マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« LUMIX DMC-LX2 | トップページ | ポインセチア »

2008年1月20日 (日)

デジカメ遍歴

スタパ斎藤氏がスタパブログの1月20日の中で「100台(オーバー)の内訳」という記事を書いておられます。

これ、すごいですねぇ。一台3万円として300万円以上、ってかかれていますが、実際には平均3万円ってことはないので、数百万円ですね。同記事の最初のデジカメがリコー DC-1ですが、DC-1ってのは1995年5月に発売されていますから、約10年の間に100台ってから、年間10台、毎月1台近いって考えるとかなり凄い。

スタパ斎藤氏の真似をして私もデジカメ遍歴を表にしてみました。

No. メーカー名 機種名
1 OLYMPUS C-820L
2 RICOH DC-3Z
3 SANYO DSC-SX150
4 SANYO DSC-MZ1
5 MINOLTA DiMAGE 7
6 CANON IXY DIGITAL 200a
7 PENTAX Optio S4
8 CANON PowerShot A80
9 MINOLTA DiMAGE Z1
10 MINOLTA DiMAGE Z3
11 MINOLTA DiMAGE A1
12 OLYMPUS E-1 (28-54mm付き)
13 RICOH Caplio R1
14 NIKON COOLPIX 4200
15 RICOH Caplio R2
16 RICOH Caplio GX
17 RICOH Caplio R3
18 PENTAX Optio S5z
19 RICOH GR DIGITAL
20 RICOH Caplio GX8
21 PANASONIC DMC-TZ1
22 PANASONIC DMC-FZ50
23 OLYMPUS E-500 (ボディ)
24 PANASONIC DMC-FX33


最初のC-820Lを買ったのが1997年7月ですから、約10年間であります。10年の間に24台ですから年間2.4台。まあ、半年に1台ですね。

年別に見ると2000年と2003年は一台も購入しておりませんが、2004年は物欲全開で10台ですわ(爆)。このときはCANON(PowerShot A80)、MINOLTA(DiMAGE Z1, Z3, A1)、NIKON(COOLPIX 4200)といろいろ手を出した時でもありますが、結局MINOLTAには満足できず。A1ですらダメでありました。唯一満足感が高かったのがE-1ですね、これは今も我らがトップスターであります。で、で、翌年にRICOHという当面の安住の地を見つけたのですが、レンズ故障に一気に冷水を浴びせられGR DIGITAL以外は手放し、PANASONICに傾倒。

RICOHはGR DIGITAL以外はもう少し画質がなんとかならんかと思いますが、一方で積極的にファームをアップデートするのはとてもいいですよね。一方で、Panasonicはファームのアップデートなんてしないですもの。まあ、その必要がないのかもしれませんが…。そんなことするなら新機種にして出してしまえ?って感じ。

さて、これらの24台のうち、ほとんどは売却したりで手放しており、現在手元にあるのは、E-1、Optio S5z、LUMIC TZ1、LUMIX FZ50、E-500、LUMIX FX33です。

傾向としては、SANYO→MINOLTA→RICOH→PANASONICってところで、先ほど書いたとおりCANONやPENTAXやNIKONが入っていますね(笑)。そして残ったコンデジは娘が主につかっているOptio S5zとGR DIGITAL以外はPANASONICだけになりました。

RIOCHは独特の癖があってとてもおもしろいカメラを作りますが、高倍率を誇るCaplio Rシリーズはそのレンズの構造からレンズが引っ込まなくなる特有の病気があるようで、実際私もケアンズでCaplio R3がそのトラブルに見舞われました。以来、GR DIGITALを残して今後RICOHのコンデジには手を出さないことを決めましたねぇ。GR DIGITALもパワーオンしてレンズが繰り出すときの音が以前より心なしかビミョーにヘンな気がするんですけどぉ…。大丈夫かぁ?

さて、LUMIXシリーズですが、でかいのはFZ50、小さいのはFX33で、中間がTZ1(きみまろズームの前任機)なのですが、私にはRICOHよりいいかも…です。操作性も良いです。パワースイッチはスライド式なので、バッグやポケットの中で何かに押されてうっかり電源が入ってしまいレンズが繰り出したりすることがありません。RICOHでは何度か経験しましたが、ありゃよくないです。

一眼はオリンパスなんですが、コンパクトのほうは当面PANASONIC路線が続くと思います。結構、楽しいんですよ、PANASONICのコンデジ。

« LUMIX DMC-LX2 | トップページ | ポインセチア »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ遍歴:

« LUMIX DMC-LX2 | トップページ | ポインセチア »