マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« PILOT EXECT 4C | トップページ | X01TとAdvanced W-ZERO3 [es] (アドエス) »

2007年12月10日 (月)

SoftBank X01T

SoftBankからXシリーズのスマートフォン第三弾である東芝X01Tが出ましたね。

私の携帯は現在はSoftBank 705NK (Nokia N73)ですんで、白ロムのX01Tを買うか正規に機種変更すれば、いつでもX01Tに乗り換えが可能で、同時にWillcomを廃止すると、今二台でやっていることが一台で済むようになりますし、料金的にもそのほうがお得でありして、ネットの接続速度もX01Tのほうが速いと推測できます。

しかし、ひっかかるのはX01Tのメモリ。アドエスのフラッシュは256MBですが、X01Tは128MBですから、うーん。本体フラッシュはアプリケーションインストールに使いますので、ユーザーエリアが小さいのはとても大きな問題です。メモリカードのほうにインストールしてはうまく動かないソフトってのがやはりありますからねぇ。

それにアドエスのほうが、対応するフリーソフトが多いです、って当たり前。また、何よりも、バッテリーがどうもX01Tは弱いというか、駆動時間が短いという話もありまして、これは携帯と一緒になっていることの宿命でしょうか。アドエスだってヘビーに使えば長くはないですが、仮にこちらのバッテリーがあがっても、携帯を別にもっていればそちらには影響はないですものね。

アドエスのほうは年間契約で更新が12月中旬なのでそこから一ヶ月間の猶予があります。迷うならこの1ヶ月(笑)。あるいは、メモリ増強されたX02Tが来年にでも出るでしょうからそれを待つのが得策かも。

X01Tのスペックを見てあらためて気づきました。フラッシュメモリ128MBのうち公表値ではユーザーエリアはたったの32MB!しかないじゃないですか。アドエスの前任機種であるW-ZERO3 [es]でも128MBでユーザーエリア64MBなんですよ。ユーザーエリア32MBってさ、昔のWindows CE時代のふるーいモデル並じゃないですか。

ダメだ!これは…。いや、アプリを追加インストールしないで、まんま使うひとならOKでしょう。それ以外のヘビーユーザーには…きゃはは、だめだめじゃん!

« PILOT EXECT 4C | トップページ | X01TとAdvanced W-ZERO3 [es] (アドエス) »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SoftBank X01T:

« PILOT EXECT 4C | トップページ | X01TとAdvanced W-ZERO3 [es] (アドエス) »