マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Hula Hawaii | トップページ | Amazonの普通便とお急ぎ便 »

2007年9月19日 (水)

凶悪な商用スパイウェア……スペクタープロ

セキュリティ対策も一歩間違えると恐ろしいものになりそうだ。AOSテクノロジー社が発売している「スペクタープロ」という、考えようによっては恐ろしいソフトが存在する。

画面スナップショット、キーストローク、YahooやGoogleなどの検索サイトで検索した語句、アクセスしたWebサイト、送受信した電子メールの内容、起動したプログラムやその日時、ダウンロードしたファイルなど、PCでの操作をほとんど全部記録するものらしい。

さらに、ステルスモードといって、Windowsのシステムトレイ、デスクトップ、タスクマネージャー、プログラムの追加と削除には一切表示しないモードがあり、記録ファイルはあらかじめ決めたホットキーを使わないとアクセスできないし、

これらの機能だけをみれば、これは立派なスパイウェアである。自らその全ての機能を承知した上で自分の手でインストールするならまだしも、自宅や会社のPCで勝手にインストールされてはたまったものではない。会社の中で別に怪しいことをしていなくても、守るべき機密も逆に漏れてしまう可能性がある。特に画面スナップショットやキーストロークの記録は凶悪である。スパイウェアの中でももっとも凶悪なものがキーロガーなのであるが、それと同じことを商用ソフトがしてしまうのである。

第一、このスペクタープロが記録したキーストロークを密かに外部に送信していないという保証はどこにもないし、また、わざわざキーロガーを送り込まなくても、このスペクタープロをクラックすれば、楽勝でキーストロークを悪意ある第三者が知ることも不可能ではあるまい。

浅はかにもこのソフトに好意を寄せる人がすくならず居るようだが、行ってみればテロリストに武器と資金を渡すようなもので、絶対に使ってはいけないソフトである。たとえ家庭の中であっても使ってはいけない。これは電話の盗聴器と同じといってよかろう。

ステルスモードで企業の管理者が従業員に黙ってこれを入れても普通のユーザーやちょっとPCに詳しいくらいの人ならば一切気づくこともないのが売りなのだそうであるが、なんと愚かなことよ。こうしたソフトは最後の手段であることは言うまでもない。逆に言えば、従業員に黙ってこれを使わざるを得ないような会社であれば、早々に転職を考えた方が身のためである。ひょっとしたらその経営者はあなたのプライバシーもことごとくねらっているかもしれないのである。おお怖…。

« Hula Hawaii | トップページ | Amazonの普通便とお急ぎ便 »

PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凶悪な商用スパイウェア……スペクタープロ:

« Hula Hawaii | トップページ | Amazonの普通便とお急ぎ便 »