マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 引越のToDoリスト | トップページ | 秋の足音が聞こえる »

2007年9月15日 (土)

玄関ドア用の防犯カメラのその後

以前のエントリーで紹介しましたが、旧居では玄関ドア上部にとりつける防犯カメラ(動画)のGATE EYEを使っておりましたが、新居では不細工なケーブルを引き回したくないので、玄関ドア上部に工事無しで取り付けることができる無線タイプのスチル防犯カメラを買って取り付けました。

自宅のテレビで来客者をチェック!留守の時も日付入りで画像を保存玄関ドア用防犯カメラ「e留守...

これの優れたところは、スチルではありますが自動的に来訪者を撮影して本体に無線送信し、本体側では日付時刻を入れて記録してくれるところにあります。したがって、留守中に誰か玄関先まで来たかどうかなどがすぐにわかります。もちろん、在宅していれば、センサーが感知すればピンピーンとチャイムで合図してくれますので、別途接続したテレビの画面を見ればすぐに玄関先の静止画をみることができます。

我が家ではインターホン親機のところに、下で紹介した小型液晶テレビと防犯カメラ親機をおきまして、すぐにその場で画面を見ることができるようにしております。

大好評の為、残り在庫僅か・・・ZOX 5.6インチTFTカラーモニター液晶テレビZTO-507【即納】

工事も不要で玄関先を監視できるこの組み合わせはなかなかのものですが、パトライトの防犯カメラ本体はつくりがしょぼくて、ボタンのタッチも安っぽいですし、何よりこのカラーモニターと組み合わせると、カラー画像なのに白黒で映ったりします。他のHDDレコーダーからのVIDEO出力をこのモニターで見ると必ずカラーですし、防犯カメラ親機を居間の普通のテレビにつなぐと必ずカラーで映るので、どうやら相性問題ってのがここにも発生したようです。

しかし、まずはその場で画像が確認できるというメリットはかなり大きく、さらに留守中も撮影してくれるってのはいいですね。

マンション住まいで玄関先が防犯上不安な方は一考の余地があると思います。

« 引越のToDoリスト | トップページ | 秋の足音が聞こえる »

住居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄関ドア用の防犯カメラのその後:

« 引越のToDoリスト | トップページ | 秋の足音が聞こえる »