マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 台風9号 | トップページ | ソニーのワンセグ×ラジオ »

2007年9月 9日 (日)

PASMOよ、さらば

引っ越してから、自宅と勤務先の間を途中改札を通らずに三社線を乗ることになりまして、PASMOやSUICAといったICカード定期券では通れなくなりました。

これは、①磁気定期券でもICカード定期券でも一部の例外を除いて一枚の定期券では二社線連絡定期券までしか発行されないこと、②ICカード定期券は必ず入場と出場が記録され、入場記録無しの出場と前回乗車時の出場記録無しでの入場は認められない(自動改札が閉じます)という二つの理由によります。

そもそも東京圏という世界的にも大規模・複雑で相互乗り入れの発達した公共鉄道網を持つ都市において、いまだに定期券が二社線しかだめというのが時代遅れな話です。地下鉄を真ん中に挟んで両側をその地下鉄と相互乗り入れしている私鉄あるいはJRを利用すると、あっというまに改札を通らない乗り換え無しの三社線利用となります。磁気定期券のときには記録フォーマットの問題があったらしいですが、ICカードではそれを克服できたはずでこれは鉄道会社の怠慢というべきです。

問題は②です。磁気定期券でも原則は入場と出場の記録はペアであり、それがないと改札が閉じるのが原則ですが、ここは回避策が設けられています。すなわち入場するときは定期券Aで出場するときは定期券B(もちろん区間は連続しています)ということになります。普通ならそのままではいずれ改札が閉じますが、あらかじめ両方の定期券を有人改札で提示して、連続処理(連続ビット処理)をしてもらうと、このチェックをバイパスするようになります。同じことがICカード定期券でできればよいのですがそれはだめなんですね。

まあ、そういうわけでありまして、PASMO定期券&SUICA定期券は使えなくなりました。時代と逆行ですね。ま、でも、ICカード定期券を二枚もつと経験的には間違えて余計な出費をせざるをえなくなるのえ、このほうが無難といえば無難であります。

« 台風9号 | トップページ | ソニーのワンセグ×ラジオ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PASMOよ、さらば:

« 台風9号 | トップページ | ソニーのワンセグ×ラジオ »