マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« The Barge Inn (成田のブリティッシュパブ) | トップページ | まねきねこのて 招喜屋 »

2007年10月 8日 (月)

QB HOUSE初体験

引っ越してから、当然のことながら行きつけの床屋(床屋って関東地方独自用語ですかね?)というものが存在しないので、ゼロスタートで怖いもの無し(笑)。そこで待ち時間も刈ってもらっている時間も短いという、QB HOUSEを試してみました。

QB HOUSEのホームページによれば、今年6月の段階で357店舗だそうです。経験してみてわかったのは、非常に効率的にできていて完璧にシステム化されているということでしょうか。

客は券売機に1000円札を一枚入れれば、バーコードが印刷されたレシートのようなチケットが出てくるので、順番がきたらそれをスタッフに渡すのです。スタッフは、そのチケットを各ブースにあるリーダーに挿入するとリーダーがバーコードを読み取ります。つまり、この時点で客がチケットを購入してから、順番がくるまでの待ち時間が正確にわかるわけで、それが店頭の赤黄緑の待ち時間シグナルに反映するデータの一部となるわけですね。

席に座ると、スタッフに髪型やカットについての注文を伝えると、一般の床屋のように髪を濡らすことなくカットが始まります。切る前に髪を濡らすこともなく、ひたすらカット。あっという間に終わってミラーで後ろをチェック。その後は、備え付け掃除機のようなものにブラシをつけて、細かな髪の切りカスを頭から吸い取ります。これがシャンプーの代わりですね。

客が帰ったあとは、てるてる坊主の布?を綺麗にたたんで、シートにブラシをかけます。使ったハサミはなにやらスプレーして拭いて(汚れ落としか滅菌か?)、床に落ちた髪の毛は箒で掃き集めてパネルのスイッチを押すと壁に開いた小さな口から吸い取られてゆきます。この時間のかからない徹底したシステム化に関心しました。

実際問題、普通の床屋でも髪を刈っている時間ってのは短いんですよね。あとは、付加価値サービスで貌そりやマッサージ、ブローなどです。

私のように、スタイリング剤などは使わないで、洗髪後はドライヤーで終わりなんて人間にとっては、QB HOUSEで十分かも……??とりあえず、十分とか待ち時間込み二十分とかで終わるのだから、休日の貴重な二時間を床屋に費やさなくてすみます。もちろん床屋に行くのが楽しみって人には勧められませんが…。

« The Barge Inn (成田のブリティッシュパブ) | トップページ | まねきねこのて 招喜屋 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QB HOUSE初体験:

« The Barge Inn (成田のブリティッシュパブ) | トップページ | まねきねこのて 招喜屋 »