水)

おサイフケータイ故障の時は?

私の携帯(SoftBank 921SH)には、電子マネーとしてEdyとモバイルSuica定期券がアクティブになっていまして、それぞれチャージ残高と有効なモバイルSuica定期券がセットされています。

ここで考えておくべきが、故障・紛失・盗難・機種変更への対応です。機種変更は計画的に行うので周到に準備可能ですからたいした問題ではありませんが、いずれの場合も携帯を変更するときはそれなりの手続きで、チャージ残高や定期券を移動させることが可能ですので、イザッってときに慌てないように調べておきましょう。

まずはEdyのほうです。機種変更のときには旧機種と新機種でそれぞれ操作することで移行可能ですが、なんとなんと、手数料を105円も取られます!え?!お金とるの?って感じでありますな。

故障・紛失・盗難など旧機種が操作できない状況にあるときには、SoftBankやau、DoCoMoショップで修理依頼のときに所定の書類をもらって、それと申請書類を郵送するのだそうで、これはもうウルトラメチャクチャめんどくさい。さらに105円の手数料がかかります。特にショップで正規修理を受けてもらえないような怪しい白ロムのハンドセットでは要注意であります。安全対策としては、Edyのチャージは失っても諦められる程度の金額、例えば2000円とかにしておいて、こまめにチャージするのが正解であります。

次にモバイルSuica定期券。こちらは年会費をとるだけにサービスも充実しています。旧機種と新機種の双方が使用可能であればその場で残高移行と定期券移行が可能です。定期券はもちろんチャージ残高も新機種側での移行操作が終わればその瞬間から有効になって使えます。このような通常の移行操作であれば手数料はかからないようであります。

故障等で旧機種が使えない状況にあるときは、PCからインターネットにアクセスしてモバイルSuicaの会員サイトにログインして再発行登録の後、新機種で再発行操作(再発行登録した情報の受取り)を行うことで定期券はその瞬間から使えるようになります。ただしチャージ残高については、ホストコンピュータ側で確定処理が必要ということで再発行登録の翌日から使用可能になります。このように旧機種が使えない、すなわち再発行となる場合は、再発行手数料500円がとられますので、こちらはEdyよりかなり高いですが、そのかわりネット接続されたPCと新しい携帯があればその場で手続きが終了しまして、Edyのようにキャリアの所定の証明書、本人証明書(免許証の写し等)、申請書をそろえて郵送し手続きをまって…ということで、キャリアのショップへ行かなければならないことを考えると結構時間がかかることはありません。

もう一つ、特にモバイルSuica定期券で重要なのは、新機種が手元にあればそのまますぐに移行できるってことでして、故障であればSIMが無事であれば、モバイルSuica対応携帯さえ用意しておけばOK。SIMが使えない盗難などの場合はSIM再発行(SoftBankであれば1995円)が必要となりますが、これはショップでOK。

大切なのは、使える代替機種を用意しておくことですね。単なるSuicaやEdyならなくてもまあ数日くらいなんとかなりますが、定期券は特に遠距離通勤で切符で行くと高い場合はとても困りますものね。

え?私?はい、予備機あります。814SHを用意しております(笑)。前任の705NKはNOKIAなんでおサイフケータイ非対応(iPhoneと一緒)なので、どうせならってことで操作も非常によく似た世代の近い同一メーカーのハンドセットを用意してあります。ま、保険みたいなものですね。電話帳は「S! 電話帳バックアップ」を使っているので問題なしなのです。

2008年7月15日 (火)

渋谷のクリスピークリーム

副都心線の開業と同時にオープンしたのがクリスピークリーム渋谷店、正確な店名は「クリスピー・クリーム・ドーナツ 渋谷シネタワー店」というそうです。

また、あまり知られていないからでしょうか、他の店に比べると圧倒的に待ち時間が少ないようなので、買ってみました。

20080715.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

私が買ったとき(平日の昼間)も、待ち時間は五分少々と、あっという間でして、試食のドーナツを食べる暇もないくらいでありました。

買ったのはもちろん「オリジナルグレイズド」です。これぞクリスピークリームの王道のドーナツであります。

2008年7月14日 (月)

虚ろな眼差し

お気に入りの場所の一つでウトウトしているマロン。
ふと、眼をあけてもなんとなく虚ろな眼差しであります。

20080714.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

「うにゃ~、安眠妨害だにゃん、カメラ嫌いだにゃん」

2008年7月13日 (日)

海鮮三崎港

昨日のお昼は、海鮮三崎港特上海鮮丼でした。

20080713.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

普通の海鮮ちらしも以前食べたことがありますが、やはり特上海鮮丼のほうが豪華でおいしいですねぇ。生のタラバガニの足が入っているのはちょっとうれしいですね。厚焼き玉子がサイの目切りになっているのはいただけません、やはり普通にスライスしたものを乗せて欲しいのであります。サーモンも厚切りでしたし、結構良かったですね。

ちなみに、8月31日までなら、このサイトに500円クーポン(2000以上の会計合計時に適用可能)がありますので、お得なのであります。いや、別に、京樽の回し者じゃないですので、念のため。

2008年7月12日 (土)

モバイルSuica定期券

3月15日から、Pasmo/Suicaの連絡定期券が使える範囲が広がりまして、三社(JR+東京メトロ+某私鉄)を、途中改札を一度も通らずに自宅最寄り駅から勤務先最寄り駅まで行けてしまう私も、無事磁気定期券からSuicaに脱出できました。

この時点では、実はSuicaとモバイルSuicaの定期券では連絡定期券については使える範囲が異なりまして、モバイルSuicaの連絡定期券の範囲は異様に狭かったのですが、6月14日からSuica定期券もモバイルSuica定期券もまったく同じ範囲の連絡定期券を購入できるようになりました。

というわけで先週末ですが、Suica定期券からモバイルSuica定期券に移行しました。モバイルSuicaを携帯電話から登録する初回に限って、その場で(つまり窓口に行くことなく)Suica定期券からモバイルSuica定期券に移行できるのはびっくりでした。ただしSFの残高はシステム上翌朝以降でないとモバイルSuicaには以降できませんけどね。

比較的簡単な操作で無事モバイルSuica定期券に移行できました。これでお出かけ/出勤のときに「定期券を忘れた!」ってことがなくなります。週末前後にバッグ(ビジネス⇔カジュアル)を変えると入れっぱなしの定期入れの入れ替えを忘れるってことがありますが、このときでも携帯を持ち忘れることはないので、通勤だけなら最悪携帯(モバイルSuica定期券とEdyがアクティブになっています)さえあればなんとかなります。会社近所のコンビニはEdyかSuicaが使えますからお昼の調達はそこでなんとかなるし、チャージが足りなければモバイルSuicaもケータイEdyも携帯だけでチャージできますからね。

さて、使ってみてわかったのは、定期入れを取り出すより携帯を取り出すほうが早いので、たいした手間ではないですが、モバイルSuicaのほうが圧倒的に便利だということ。駅の売店や自販機しかり、スーパー(一部のスーパーはEdyかSuica/Pasmoが使えます)しかり、当然改札しかり。財布すら出す必要がありません。また、使用履歴がその場で内蔵ICカードから表示できる(通信しなくても)ので、これまた交通費精算などでも便利なのであります。

こうした便利さにはもちろん裏もあるわけですが、それを理解してきちんと管理もしていれば問題なし、だというのが私流の結論。

便利になったものでありますな。

2008年7月11日 (金)

The Daily Yomiuri

今週から、The Daily Yomiuriの購読を始めました。自宅購読は読売新聞ですが、大分前から出勤前に最寄り駅で日本経済新聞を買っていました。何ヶ月か日経を読んでいましたが、正直言ってかなり嫌になりました。日経はネットは紙面記事の分量の1/3ほどに押さえているそうですが、一般サラリーマンとしてはその1/3でも十分じゃないかと思いましたね。

「日経に出てたろう…」とか「日経に書いてあった…」と何かというと日経を引き合いに出す人がどこの職場の上司にも一人や二人はいるようですが、個人的にはそういうのはどうにも好きになれない。確かに仕事の特定領域に関しては日経の記事はとても役立つでしょうが、どうにもそれに染まりすぎの人が多すぎるように思います。理解しておくべきことは日経といえどもそこは営利企業ですから、記事の取り上げ方やそもそも記事にとりあげるか否かというのも極論すれば日経の方針にしたがっているわけで、日経なりに偏った報道であることを理解しておくべきです。電車の中で濃紺のスーツ姿の人が皆さん判で押したように日経を縦に細く折って読んでいるのってかなり不気味ですらあります。それに日経って、ページ数は多いですがその分やたら全面広告が多くて、記事写真はモノクロでも広告はカラーなんてのがざらにあってこれはなんだかなぁ、ここで経費稼いでいるんだなぁって露骨に感じるのであります。ともあれ以前にも書いたように、日経オンリーってのは、これはいかん!と日経を数ヶ月読んで大いに反省しました。

話が支離滅裂ですが、とにかく駅売店で一ヶ月ほどThe Daily Yomiuriを買ってから購読を始めました。日本で買えるメジャーな日刊英字紙というと、The Daily Yomiuri
Japan TimesInternational Herald Tribune (IHT)があります。英語の難しい順では、IHT>The Japan Times>The Daily Yomiuriでしょう。ただしこの難しさには、IHTが取り上げるのは日本の国内の話じゃないので、そもそも背景知識がないから、英語がわかっても意味がわからんってのがたくさんありますから、結果的に難しく感じるってのもあるとは思います。

The Daily Yomiuriは、背景知識があることも手伝って比較的やさしいと思われますが、一方で一部日本人からは英語がなっていないとかの批判があるようです。ここで考えるべきは、批判をしているのも所詮は英語を母国語としないであろう日本人諸氏であって、読者も批判する方も記者の大半も英語をsecond languageとする人なのです。所詮ネイティブではないのですもの、気にすることはないです。そういう人の中にはUSA TODAY信奉者もいたりして、これには苦笑してしまいます。紙面構成を他の米紙と比べると読者層のレベルをかなり広げていることがわかります。平たくいえば、比較して批判するなら英国の"The Times"あたりと比べたほうがいいんじゃないですかぁ、とか思ったりします。いえ、USA TODAYが悪いってわけじゃないです。以前、ハワイ旅行(一人でも家族でも)行ったときには、よく買っていました。いかにもアメリカ庶民的な新聞でなじみやすいなぁ、そういう意味でよくできているなぁ、と思います。

ま、ごちゃごちゃ言っても仕方ないです。自分のレベルにあった気に入った英字紙を読めばよいのです。個人的にはThe Japan Timesが好きになれないだけであります。IHTはたまに読みたくなるので、その時は駅売店で買いますけどね。だって、購読すると高いんだもん(笑)。

2008年7月10日 (木)

Muffin Break?

オーストラリアやニュージーランドへ行くと滞在中必ず何度か利用するのがMuffin Breakです。残念ながら日本にはお店はありませんが、それに近い味わいのが、BAGEL & BAGELです。

20080710a.jpg
(OLYMPUS E-500 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

上の写真はダブルチョコチップ、下の写真はプレーンです。

20080710b.jpg
(OLYMPUS E-500 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

形がやや不細工なところもMuffin Breakと似てる(笑)。甘さ控えめでしっとりとしていて好きです。

2008年7月 9日 (水)

ぬいぐるみ

ラグドール(ragdoll)はぬいぐるみの意味なのだそうでありますが、この写真は文字通りぬいぐるみに混じってくつろぐぬいぐるみであります。

20080709.jpg
(OLYMPUS E-500 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

「にゃにか、用かニャン?かくれんぼしているニャン」

2008年7月 8日 (火)

Celltei社Pack-o-Pet

瑠璃色の瞳 ~madonna blue Dolly~のサイトを拝見して知ったキャリーのCelltei社Pack-o-Pet (Small)ですが、いいなぁ、いいなぁ、あれ、いいなぁと思っていたのを入手できました。入手先はおそらくcrystalさんと同じお店でしょうが、私のほうは某オク利用です。

色は、今あるもう一つのキャリーが赤なので、やはり同系色にしました。

20080708.jpg
(RICOH GR DIGITAL II)

今までのキャリーはマロンは好みではなかったようですが、Celltei社Pack-o-Pet (Small)のほうは、時々自主的に入ってくれます。

買って良かったです。

2008年7月 7日 (月)

毎週シャンプー

あたち、マロンでしゅ。
五ヶ月になりまちた。

でもね、この間の土曜日に、ウンチしたあと、パパもママも気づかなくて、チャンス!と思って、思いっきり猫砂をかきまぜまちた。ウンチがどうなったかなってマロンには関係ないもん。

しばらくして、ママが気づいて、パパがマロンをトイレから強制撤収したの。
で、足とかおしりをペット用ムースで拭いてくれたのだけれど、まだ、くちゃい!だって。

結局、マロンはその場でお風呂場につれてゆかれてシャンプーされちゃったの。
毎週、シャンプーされて、猫としてはちょっとヤナ気分。
でも、きれいになって気持ちいい!

20080707.jpg
(OLYMPUS E-500, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

マロンは朝食後にウンチをするので、それまではマロンに注意を払っていてウンチをしたらすぐに処理するのですが、この日は油断していました。しかし、ウンチ足で歩き回られる前だったので、助かりましたが、その分からだが何かウンチ臭い!で、シャンプー…。

※写真は2週前のシャンプーのときのものです。

猫は犬と違ってトイレを覚えるのは抜群に速い(マロンは一発で覚えました)のですが、ウンチのあと足とか長毛種だとお尻にウンチかすとかつけちゃいますよねぇ。皆さんどうしているのでしょうか…。オシッコは心配ないのですけど…。

2008年7月 6日 (日)

燃料特別付加運賃

例年であれば、夏の海外旅行もとっくに予約済み(アコモデーションとエアーそれぞれ自分でネット経由で手配です)で、今頃は現地のプランをあれこれ練っているころです。

しかし、昨年はマンションを買って引越しをしたので海外旅行はパスとなりましたし、今年は可愛い子猫のマロンがいるのでパスとなっています。

それにしても、原油の高騰(英語のニュースでは "skyrocketing oil prices" などと表現されています)には恐るべきものがあり、NY商業取引所の価格では原油1バレルあたりなんとUS$140を突破しており、これは2003~2004年のUS$40の三倍以上の価格でして、特に昨年からの高騰がむちゃくちゃであります。サブプライムローン問題で投機マネーが行き場を失って石油に流れいていてそれが高騰を招いているという説に個人的には同感だと思いますが、いずれにせよ単なる需給関係での高騰ではありません。

ともあれ、そうした原油高騰を受けてありとあらゆるもの(そりゃそうでしょう、今の私たちの文明生活はパソコンから農畜産物にいたるまで石油なしでは存在し得ないくらいですから)が値上がりし、石油を鬼のように食う飛行機にいたっては「燃料特別付加運賃」も恐ろしい価格になっています。

私がいつも使うJALでは、日本からオセアニアの間は片道なんと28,000円の燃料特別付加運賃がかかります。一人で往復すると運賃そのものは例えばマイレージを使って特典航空券でカバーできても、56,000円も支払うことになります。家族で行く孫空14(タイプC)の運賃以外に、168,000円もの追加料金が必要になります。

いくらなんでも…。カンタス航空も同額を設定しておりますが、こちらは値下げの条件がこまかく書かれていまして、NY原油がUS$50/バレルを下回ったら廃止するってことで、まあ、現実に廃止は無理でも1万円/片道を切るにはNY原油がUS$80/バレルにまで下がる必要があり、これはもう下がる見込みが薄い絶望的な価格なのであります。

そういうわけで「おじさん海外一人旅」は当面お預けでして、その分国内一人旅を企てています。今のところ9月に金沢方面ですでに予約済みですけどね。

それにしても、「おじさん海外一人旅」が復活できるくらい「燃料特別付加運賃」は下がるのでしょうか…。かなり絶望的かも。

2008年7月 5日 (土)

ペットショップはアフタービジネス

それまで雑種の犬しか飼ったことがなかったのですが、今回血統書付きの猫を飼ってみて実感したことは、ペットショップはアフタービジネスであるということです。

アフタービジネスとはすなわち、身近な例で言えばインクジェットプリンタと同じでして、プリンタ本体よりもその後のインクの売り上げで利益を生み出すというビジネスのことであります。

マロンの例でいえば、ペットショップでは仕入れた?子猫や子犬にはプレミアフードを与えておき、買い手には最初は同じものを食べさせるほうがよい(そりゃそうです)ということで、高価なプレミアフードを買ってもらう。さらに室内外の猫であればトイレのペットシートや猫砂、あるいは消臭スプレーといった消耗品も継続的に売れるわけです。ケージやキャットタワーは一発屋でして一回買えばそうそう買い換えるものではないですが、フードやトイレ用品などは継続的に確実に売れますからね。

ただ、最近はインターネットショッピングの普及のおかげで、そうした消耗品もショップよりはネットのほうが安くで買えることも多い(実際、ほとんどの消耗品は楽天で買ってます)ので、ショップ側もアフタービジネス(消耗品ビジネス)という構図もきびしくなっているかもしれませんね。

ところで、消耗品といえば猫のトイレ用スプレーも必要ですよね。今はきれいのミストの猫トイレを使っていますが、これ、ハーブっぽい匂いがして飼い主夫婦にとってはあまりいいにおいではないのです。最初にかった光消臭スプレーが無臭で消臭効果も高くて結構よかったので、今のがなくなったらまた光消臭スプレーにしょうかと思います。

光消臭&銀抗菌 光消臭スプレー 300ml


ちなみにマロンの餌はこちらです。

サイエンスダイエットプロ キトン幼猫、母猫用 3kg

2008年7月 4日 (金)

ネスカフェ ドルチェ グスト

先週の日曜日でしたが、近くのセブン・アンド・ワイ系列のショッピングセンターで「ネスカフェ ドルチェ グスト」の試飲が行われていましたので、買い物ついでに妻と頂いてきました。

ネスカフェ ドルチェ グスト
http://jp.dolce-gusto.com/

平日は、良くあるドリップバッグのコーヒーをオフィスで毎朝飲んでいますが、実のところカプチーノが大好きです。特にスターバックスに行くと飲むのは大抵カプチーノ。

このカプチーノが家で飲めれば…と思って、市販の家庭用エスプレッソメーカーを検討したこともありましたが、それなりに安くないのと、面倒そうなので断念して久しいです。

店頭での試飲デモを見ると、いや、これは実に簡単であります。ランニングコストはカプチーノで一杯100円程度。スターバックス(自宅のすぐ近くにもあります)ですと、カプチーノが310円ですから、差額は210円。でもって、ネスカフェ ドルチェ グストの本体価格が14,800円ですので、break-even point (損益分岐点)はおよそ70杯ということになります。

買うほどでもないですが、安く買えるなら欲しいところ…かも。

2008年7月 3日 (木)

ジャンピン グ~

妻がマロンをネズミのオモチャで遊ばせているところです。

いや、本当は、もっとパシっと撮りたかったのですが、ジャンプはあまりに早くてデジタル一眼といえどもAFは無理なので、置きピンで。明るければ、連写できるのですが、曇った室内なので外付けのガイドナンバー50のストロボを使いました。

20080703.jpg
(OLYMPUS E-500, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

「うにゃ~、ニャンぴんグ~!」

2008年7月 2日 (水)

ケーキになったマロン

マロンのケーキです。

20080702.jpg
(OLYMPUS E-500, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

いや、別に猫用ケーキじゃなくて、栗のマロンが入った三角ケーキ。
このシリーズには、メープルもあって、実はメープルが一番好きなんですけどね。
「マロン」って文字に惹かれて買いました。

2008年7月 1日 (火)

紐が大好きだにゃん

妻が買い物をして不要になったショッピング袋から抜き出した赤い紐にじゃれるマロン。

20080701.jpg
(OLYMPUS E-500, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

「もう、だめにゃん、がまんできないにゃん。本能が疼くにゃん」

紐とじゃれている猫って結構怖いというか狩りを想起させますね。
愛玩犬では殆ど見ることができない表情ですが、おっとりしたラグドールですらやはり猫は猫、いいですねぇ、こういう表情!

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »