マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アフタヌーンティー スタッフダイアリー | トップページ | 伊東屋のペンギン »

2007年11月19日 (月)

Afternoon Teaのスタッフダイアリー2008年度版

Afternoon Teaのスタッフダイアリー2008年度版を早速チェックしてきまして、内容がとても良かったので買ってしまいました。

20071119-1.jpg

まずは表紙でありますね、これ、売っている状態でして、カバーの下四分の三はお気に入りの写真が挟み込めるようになっています。

20071119-2.jpg

能率手帳のようにダイアリー本体の最後のほうにメモページはついていません。そのかわり、別冊の罫線ノートがついています。ページ数は32ページと少なめです。この別冊ノートはA5よりちょっと小さめで、ダイアリー本体はA5よりちょっと大きめという不思議なサイズです。したがってページ数が少なめのものを選べば、A5サイズの市販ノートを挟むことができます。

試しにクレールフォンテーヌのA5版マトリス方眼ノート(ステプラー止め)を入れてみましたが、大きさ的には問題無しです。ただ、このマトリスは90g/m2という厚手の用紙が96ページもあるため少々厚みがありまして、ちょっと不適でありました。

いずれにせよ、薄手であれば市販のA5ノートが使えるのはうれしいですね。また、A5版より微妙に大きめですので、A4サイズの紙を二つ折りにして挟んでも手帳からはみ出す可能性が少ないですね。A5版ジャストだとどうしても二つ折りA4サイズを挟むと端が飛び出てしまいます。

20071119-3.jpg

こちらは年間カレンダーで、2008年と2009年がついています。

20071119-4.jpg

こちらは年間プランナーのページです。無理に見開き2ページに収めているので、少々苦しいです。このページに関しては使い方が難しいかも。

20071119-5.jpg

こちらは、月間のカレンダータイプのブロックスケジュールです。A5版の見開きを1ヶ月に使っているので、日々の予定が2~3件程度ならこれで十分ですね。

20071119-6.jpg

こちらが能率手帳タイプの週間ダイアリー。左ページ右上には二ヶ月分のミニカレンダー。一番上の欄は日付のないWeekly Planを書き込むページで週内であるが納期がはっきりしないToDoなどに使えますね。日々の欄の上部には朝8時~夜9時までの目盛りが入っていて、右端の小さな欄ががbudgetとなっていますが、これは何につかってもいいでしょう。そして右ページは私の大好きな方眼です。

週間ダイアリーの各ページの左右の下はミシン目が入っていて、一週過ぎるごとにその部分を切り離せるようになっています。ビジネス手帳ではよく見かけるアイデアですが、とても使いやすいのです。

20071119-7.jpg
(以上、写真は全てOLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

購入時点では裏表紙のポケットに、ファスナポケットが挟み込まれています。手帳やカバーにくっついているわけではないので、不要であれば取り去ることもできますし、一時的にこれだけ外して持ち運ぶことができます。

一通り紹介しましたが、このスタッフダイアリー大変気に入りました。ほぼ日手帳同様に利用者の意見を取り入れて改善されてきているようですね。

私の気に入ったのは以下の点です。

○A5版より微妙に大きめなサイズ。
○月間はカレンダー型のブロックタイプ
○週間は左側が時刻目盛り入りの能率手帳タイプ
○週間の右側が罫線ではなくて方眼
○巻末ノートページが別冊ノートになっていて、薄手の市販A45ノートを使うこともできる。
○クリアファスナーポケット付き
○名刺などを入れるカードポケット付き
○9月から使えるので1月まで待たなくても良い

まさに私の理想の手帳じゃないですか!とはいえ、数すくないですが欠点もあります。

×カバーが安っぽくて、来年末まで持つだろうかと不安
×Afternoon Tea Livingに売っているので、オジサンがお店で買うときは少々照れがあります

いや、いいですね、これ!

« アフタヌーンティー スタッフダイアリー | トップページ | 伊東屋のペンギン »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Afternoon Teaのスタッフダイアリー2008年度版:

« アフタヌーンティー スタッフダイアリー | トップページ | 伊東屋のペンギン »