マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の28件の記事

2007年12月31日 (月)

尾道の猫

広島旅行三日目には、足をのばして尾道まで行きました。

昨年、一人旅で倉敷へ行ったときにも尾道に足を伸ばしましたが、尾道へは広島市からよりも倉敷からのほうが近いんです。倉敷から尾道まで一時間ほどで、広島市からだと一時間半くらいかかります。

尾道といえば、石畳に石段。それに猫。

20071231.jpg
(Panasonic LUMIX DMC-FZ50)

何故か、尾道には猫が多いです。猫が何気なくそこら中にいるここの風景が好きです。宅配便泣かせとも思えるこの急な石畳の道や石段ですが、それ故に昔からの風情が保たれているのですね。

倉敷、大好きな街の一つです。

2007年12月30日 (日)

もぐり寿司

もぐり寿司ってのは広島名物の駅弁らしいのですが、こちらは駅ホームの立ち食い蕎麦スタンド脇で見つけたもの。

20071230.jpg
(Panasonic LUMIX DMC-FZ50)

駅弁というよりは、スーパーの総菜コーナーのパックって感じです(笑)。

もぐり寿司って名前、実は、ここで初めて知りました。一見ちらし寿司(関東でいうバラちらし)に見えますが、中にさらに具がはいっているそうなのですが……この写真でみるものはどうみてもちらし寿司ですけどぉ…。

買えば良かった、とちょっと後悔。

2007年12月29日 (土)

LUMIX DMC-FX33

あゆのスゴうすのCMでおなじみの、LUMIX DMC-FX33であります。ビックカメラの店頭販売で、ポイント15%差し引きで考えると、価格.comの最安値よりさらに安くなりました。

20071229.jpg
(Panasonic LUMIX DMC-FZ50)

このカメラのウリは、まずは軽量小型で薄いってことですが、もう一つiA搭載ってやつですね。従来のオートから格段に進化して、人物、風景、マクロ、夜景&人物、夜景の五種類のシーンから自動的に選んでくれるというもので、撮影するほうは実に簡単で本当にシャッターボタンを押すだけであります。

ターゲットは若い女性がメインだと思うのですが、カメラ自身の設定などにあれこれ気を遣わずに、撮ることだけに専念できるというのは、ある意味いいものだと思うのです。

フルオートをさらに進めたiAといった機能を馬鹿にするマニアもいなくはなさそうでありますが、それはちょっと違うのではないかと、デジタル一眼も好きな私は思うのです。特に撮影目的でもない家族旅行では、扱いに手間のかかるデジタル一眼よりは、FZ50やTZ1などの扱いの簡単な高倍率、あるいはFX33のように自動化が進んで、これといったシーンを無難に撮影できるカメラが力を発揮すると思います。マニアックなところを求めるなら、GR DIGITALとかGX100でしょうか。

さて、FX33。まだ一日しかたっておりません。この年末年始のおでかけにはこれを持ち歩くとしましょう。

2007年12月28日 (金)

クリスマスの広島(パセーラ)

私の広島でのお気に入りの宿は、リーガロイヤルホテル広島です。

広島へはJALを使ってゆくので、広島空港からのバスは広島駅か広島バスセンター行きがメインとなり、広島の中心部といってよいところにあるバスセンターに隣接して雨でもぬれることなく行けるリーガロイヤルホテル広島がいいのです。

クリスマスの時期に行きますと、電飾がとてもきれいなんですよね。写真はバスセンター、そごう、リーガロイヤルホテル広島と一塊になっているなかのファッション系ショッピングビルのパセーラです。先日のテレビで秋川雅史さんが、「千の風になって」を歌っていたのもここです。

20071228.jpg
(Panasonic LUMIC DMC-FZ50)

広島、私の大好きな街です。

2007年12月27日 (木)

Panasonic LUMIX DMC-FZ50をお伴に…

実は、家族で広島クリスマス旅行をしておりました。

お伴のデジカメは常連のRICOH GR DIGITALと、もう一台はPanasonic LUMIC DMC-TZ1を準備しておりましたが、直前になって、DMC-TZ1をDMC-FZ50に入れえました。嵩張るかなぁと思いましたが、FZ50はまだいちども遠出していないので良いチャンスです。

結論から言いますと、三泊四日の広島旅行中に、GR DIGITALを出すこともなく終始FZ50ばかりでありました。RICOHのデジカメの特徴といいますか欠点といいますか、とにかくフラッシュ撮影での調光がボロボロなんですよねぇ。ワイド端が35mm相当なんで、どうかなぁと思いましたが、物足りなさはあるものの、どうしても28mm相当がほしければGR DIGITALを使えばよいだけなので気楽ですね。

撮影目的でもない旅行においては、むしろ38~420mm相当のズームはかなり効果的ですね。パッと見つけてさくっと撮りたいことが多くなりますから、ああでもないこうでもないと自分が動き回ることは無理なので高倍率ズームは非常に役に立ちます。

また、フリーアングル液晶モニターも結構役に立ちます。これがあることで自分の立ち位置や姿勢を大きく変えることなく、カメラポジションの自由度が大幅に上がりますから。これがファインダーと固定液晶モニターではどうしてもカメラ背面に貌を向けないといけないのでなかなか厳しいことも少なからずありますね。

FZ50と三泊四日をともにした旅カメに求める用件は…

○ フラッシュは自動ポップアップではなく手動で撮影者の意図により確実に制御できること。すなわち、フラッシュ禁止の場所などでうっかり発光を防ぐためであります。
○ フリーアングル液晶(バリアングル液晶)は非常に有用。
○ 一本のレンズで広範囲の焦点距離をカバーできる高倍率ズーム(10倍以上)は必須。
○ 手ぶれ補正必須。

これら四つの条件を満たすもので、なおかつワイド端解放F値がF2.8以下のものとなると、現行モデルではDMC-FZ50かCANON PowerShot S5 ISくらいしかないですねぇ。個人的にキヤノンってのは好きじゃないので(理屈じゃなくて生理的に合わない)、Panasonicしかないのね(笑)。

うーん、FZ50って貴重品なんですねぇ。

2007年12月26日 (水)

パスネット廃止に反対

旅行中にショッキングなニュースを見ました。それは、「パスネット廃止」が決まったというもの。

利用者の立場に立つならば、パスネットの機能をカバーできていない中途半端な機能しかないパスモやSuicaが普及したからといって、利用率が下がったパスネットを廃止して良しってことはあるまい。

私の場合、改札無しで三社線を使って通勤しているので、一部例外を除いて二社線までしかカバーできず(この点は磁気定期券も同じ)なおかつ二枚の区間の連続する定期券を使うことはSuicaやパスモはでは不可能なので私にはパスモやSuicaが使えないのです

現在は磁気定期券二枚を使って、連続処理(駅係員に申し出て連続ビットを立ててもらう処理)をしてもらい、入札記録がなくても出場でき、出場記録がなくても入場できるようにしてもらっていますが、パスもやSuicaは入場したら必ず出場することになっており、入場記録のないものは出場できず、出場記録の無いものは入場できないので、このような二枚定期券をつなげて使うことができません。

余談ですが、時折パスモやSuicaで入場時(もしくは出場時)にエラーになっているのにそのまま通過してゆく人がいますが、その人は次に改札を通るときに必ずエラーになりまして、有人窓口のところで処理をしてもらわないとそのパスモやSuicaは改札はもちろん券売機でも使えなくなります。したがってたとえゲートが閉じなくてもエラーになったら、再度きちんとタッチしないと後で面倒ですよ~ん。

閑話休題。磁気定期券の場合、乗り越しが結構不便で精算機を利用しなくてはなりません。一人のときならまだしも仕事で会社から出先に複数名で行くときには、同行者を改札で待たせてしまいます。幸か不幸かパスモやSuicaの普及で精算機の列は以前ほどは見られなくはなりましたが…。

パスネットを廃止するなら、Suicaやパスモの三社線利用を可能にしていただきたい!不可能じゃないはずなんですが…。せめて改札経由せずに三社線を乗り継げる場合は使えるようにしていただきたいです。

2007年12月22日 (土)

しばしお休み

えー、ちょっとそこまでおでかけ(旅行)しますので、しばらくの間、お休みします。

「休暇届」

ですな(笑)。

それでは~ (^_^)/~~

2007年12月21日 (金)

結局買った、DQ IV (DS)

結局のところ、大して悩みもせずに「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」(ニンテンドーDS)を買いました。

あまり時間がないので、始めたばかりですが、うわ~、懐かしい!
グラフィックはプチ綺麗になっています。

批判的な人の中には、何故にタッチパネル対応でないのか!と怒る方もおられるようですが、いや、いや、やはり十字パッドと四つボタンでいいのです。好みの問題でもありますが、このまどろっこしさがレトロで良いのです(笑)。第一、気に入らなければプレイしないでとっとと売り払えばよいのでござりまする。

ただ、困ったことに、本当は「TOEIC TEST DSトレーニング」をやろうと思って自分用にクリムゾンブラックを買ったのですが、どうもドラクエのほうが活躍しそうな気配です。

2007年12月20日 (木)

宅配メール便の誤配

希にですが、宅配メール便の誤配がありますが、こういう時の処理ってこまりますねぇ。

郵便ならば、「誤配」と誤配先の住所氏名(すなわち自分の住所氏名)を書いて、ポストに投函すれば宛先不明で差出人に戻りますが、宅配メールだと完璧を期するならばラベルにかかれているであろう宅配業者の連絡先に電話して取りに来させる必要があります。しかし、ですねぇ、わざわざ電話代を使って連絡しますかねぇ。

宅配メール便の中身ってほとんどがDMですから、こなくても別段不自由も不利益もないわけなのですが、誤配された先は迷惑でして勝手に破棄されてもしゃーないですなぁ。

こういう状況を考えると通販で宅配メール便を使うってのは危険であります。なくなっても被害が少ない程度のものでのみ利用すべきですね。

2007年12月19日 (水)

抱き枕

以前、結構長い間抱き枕を愛用しておりました。いや、アニメキャラがプリントされたヲタク系のそれじゃなくて、純粋に寝具のひとつとしての抱き枕であります。

最後につかっていたのがボロくなってきたということもあって引越し前に処分してから抱き枕を使っていませんが、やはりあるほうがいい、というのを感じています。

なんといっても、横向きに寝た(私は結構多い)ときに楽チンでありまして、一度これになれてしまうと抱き枕なしで横向きに寝るのは辛いものがあります(笑)。仰向きに寝るときも体の上に乗せて抱きかかえることで暖かいですし、掛布団の襟と顔の間に抱き枕が入るので、布団の襟元の汚れが防げます。

というわけで、まだ、楽天とかで長めの抱き枕を探している今日この頃であります。

2007年12月18日 (火)

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

今更…という気もしますが、先月DS版が出た「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」が欲しくなっています。
スーパーファミコンのときにプレイしましたが、結構というかかなり好きなゲームでした。

それがDSに移植されたってことで、本格的にどこでもドラクエなんで…。

移植版であるわりには値段が高いという批評もあるようで、スクエア・エニックスも苦しいんだろうなぁとか思わなくもないですが、それでも1ヶ月ほどで百万本を売ったというから凄いのは凄いです。

うーん、買っちゃいそう…。

2007年12月17日 (月)

今年も早かった

今年の我が家&私は例年にはないことだらけでした。

○ おじさん国内一人旅をしなかった
○ おじさん海外一人旅をしなかった
○ 家族海外旅行をしなかった
○ 引っ越した

まあ、全ては四番目に起因しているといってもいいわけなんですが、暑いさなかの引越はいやはやキツかったですわ。

それが気づいたら紅葉が色づき、いつのまにやら落葉樹は素っ裸になり道路に舞う落ち葉もずいぶん少なくなって、朝の最低気温は1度あたりを前後するようになりました。

私の持論は、体感での一年の体感の長さは年齢に反比例するというものです。二十代のころは今より二倍くらいの体感で一年間があったように思います。

自分の稼ぎで食うようになってからを人生の起点と無理矢理こじつけるなら、人生まだ半分もいっていないわけなんですが、それでも人生を終わりから数えるほうが早くなってきているのも紛れもない事実です。四十半ばを超えたあたりから、人生逆に数えた方が早いと感じ始めるようになりましたね、うーん。

人生の最後に、「いい人生だった」と思えるように毎日を大切にしたいとは思うのですが、なかなか…(笑)。

2007年12月16日 (日)

いよいよ本格的に寒くなってきました

12月も中旬になるといよいよ本格的に寒くなってきまして、私の住まいのあたりの朝方の最低気温はアメダスによれば1度とか零度のあたりを示すようになってきました。

現住居のマンションでは、南側の開口部がかなり大きくて広く、冬場の晴れた昼間は日差しがめいっぱい差し込んで相当暖かいのです。というか、下手すれば暑いくらいでして、12月とはいえそういう時は、窓を少し開けないといけないくらいに暖かくて暖房なんぞ不要であります。

しかし、当然のことながらこの暖かさは室内だけでして、外へ出れば普通に寒くてこの温度差に驚きます。

前住居も南向きでありましたが、ここまで開口部は大きくなく(というか普通の賃貸マンションサイズ?)て、結構寒かったので、その差に改めて驚いております。

私もいままで数多く引っ越してきましたが、冬場の昼間の室内がここまで暖かい(暑い?)住まいは初めてであります。暖かいってことは暖房不要ってことで、それだけエネルギーを使わないってことでもありますね。エコな住まい?ってことかしらん。

2007年12月15日 (土)

年賀状完了

年賀状シーズンもいよいよ本格的になってきました。

毎年、早めに手を付けようと思いつつ、いつも今頃になってしまいます。住所変更通知は都度住所録データをメンテナンスしていますので、ためておいた喪中葉書を元にデータベースの住所と出受チェックをおこないます。

私の場合はPCで年賀状を作りますので、まずは住所面を一気に印刷してしまいます。

文面のほうは、幾通りかデザインが用意してありますので、宛先ごとにどのデザインを適用するかを振り分けて、さらにそれぞれのデザインの中で必要に応じて印刷前に一言欄をその人向けに変えたりしておりますので、結果的には、何割かの人はその人向けオリジナル年賀状ができあがります。オリジナルであることを示すためにも、相手の固有名詞を文面に入れたりもします。

今日の午後一杯かけて、一通り終わりました。あとは投函するだけ。

2007年12月14日 (金)

ニンテンドーDS クリムゾン/ブラック

2007年10月4日に発売されたDS Liteシリーズ初のツートンカラーのクリムゾン/ブラックであります。

20071214.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

Web通販だと結構売り切れか、希望小売価格より高いプレミア価格がついていたりしますが、昨日会社の帰りに近所の大手スーパーの玩具売り場で、"TOEIC TEST DS トレーニング"と一緒に普通に買えました。

DS Liteは娘が持っていますが、しばらくTOEICとこぶ沙汰していたので、またちょっくら勉強して受けてみようかというわけです。最初で最後に受けたときは、「Bランク」の中に入っていました。どうせやるなら目指すはAランクですわな。

実際問題、TOEICの公式ランク(PROFICIENCY SCALE)のレベル定義の説明って、ピンと来ませんねぇ。別にTOEICの準備勉強とか一切何もせずにBランクに入ったわけなので、自己満足はしておりますし、仕事でもどうにかなんとかやっているので、それなりかもしれませんが、でも、まあ、ちょっとこの定義はねぇ…。

Aランクに入るにはさすがになにかやらないと…。ま、このDS Liteのソフトをやったから上達するわけでもないでしょうが何もやらないよりまし。通勤時間を有効につかいましょ、というわけです。

2007年12月13日 (木)

最近量が少なくないっすか?

小麦粉や原油の高騰で、いろいろなものが値上げされたり量がへったりしていますね。

パンやうどん、ラーメンなどは値上げが相次いでいますし、ものによっては価格据え置きだけれど小さくなったり量が減ったりです。

たとえば、ティッシュペーパー。昔は200組が当たり前だったような機がしますが、最近は下手すれば160組しかはいっていなかったりしますよね。

食品ではかまぼこなんか露骨に小さく貧弱になってますし、袋入りもやしも量が激減してきています。チョコレートのダースなんかも、一粒が小さくなりましたし、ミスタードーナツなどは極端なまでに小さくなって、あれあれです。

原油の高騰、サブプライムローン問題、バイオ燃料や気候不順による小麦粉などの穀類の高騰、などどれをとっても明るい話題はないですね。

温暖化も思った以上にはやく影響が出てきていますから、もはや人類の未来はないんじゃないかって気がしてきました。私の孫の世代まで今のような快適な文明的生活を送る世界が維持できるんですかねぇ。これからの子供たちはとても可哀想であります。

2007年12月12日 (水)

巨大ターミナル駅で乗り換えない生活も良い

夏に転居するまでは、日本でも有数の巨大ターミナル駅で別の社線に乗り換えておりました。

このメリットというのは、乗り換え次いでにショッピングビルや駅近くのカメラ・家電量販店でお買い物が気軽にできるということでありまして、ディメリットは乗り換え距離がどうしても長くなり、人で混雑してストレスフルだということでしょうか。

一方、今は、そうした巨大ターミナル駅で乗りかえることはなくなり、東京メトロ内で別路線に乗り換えるだけなので、乗り換え時間も距離も短くてすみますので、巨大ターミナル駅での乗り換えのようなストレスもありません。そのかわり、ちょっとビックカメラとかヨドバシカメラとかに寄って小物をかって帰ろうってことができなくなりました。沿線にそうした量販店はあるのですが、わざわざ降りたくないので、結局週末に出かけるようなことになります。

どっちもどっちですが、長い目で見ればやはりストレス無く短距離で乗り換えられるほうが楽ちんであることは間違いないと思います。

住まいを選ぶときに、こうした乗り換えポイントのチェックも重要なんですよね、実は。乗り換えができるってことでつい見過ごしがちですが、これ、実は結構重要なことです。

2007年12月11日 (火)

X01TとAdvanced W-ZERO3 [es] (アドエス)

スマートフォン不毛国?ともいえる日本でも、ようやく少しずつ選択肢が増えてきました。その中でも注目はやはりX01Tとアドエスではないでしょうか。

昨日のエントリーのとおり、最新機種はSoftBankのX01Tなんですけど、これはメモリ(フラッシュメモリ=データ/プログラム記憶用メモリ)が128MBしかない、いや、いや、公表値のユーザー領域が32MBしかないのは、かなり致命的なんですなぁ。昔、Windows CE時代で初期のころを思い出します(苦笑)。同じ、128MBでもW-ZERO3 [es]とはユーザー使用可能エリアには倍くらいの差があります。だって、W-ZERO3 [es]のほうは、フラッシュメモリ128MBでユーザーエリアは60MBですから…。経験的にはこれくらいは最低限必要なのであります。

他にもいろいろ考えると、アドエスって結構よくできてます。フラッシュメモリ256MBで、ユーザーエリア170MBほど(正確じゃないです、記憶によれば…)ありますし、なんといってもUSB OTG対応のUSBホストポートが使えるのはいいですなぁ。USBのミニキーボードがあれば、旅先で簡単に旅行記がかけるじゃないですか。

いずれにせよ、もっともっとWindows Mobileベースのスマートフォンが増えて欲しいところです。

2007年12月10日 (月)

SoftBank X01T

SoftBankからXシリーズのスマートフォン第三弾である東芝X01Tが出ましたね。

私の携帯は現在はSoftBank 705NK (Nokia N73)ですんで、白ロムのX01Tを買うか正規に機種変更すれば、いつでもX01Tに乗り換えが可能で、同時にWillcomを廃止すると、今二台でやっていることが一台で済むようになりますし、料金的にもそのほうがお得でありして、ネットの接続速度もX01Tのほうが速いと推測できます。

しかし、ひっかかるのはX01Tのメモリ。アドエスのフラッシュは256MBですが、X01Tは128MBですから、うーん。本体フラッシュはアプリケーションインストールに使いますので、ユーザーエリアが小さいのはとても大きな問題です。メモリカードのほうにインストールしてはうまく動かないソフトってのがやはりありますからねぇ。

それにアドエスのほうが、対応するフリーソフトが多いです、って当たり前。また、何よりも、バッテリーがどうもX01Tは弱いというか、駆動時間が短いという話もありまして、これは携帯と一緒になっていることの宿命でしょうか。アドエスだってヘビーに使えば長くはないですが、仮にこちらのバッテリーがあがっても、携帯を別にもっていればそちらには影響はないですものね。

アドエスのほうは年間契約で更新が12月中旬なのでそこから一ヶ月間の猶予があります。迷うならこの1ヶ月(笑)。あるいは、メモリ増強されたX02Tが来年にでも出るでしょうからそれを待つのが得策かも。

X01Tのスペックを見てあらためて気づきました。フラッシュメモリ128MBのうち公表値ではユーザーエリアはたったの32MB!しかないじゃないですか。アドエスの前任機種であるW-ZERO3 [es]でも128MBでユーザーエリア64MBなんですよ。ユーザーエリア32MBってさ、昔のWindows CE時代のふるーいモデル並じゃないですか。

ダメだ!これは…。いや、アプリを追加インストールしないで、まんま使うひとならOKでしょう。それ以外のヘビーユーザーには…きゃはは、だめだめじゃん!

2007年12月 9日 (日)

PILOT EXECT 4C

うーん、いい!ってことで惚れていた、PILOT EXECT 4Cという高級4色ボールペンですが、買っちゃいました。

20071209.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

やはり、数百円台の多色ボールペンと違っていい感じですね。これならどんなビジネスシーンでもOKでしょう。ここ一番!ってときに、いくら心地が良くても315円の安っぽいプラスチックの多色ボールぺんじゃあねぇ。

私は、こちらの楽天のお店で買いました。送料を考えても、定価売りの普通の文房具店より安いです。

PILOT【多色ボールペン】EXECT 4C(エグゼクト) 4色 ブラック&ブルー BKE-5SR-BL

2007年12月 8日 (土)

ポインセチア アイスパンチ

先日頂いたポインセチア アイスパンチです。

20071208.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

こういう花を見ると、ついマクロを持ち出してしまいます(笑)。

アイスパンチは、独特の薄いピンク模様がはいっていて、ちょっと変わった雰囲気です。
常緑低木で、この季節は日当たりの良い窓際で、長い間綺麗な色を楽しませてくれます。
買うと、大体4,000円~5,000円だそうです。

花びらのように見える部分は花びらではなくて苞(ほう)だそうで、花はこの写真で拡大している部分の小さなものが花らしいです。そうだったのかぁ…。

2007年12月 7日 (金)

Afternoon Teaのスタッフダイアリー、その後

Afternoon Teaのスタッフダイアリーを使い始めました。

いいです、これ!

何といってもやはりA5版というサイズはいいですねぇ。
それに、右頁が全面方眼になっているので、端から端まで書き込めます。
余計なかざりが無い左側のウィークリーも使いやすい。

私の場合、決まった案件についてのメモなどは、リーガルパッドに書いてから、それぞれの案件別のマニラフォルダーに挟み込ますが、それ以外の日常の組織運営上の打合せメモなどは、左側に打合せ時刻の実績を入れて、それに番号(○数字)とか書いて、対応する番号を右側の方眼頁に書き込んだりしています。

半年くらい使えば使い方も変わってくるかもしれませんが、今のところはこんな感じですね。

ちなみに、表紙のポケット部分には、ニュージーランドで買った絵はがきを挟んでいます!

2007年12月 6日 (木)

ベッドのサイズについて

日本ではあまりなじみがありませんが、ベッドのサイズの一つに日本で言うシングルサイズを二台並べた幅のキングサイズ(約200cm×約200cmとほぼ正方形)ってのがあります。

この、キングサイズを日本であまり見かけない理由は明らかで、部屋の広さってのありますが、それ以上に搬入経路の大きさの問題で搬入できないケースが非常に多いからでしょう。最悪はクレーンで吊しても、窓の開口部の大きさが足りなくて入らないというケースもあり得ますね。

そういう意味では、これからベッドを買おうというカップルの方には、搬入経路に十分なスペースがない限りは費用を無駄に使うだけですのでキングやクィーンについてはかなり慎重になったほうがよろしいでしょう。ダブルならなんとかって場合でも、個人的には、二人でダブルを一台ってのはおすすめできないです。やはり、ベッドの堅さの好みがちがいますし、ダブルといえども本来は二人で寝るのではなく一人で広く寝るサイズなので(これ多くの人が勘違いしているのではないでしょうか?)、二人で寝るとどう考えても窮屈でしょうし、片方が病気で具合が悪いときは最悪ですね。

個人的におすすめなのはシングル2台、部屋の広さが許せばシングル1台とダブル1台もしくはダブル2台です。これなら離しておいてもいいですし、くっつけて広い2台のベッドとしても使えますし、リネンや布団の入手にも問題のないサイズであります。

これからベッドを買うカップル・夫婦の方、一考の余地ありですぞよ。

2007年12月 5日 (水)

魔女の宅急便ノート

某所のTOHOシネマズの売店で見つけたノートです。

20071205-1.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

A5版の方眼ノートで無線綴じです。

20071205-2.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

無線綴じは無線綴じですが、KOKUYOのCampusノートと違って、こりゃ出来が悪いです。まるで単行本かムックのような感じでありまして、ノートとしての実用性はかなり?です。

まあ、コレクションの一品として…。

ちなみに、お値段は税込み210円でした。

2007年12月 4日 (火)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

ようやく、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見に行ってきました。

ワーナーマイカルシネマとかユナイテッドシネマとかTOHOシネマズといった、大型でシートも広くて綺麗なシネコンになれてしまうと、昔からのいわゆる映画館には行きたくもないので、今回も当然某シネコンであります。

シネコンといえばコンセッション、コンセッションといえばポップコーンというわけですが、ポップコーンも、シネコン毎に味が違うんですよね。当然といえば当然ですが、塩加減や柔らかさ(堅さ)などがいろいろあって、なかなかコレ!ってものがないです。

おっと、ALWAYSですが、ネタばれになるのでストーリーは伏せますが、出だしはびっくりであります。出だしのわりに非常に手間がかかっていてよく出てきますね。とは、いえ、思わず、「違う映画を見に来たか?」とか思いましたよ。

ストーリーは、ちょっと出来過ぎの感じが否めませんが、一作目と同じくほのぼのした雰囲気はより強力になっています。私はこの映画の背景となった世代のころはまだ赤ん坊かそれに毛の生えたくらいでしたが、かなり近い世代であることに間違いはないので、やはり非常に懐かしい思いで一杯になります。

三作目ってのは計画になくて、これで打ち止めだそうですが、アクションやSFXが多い中でハイテクを駆使して制作したほのぼの映画ってのもたまにはいいですね。

2007年12月 3日 (月)

ぺんてる ローリー

ぺんてるの多色ボールペン Rolly (ローリー) の4色モデルです。

20071203.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

この価格帯の4色ボールペンとしては軸が細身で、デザインも同価格帯他社品に比べるとすっきりしていて安っぽさが少ないと感じます。

油性ボールペンには珍しく低粘度の顔料インクということで、書き味もなかなかなめらかです。Clip-on Multiと同価格帯ですが、個人的にはこちらのデザイン、書き味のほうが気に入りました。

問題は、ぺんてるってことでリフィル各色の入手性なんですが…。近所のショッピングセンターには赤と黒が売っていました。2本入りで定価だと126円という安さはいいですね。青はまだしも、緑ってかなり入手困難かしらん?

ともあれ、ぺんてる Rollly 4色タイプ、会社での常用ペンになるかもしれません。

2007年12月 2日 (日)

これ欲しい!

多色ボールペンの愛用者は多いと思いますが、筆者もその一人です。多色といっても赤・黒程度ではどうにもならないので、赤・黒・青・緑の入った油性ボールペンであります。

油性の4色ボールペンで、純正リフィル(替え芯)が安価で入手しやすく、当然のことながら発色と書き味が良い物となるとそうそう多くはありません。

リフィルは純正でなくとも流用可能なものが多いのは良く知られた事実でして、特にゼブラ4Cタイプは有名ですが、同じ4Cタイプでも微妙に太さが違っていて、肉眼ではまったくわからない程度にチョイ太目の他社リフィルボールペン側の受け口が緩んでしまい、次に純正リフィルをさすとぶかぶかで固定されなくなるってケースがありますので、特に高級ボールペンでは純正リフィルを使うのが無難であります。そういう観点からも純正がベストです。

そうなると、海外メーカーは軒並み脱落でして、国内有名どころですと、ゼブラ、パイロット、三菱鉛筆などが比較的どこでも入手しやすいところですね。

油性の4色ボールペンでは、私もいくつか持っています。ゼブラのクリップ-オン マルチ、クリップ-オン マルチ 1000、三菱鉛筆のTa-Shock4ですね。どれも1,000円以下のものです。

これらはどれも使いやすいものですが、どうしても安っぽく見えるというのは否定できません。ここ一番!ってときにクリップ-オン マルチってのはいかがなものかと一応管理職でもあるビジネスマンとしては思うわけです。

そこで探しだしたのが、パイロットのEXECT 4C(エグゼクト4C)です。定価は税込み5,250円と安くないですが、リフィルは汎用的なもので入手しやすく安いというのもイケます。

PILOT【多色ボールペン】EXECT 4C(エグゼクト) 4色 ブラック&レッド BKE-5SR-BR

うーん、欲しいです、これ。

検索タグ:PILOT パイロット 4色ボールペン エグゼクト EXECT 4C

2007年12月 1日 (土)

BRIT HOUSEとほぼ日手帳

ほぼ日手帳2008(牛革タンニン仕上げ・オレンジ)を買ってから、微妙に気になっていたのが、BRIT HOUSEのTHE MEです。

先日、あるお店で実物を見てきました。そのお店には、ブッテーロレザーのものとグレインレザーのものがありまして、両方を手にとっていろいろ見てみましたが、結論からいいますと私にはNOのようです。

まず、ペンホルダーが小さくて私のように多機能ペンを愛用する人間にはどうにもなりません。皮革は上質なものが使われておりますが、ペンホルダーの部分の皮革も分厚くて硬くて、細いペンでないと受け付けそうもありません。

それに、なんといっても、やはり重いです。A6サイズの手帳でこの重さは勘弁してほしいなぁ、って感じです。当然、皮革も厚手のいいものなので、かさばり方も結構なものであります。

うーむ、まあ、バイブルサイズの厚手のものに比べればずっと軽快だとは思いますが、最大のネックはやはりペンホルダーですね、私の場合。

やはり、ここはおとなしくほぼ日の牛革タンニン仕上げのカバーを使いkむことにしましょう。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »