マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の30件の記事

2007年9月30日 (日)

アブラムシ

先週末の散歩の途中でふと道路脇の崖のようになった草むらに目をやると、ある草に赤と黒のアブラムシが沢山あつまっていました。

20070930.jpg
(OLYMPUS E-500 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

アブラムシといえば緑っぽいものとか、透明っぽい感じのやつがポピュラーなんでしょうけど、こういうのもいるんだぁ、当たり前のことに妙に感心したりして…。

2007年9月29日 (土)

通勤ラジオ

通勤ラジオといえば、加齢臭のするオッサンがカタカタと収納式イヤホン(ヘッドホンにあらず)を引き出して使う名刺サイズのものが目に浮かんでしまい、店頭でそういうタイプをみただけで加齢臭がにおってきそうな雰囲気であります。って、自分も中年なんですが…。

その点、私がもっているSONYのSRF-M95ってのは、ライターサイズでスリムなシンセサイザーチューナーのTV(1~3ch)/FM/AMのラジオであります。単四電池一本でかなりの時間持ちまして経済的でなおかつ丈夫にできています。一度、誤って洗濯機で洗濯されてしまったこともありましたが、すすぎまでフルコースでやってしまったのが良かったのか、完全乾燥させたら復活し、数年以上たった今でも問題なく動作しております。

20070929.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

現在は、世代交代してSRF-M97VというTV音声が1~12chまでのものになっております。

SONY TV(1ch-12ch)/FMステレオ/AM PLLシンセサイザーラジオ SRF-M97V SRF-M97VC

通勤電車ではAM放送は一部を除きかなり厳しいのも実情でして、例外はAM再放送をしている都営地下鉄のようですが、私は転居前も転居後も利用経路ではありません。そういう意味では昨日のエントリーの「ワンセグ+MP3+FM+AM」ってのは「ワンセグ+MP3+FM」でいいんですよね。

MP3+FMのところは愛用のSONY NW-S706Fで十二分にカバーできていますので、やはり必要なのは軽量小型のワンセグですかね。ってことは、XDV-100か…(自爆)

2007年9月28日 (金)

ワンセグにゆらゆら

最近、ワンセグが欲しくなって困っています。といっても、携帯電話のワンセグには興味ありません。というか、現在のNokia N73 (Softbank 705NK)が気に入っていまして、それを国産の他機種に変えようなんてさらさら思いません。将来機種変するとしたらやはりNokiaになるでしょう、ってくらいNokiaが好きですね。ましてや、新たに回線を契約してまでワンセグ携帯を持とうとは思いませんし、何よりバッテリーがあまりにも持たないようです。

ワンセグは機器による受信感度の差が大きいようです。携帯ではDoCoMoのP903iTVは現行のワンセグ携帯では最高の感度(ほんとか?)とかいう話で、バッテリー駆動もECOモードで公称7時間、通常モードでもおよそ5時間20分ということでなかなか魅力的ですが、そのために月額何千円かをDoCoMoに寄進するのは愚かなことでありますし、携帯をDoCoMoなんぞに乗り換える気は皆無です。

他に評判が良さそうなものを探すと、まず定番はSONY XDV-100というワンセグ+FM+AMですね。これの魅力はFMとAMがついていること。穴馬なのはワンセグ付き電子辞書のPW-TC900(現在は手書き認識のついたPW-TC920もあります)ですかね。一般モデルの電子辞書ですがなんで辞書にワンセグ?という思いはありましたが、これが意外に高感度らしく、製品のターゲットは40代の男性サラリーマンということで、メーカーのねらっている購買層はXDV-100とまさに同じですね。

【台数限定・送料無料】SHARP【電子辞書】ワンゼグ搭載電子辞書 Papyrus(パピルス) PWTC900W(ホワイト)

『この秋も激安!秋先取りSALE開催 』ソニー【SALE対象お買い得】ワンセグラジオ XDV-100★送料無料!【XDV100】

理想的にはワンセグ+MP3プレーヤー+FM+AMなんでありますが、AMとMPはノイズの関係で両立しえないようですので、AMをあきらめたとしてもワンセグ+MP3+FMってのもみかけないですねぇ。ちなみに、MP3プレーヤー+FMの組み合わせで、FMが実用的感度を持っているのって、使った範囲ではSONYとiriverが合格圏内で、creativeはダメダメでありました。

とにかく、うーん、悩みます…って、買うと決めた訳じゃない(汗)

2007年9月27日 (木)

手踊りカンガルー

我が家には、なんと手踊りカンガルーが六匹いますが、そのうちの四匹が同じタイプであります。

20070927.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

ケアンズで二匹(ケアンズ・ナイトマーケット、ケアンズ空港売店)、シドニーで二匹(シドニー水族館)であります。まあ、なんと、アホな…と思われるでしょう。実際、客観的にみればアホでありますが、かわいいので許せちゃいます。

我が家では、一応、二匹でカップルってことになっていますので、次にオーストラリアへ行ったら二匹購入しないといけないのです(笑)。

んな、アホな…。

2007年9月26日 (水)

BUFFALOのハイパワー無線LAN

結局、無線LANの親機をハイパワータイプにして、そこからもっともと遠い娘の部屋で無線LANを安定して使うために、そのPC用にハイパワー子機も導入しました。

20070926.jpg(
OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

結果は上々で従来のCF-W4内蔵無線LANでは、タスクトレイの無線LANアイコンでシグナルの強さが「弱い」とか「非常に弱い」でよく切断されていたのですが、今は「強い」か「非常に強い」になり、接続も安定するようになり、確かに効果があります。

11a/g/b同時接続 ハイパワー無線LAN BBルータバッファロー 無線LAN BroadBandルータ WHR-HP-AMPG

バッファロー WLI-CB-G54HP

ただ、最初から親機と子機が必要なことがわかっているなら、当然のことながら親機と子機のセットモデルのほうが格段にお得であります。

バッファロー WHR-HP-AMPG/PHP ハイパワー無線LANカードセット

無線LANが一階と二階、家の端から端ででつながりにくいとかいった場合、投資してみる価値はあるかもしれません。ただし、これを使ったからつながるようになるという保証は全くありませんのであしからず。

2007年9月25日 (火)

玄関ドア用防犯カメラ「e留守っ娘」

9月15日のエントリーで紹介した玄関ドア用無線防犯カメラを実際に取り付けた写真です。

20070925.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

玄関ドアに取り付けるカメラ部は、単三電池4本での電池使用または、付属のACアダプタ使用になりますが、電池のほうが手軽であります。ACアダプタのDC側は5mほどありますが、細いとはいえ玄関まわりに線を引き回すと汚らしくなりますし、玄関のそばにコンセントがないとさらにやっかいです。幸いにも我が家には玄関にコンセントがありますが、でも、やはり、玄関先は美しくしておきたいので電池で使っています。

自宅のテレビで来客者をチェック!留守の時も日付入りで画像を保存玄関ドア用防犯カメラ「e留守...

当然のことながら、自分たちの出入りも記録されますし、宅配便が玄関先まで配達してくれたときも記録されますので、それなりに便利ではあります。オートロックマンションでは、オートロック共同玄関がカバーする戸数規模にもよりますが、オートロック無しほどには怪しいセールスは入ってきませんから、活躍する機会はさほど多くないかもしれませんが、何もないより安心感は相対的に高いです。

2007年9月24日 (月)

久しぶりの花

土曜日の散歩のときに、キノコとは別の場所で建物のそばでひっそりと咲いていました。

20070924.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

残念ながら花の名前はわかりませんが、なにげなく咲いているこいう小さな花ってスキですね。

2007年9月23日 (日)

キノコ

近所を散歩していて見つけました。

20070923.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

アカヤマドリというキノコに似ており大きさも二十センチくらいある巨大なものであります。素人は見知らぬキノコに触れないのが一番なので、手は出しませんでしたが、いや、ちと不気味であります。

2007年9月22日 (土)

クロネコさんの地震対策

我が家の引越をお願いしたのは、クロネコさんです。引越の搬入の時に、家具の地震対策をリーダーの方が売り込んできました。

クロネコさん推奨のものは、家具の手前に楔状のものを挟み込んで、家具上端を壁側に傾けてつけるようにするもので、市販にもそのような商品があります。

うまいと思ったのは、引越の搬入というタイミングです。本棚とか中身をいれてしまうと、あとからこの対策をするのは、再度中をカラにしない限り無理ですね。というわけで、居間に置く二つの本棚にお願いしましたが、本棚一つ(対策の楔二つで一組)について税込み1050円と高いです。

20070922.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5)

これが、クロネコさんの地震対策であります。「ふんばる君」といった商品もありますが、クロネコさんのは色も茶系で、まあ、いいんじゃないか、って感じです。

2007年9月21日 (金)

無線LAN

引っ越してから、広くなったこともあって無線LANの有効範囲が狭くなってきたので、ステーションのほうを買い換えました。

新たに買ったのは、ハイゲインアンテナ搭載のBUFFALO WHR-HP-AMPGです。ハイパワーとありますが、実際には出力が多きわけはなく(なぜなら出力は電波法で厳しく制限されているからです)ゲインの高いアンテナを搭載しているのですね。

効果は明らかにありましたが、でも、今一歩。当然のことながら子機もハイパワーアンテナ搭載モデルでないとあまり意味がないのですわね。そりゃそうだ…。

室内でどれくらいの強さ変化があるかを、NetStumblerを使って調べたら、やはり想像通りの結果でステーションは南の部屋の端にあり、一方の端にある娘の部屋ではかなり弱くなっている。というわけで、子機側もハイパワータイプをAmazonでクリックしました。

大規模マンションということもあるのでしょうか、NetStumblerでは結構なステーションの数が出てきます。同じチャンネルで強さも同じくらいで三つほどのステーションがあったり…。デフォルト設定のままで使っているのでしょうか。ただ、いずれのステーションも昔と違って一応暗号化などがなされているようですし、SSIDもメーカー一律のものとは違ってきていますが、気にしている人ってほとんどいないでしょう。

閑話休題。最初から家庭内LAN埋め込み配線があれば、別にハイパワータイプとかいらないのですが、CATVのネットを使っているのでケーブルモデムは一カ所のみ(そりゃお金を払えば追加してもらえるでしょうが…)ですから、そこから部屋中にネットワークケーブルを張り巡らすなんてアホなことはできません。やはり、無線LANが不可欠ってのが現実であります。

ハイパワータイプの子機も入れた結果がどうなったかは、ブツが届いてから…。

2007年9月20日 (木)

Amazonの普通便とお急ぎ便

2007年6月18日のエントリーにも書きましたが、Amazon.co.jpでは、お急ぎ便ができて以来、普通便の発送が顕著におそくなりました。

お急ぎ便というのは、条件限定で早ければ当日、遅くとも翌日にはお手元に届けますが、そのかわり別途手数料を頂戴しますというやつです。お急ぎ便登場前のAmazon.co.jpは結構配送がはやくて、最速では朝注文して夕方配達されたことすらありました(都区内)。

ですが、お急ぎ便登場からAmazon.co.jpがいろいろな意味でせこくなりました。まず、注文から発送手続き中までの時間がとても短くなったこと。この発送手続きに入るまでであればいつでもキャンセルできたのですが、発送手続きに入ってからだと返品しかできないんですよね。では、発送手続きに入ってからすぐに発送されるかというと、これがなんかえらく長くなりました。つまり、私からみれば、形だけ(システム上だけ)キャンセルできないように、発送手続きのフェーズにすぐに入れてしまい、そこでお急ぎ便との格差をつけるために、1日とか2日とかオーダーをそのまま寝かせておき(=放置しておき)、ようやく発送する…という風に『見えて』しまいます。実態はどこかで本当に時間がかかっているのかもしれませんが、過去そうでなかったことを考えれば、やはりわざとだとしか思えません。

1500円以上送料無料なので、まあ、結構使っていますし、洋書についてはここで買うのが安さと早さではベターなのでそれなりに買っていますが、なんだかなぁって感じです。

ちょっと天狗になってませんか?Amazon.co.jpさん!

2007年9月19日 (水)

凶悪な商用スパイウェア……スペクタープロ

セキュリティ対策も一歩間違えると恐ろしいものになりそうだ。AOSテクノロジー社が発売している「スペクタープロ」という、考えようによっては恐ろしいソフトが存在する。

画面スナップショット、キーストローク、YahooやGoogleなどの検索サイトで検索した語句、アクセスしたWebサイト、送受信した電子メールの内容、起動したプログラムやその日時、ダウンロードしたファイルなど、PCでの操作をほとんど全部記録するものらしい。

さらに、ステルスモードといって、Windowsのシステムトレイ、デスクトップ、タスクマネージャー、プログラムの追加と削除には一切表示しないモードがあり、記録ファイルはあらかじめ決めたホットキーを使わないとアクセスできないし、

これらの機能だけをみれば、これは立派なスパイウェアである。自らその全ての機能を承知した上で自分の手でインストールするならまだしも、自宅や会社のPCで勝手にインストールされてはたまったものではない。会社の中で別に怪しいことをしていなくても、守るべき機密も逆に漏れてしまう可能性がある。特に画面スナップショットやキーストロークの記録は凶悪である。スパイウェアの中でももっとも凶悪なものがキーロガーなのであるが、それと同じことを商用ソフトがしてしまうのである。

第一、このスペクタープロが記録したキーストロークを密かに外部に送信していないという保証はどこにもないし、また、わざわざキーロガーを送り込まなくても、このスペクタープロをクラックすれば、楽勝でキーストロークを悪意ある第三者が知ることも不可能ではあるまい。

浅はかにもこのソフトに好意を寄せる人がすくならず居るようだが、行ってみればテロリストに武器と資金を渡すようなもので、絶対に使ってはいけないソフトである。たとえ家庭の中であっても使ってはいけない。これは電話の盗聴器と同じといってよかろう。

ステルスモードで企業の管理者が従業員に黙ってこれを入れても普通のユーザーやちょっとPCに詳しいくらいの人ならば一切気づくこともないのが売りなのだそうであるが、なんと愚かなことよ。こうしたソフトは最後の手段であることは言うまでもない。逆に言えば、従業員に黙ってこれを使わざるを得ないような会社であれば、早々に転職を考えた方が身のためである。ひょっとしたらその経営者はあなたのプライバシーもことごとくねらっているかもしれないのである。おお怖…。

2007年9月18日 (火)

Hula Hawaii

最後にハワイに行ってから六年がたちます。別にハワイが嫌いになったわけではないので、また行きたいなぁとか思うわけです。

先日、流山おおたかの森SCへ行ったときに、ハワイ雑貨の店「Hula Hawaiiがありましたので覗いてみました。この店は全国とはいいませんが、首都圏を中心に現在23店舗を展開しているハワイ雑貨のお店です。

輸入なので価格はかなり高く、正直なところそこまで出して買いたいものはないのですが、店に入るとなんとも懐かしい香りがします。この香りはハワイの香りだぁ、とすっかり気分だけはハワイになりました(笑)。ハワイは独特の香りがするところだと思いますが、それに比べるとオーストラリアとかニュージーランドの香りってのはあまり記憶にありません。もちろん「外国のにおい」はするのですが、ハワイほど記憶に残るものはないように思います。

いや、それにしても高いです。Royal Kona Coffeeの100% Pure Konaなんか7ozで3500円を超えているのはびっくりです。個人輸入で買えばもっと格安で買えることがわかっているので買おうとは思いません。いくら経費がかかるとはいえ、この価格で買う人っているんでしょうかねぇ。

ともあれ、鼻の保養(笑)はさせていただきました。

2007年9月17日 (月)

ショッピングセンター

最近の大型ショッピングセンターって、欧米化していますね。昨日のことですが、「流山おおたかの森ショッピングセンター」と「ららぽーと柏の葉」の二つの大型ショッピングセンターをハシゴしてきました(笑)。

どちらも、つくばエクスルプレスの開通とともにできた駅に隣接したショッピングセンターで、つくばエクスプレスの駅では何と隣りどおしなんですね。連続した駅に大型ショッピングセンターを作って大丈夫なんですかね?とか、思いつつ、新しいショッピングセンターを歩くのってなんだか楽しいです。

全体的にどちらにもいえるのは、お互いを除けば競合店が近くにないため、スーパーや食事は全体的に高めですね。といいますか、需要と供給の関係でしょうか、東京都心より同じ程度のものならば高いように思います。ららぽーと柏の葉のほうは185店舗、流山おおたかの森ショッピングセンターは130店舗「らしい」ので、規模としては前者が大きいですが、個人的には後者のほうが気に入りました。若いお姉さんなら前者かもしれませんが、興味を引く店が前者には少なかったのです(笑)。ちなみにカナダで二番目に大きなショッピングセンターであるMETROTOWNは500近い店舗があるので、それと比べて三分の一程度ですかね。しかし、ららぽーとTOKYO-BAY(昔は船橋ショッピングセンター)は、なーんと540店舗もあって、METROTOWNを上回っています。

実は、まだTOKYO-BAYのほうは行ったことがないので一度行ってみたいのであります。

2007年9月16日 (日)

秋の足音が聞こえる

昨日の昼間は日差しが肌に突き刺さりましたが、日が落ちてから、外へ出ると虫の声が耳に飛び込み、昼間の強い日差しでほてった肌を、秋の風がやさしくなでてさましてくれます。

こういう自然の四季の足音は、都心に近い以前の住居ではなかなか感じることがありませんでしたし、空調の効いたオフィスの中で仕事をしているので、昼も夜もあまり季節の移ろいというのがなかなか伝わってきませんでした。長い間そういう生活をしていたので、季節を感じにくいのが当然になっていました。

日本、それも本州に住んでいて季節の移り変わりを肌で感じないなんて、考えてみればとても不自然なんですよね~、ホント。

2007年9月15日 (土)

玄関ドア用の防犯カメラのその後

以前のエントリーで紹介しましたが、旧居では玄関ドア上部にとりつける防犯カメラ(動画)のGATE EYEを使っておりましたが、新居では不細工なケーブルを引き回したくないので、玄関ドア上部に工事無しで取り付けることができる無線タイプのスチル防犯カメラを買って取り付けました。

自宅のテレビで来客者をチェック!留守の時も日付入りで画像を保存玄関ドア用防犯カメラ「e留守...

これの優れたところは、スチルではありますが自動的に来訪者を撮影して本体に無線送信し、本体側では日付時刻を入れて記録してくれるところにあります。したがって、留守中に誰か玄関先まで来たかどうかなどがすぐにわかります。もちろん、在宅していれば、センサーが感知すればピンピーンとチャイムで合図してくれますので、別途接続したテレビの画面を見ればすぐに玄関先の静止画をみることができます。

我が家ではインターホン親機のところに、下で紹介した小型液晶テレビと防犯カメラ親機をおきまして、すぐにその場で画面を見ることができるようにしております。

大好評の為、残り在庫僅か・・・ZOX 5.6インチTFTカラーモニター液晶テレビZTO-507【即納】

工事も不要で玄関先を監視できるこの組み合わせはなかなかのものですが、パトライトの防犯カメラ本体はつくりがしょぼくて、ボタンのタッチも安っぽいですし、何よりこのカラーモニターと組み合わせると、カラー画像なのに白黒で映ったりします。他のHDDレコーダーからのVIDEO出力をこのモニターで見ると必ずカラーですし、防犯カメラ親機を居間の普通のテレビにつなぐと必ずカラーで映るので、どうやら相性問題ってのがここにも発生したようです。

しかし、まずはその場で画像が確認できるというメリットはかなり大きく、さらに留守中も撮影してくれるってのはいいですね。

マンション住まいで玄関先が防犯上不安な方は一考の余地があると思います。

2007年9月14日 (金)

引越のToDoリスト

私の記憶にむちゃくちゃな誤りが無い限りは、私自身は生まれてから現在に至るまで十回以上の引越しをしております。もちろんその大半は子として親についていったに過ぎませんので、自分が主役での引っ越し回数は、就職時を含めますと、今回で六回目でした。

引越しも回数を重ねるとだんだんコツがわかってくるものでありまして、よくものの本にはやるべきことリスト(ToDoリスト)を作りましょうなんてあって、十行くらいやることがリストアップされていたりします。経験から言いますと、漏れを出さないためにはそれではまったく不十分なのです。

今回の引越しでの私のToDoリストは不動産購入関係を入れますと、結果的に120項目ほどになりました。それは、例えば不動産代金の決済、契約、といった重要なものから、例えば夫婦のベッドの発注とかソファ納品とかいったいったものまでレベルはさまざまです。

また、一つのイベントが発生するとそれに関連したToDoも発生します。例えば、家具を発注すると納品というイベントが発生しますが、これらもそれぞれ独立したToDoとして数えました。とにかく、何かイベントが発生する、やるべきことが発生するときは必ずリストアップします。それらの中には、電気代精算依頼とかガス開栓依頼、ガス開栓立会いとかそういったものがありますが、依頼することと、依頼内容が実施される(する)ことは別のToDoとしています。そのほうが漏れがないからです。

これらを紙ベースで管理していたのではすぐにぐちゃぐちゃになってしまいますので、EXCELを使いました。チェックラン、予定日、実施日、項目、補足(誰が…)など、5W1Hを基本としてわかりやすく記載してゆきます。最初は数十行でしたが終わってみたら100行を超えていたわけです。

面倒かもしれませんが、これを地道にやることがもれを出さないコツですし、またチェックが増えて行き引越し関連の仕事が進んでゆくのを長めるのも楽しいものです。

これから引っ越す方、お試しを。

2007年9月13日 (木)

マンションの物干し

マンションと言えばベランダ、ベランダと言えば物干しってのが日本的マンションだと思うわけでありまして、以前はマンションの物干しといえば、ベランダの天井から「J」字型の金具がぶら下がっていてそれに物干し竿をかけて、洗濯物などを干したものです。

既に過去のような話をしていますが、つい先日までは我が家も旧居ではそのような物干しを使っておりました。このタイプのメリットとしては、ベランダの床から物干し竿までの高さがかなりあるので、丈の長いものを洗濯物を干してもベランダの床を擦る心配がなく、ベランダの柵やコンクリートの影にならず日当たり・風通しともに良いことがあります。

一方、昨今はベランダの柵の側に腰高程度の竿を支える金具がとりつけられているのが主流のようです。これはマンションの外観が洗濯物だらけにならないという美的メリットはありますが、実用的でないのは間違いなくて、丈の長いものは干しにくいしついベランダの床をこすって汚してしまいがちです。また、風通し・日当たりともにイマイチとなり、雨の日は柵側に近いのですぐにぬれてしまいます。我が家はこのタイプです。

平均的には新しいマンションほど便利にはなっていますが、この物干しだけはちょっと実用性というか使う方の立場を考えていないんじゃないかと思いますね。結局、これだけでは不足で、皆勝手にベランダの柵に補助物干し台をつけたり、あるいは物件によっては分譲時オプションであったりします。オプションでつけるくらいなら最初からつけておけば良いのにとか思いますが…。

ちなみに、楽天を探すとありました、ありました。

おなじみのブロンズアルミのベランダ専用物干し台です。販売台数が何よりの証。直径を30ミリに...

なかなかのものでして、我が家のベランダにも色的にもぴったりでありますが、ベランダの鉄部塗装が痛みそうなのと、先々マンションの鉄部塗装(補修工事)のときに、これをつけた部分が問題なりそうな気がしますので、我が家としてはパスであります。

というわけで、固定タイプではなくて、頑丈にできたスタンド式のものを探してみますわ。

2007年9月12日 (水)

虫の声

都心に近い旧住居では、外へ出て児童公園のあたりに行くと虫の声が聞こえてきたものですが、今は大違いでして九階の我が家ですらリビングに居ても虫の声がジャンジャン聞こえてきます。

幼い頃はこういう環境だったはずで、いつのまにか都会生活に慣れてしまいまして、虫の声とも縁の遠い生活が当たり前になっていました。それはそれで他にメリットも多かったのですが、季節の移り変わりを肌で感じる機会が激減していたのも事実であります。

四季のはっきりした土地に住んでいるのなら、やはりそれを肌で感じるのが自然だと改めて思っています。このエントリーは、日の暮れた南側のベランダよりのリビングにパソコンラックを置いて、先日買ったプレジデントチェアにムートンフリースをかけてどっしりと座り込んで書いておりますが、外側からは虫の声と秋の風が実に心地よいです。

引越後二週間を経過し、本格的に落ち着いてきましたので、もう少し涼しくなったらデジカメを持って、自転車で出かけたいと思っています。このところ写真付きのエントリーが無かったので、さすがに寂しいですからね。

2007年9月11日 (火)

マンションの専用ポーチの用途

昨今のマンションは、共用廊下に即玄関扉という造りよりは、玄関ドアが共用廊下から少し奥まったタイプ(奥まった部分のスペースをアルコープと言います)や、門扉あるいは戸建てのように門扉+フェンスがあって、玄関ドアまでのスペース(専用ポーチ)を取ったものが多くなっていますね。

アルコープは一般には専用権があるわけではないので、そこにものをおくのは大体は管理規約で禁止されていると思いますが、専用ポーチになると管理規約での禁止レベルはいろいろのようです。なかにはアルコープ同様に一切私物を置くなというところもある「らしい」ですが、一般的には物置の構築設置などはベランダ同様に禁止されているのが普通でしょう。部屋として使うなとかいうのも(キャンプでもするというのか?)これまた当然といえば当然であります。

専用ポーチでの禁止事項などは賃貸住宅であれば管理会社やオーナーに聞いてみるしかないですし、分譲であれば管理規約と付随する使用規則などを確認するのが間違いがありません。

ちなみに、我がマンションは全戸に専用ポーチがありまして、禁止事項は物置の構築・設置とか部屋として使うな(笑)といった当たり前のものだけでして、私物を一切置くななどといった厳しいものはありません。分譲時のパンフレットを見るとオープンカフェ風にしている絵があって、ちょっと笑えてしまいますが…。とりあえず、プレジデントチェアとかレンジ台とか大物を通販したときに取り出して段ボールを解体するにはもってこいのスペースであります(爆笑)

いずれにせよ、前住居では玄関を出ると即共用廊下だったので大いなる進歩であります。

2007年9月10日 (月)

ソニーのワンセグ×ラジオ

転居して住居のレベルは比較するのも気が引けるくらいに向上し、自然環境も非常に良くなったが、それと引き換えに通勤時間が+30分長くかかるようになりました。これは最初から覚悟の上だし、何よりほぼ確実に座れるで、別段どうということはないのえすが、それがゆえに猛烈にほしくなってきたものがあります。

それが、SONY XDV-100です。

土日出荷OK!◆送料・振込手数料無料!◆SONY ワンセグTV FMステレオ/AMラジオ XDV-100 S(シ...

2.83インチの液晶パネル搭載のワンセグTV/FMステレオラジオ/AMラジオなのであります。先日も帰りにふとまわりを見ると結構ワンセグ携帯を使っている人が多くて、なおのこと物欲虫が騒いでいるのであります。

それなら携帯をワンセグ対応にすれば?ってのはありますが、それは次の理由で却下です。

① 現用のN73 (Softbank 705NK) が気に入っていてNokia以外の携帯は使いたくない
② さりとてあらたにワンセグ携帯を契約するのはばかげている
③ ワンセグ携帯ではバッテリー消費が気になる

さらに、SONY XDV-100だと、FM./AMラジオにも対応しているので、地下以外でワンセグがうまく受信できなくてもFMやAMは受信できることが多いというメリットもあります。

なんでも、SONY XDV-100はターゲットを40~50台の男性においたそうで、みればみるほど琴線に響きまして、まさにソニーの思う壺状態に陥りつつあります。

うーむ、欲しいぞ、どこが安いかな(爆笑)

2007年9月 9日 (日)

PASMOよ、さらば

引っ越してから、自宅と勤務先の間を途中改札を通らずに三社線を乗ることになりまして、PASMOやSUICAといったICカード定期券では通れなくなりました。

これは、①磁気定期券でもICカード定期券でも一部の例外を除いて一枚の定期券では二社線連絡定期券までしか発行されないこと、②ICカード定期券は必ず入場と出場が記録され、入場記録無しの出場と前回乗車時の出場記録無しでの入場は認められない(自動改札が閉じます)という二つの理由によります。

そもそも東京圏という世界的にも大規模・複雑で相互乗り入れの発達した公共鉄道網を持つ都市において、いまだに定期券が二社線しかだめというのが時代遅れな話です。地下鉄を真ん中に挟んで両側をその地下鉄と相互乗り入れしている私鉄あるいはJRを利用すると、あっというまに改札を通らない乗り換え無しの三社線利用となります。磁気定期券のときには記録フォーマットの問題があったらしいですが、ICカードではそれを克服できたはずでこれは鉄道会社の怠慢というべきです。

問題は②です。磁気定期券でも原則は入場と出場の記録はペアであり、それがないと改札が閉じるのが原則ですが、ここは回避策が設けられています。すなわち入場するときは定期券Aで出場するときは定期券B(もちろん区間は連続しています)ということになります。普通ならそのままではいずれ改札が閉じますが、あらかじめ両方の定期券を有人改札で提示して、連続処理(連続ビット処理)をしてもらうと、このチェックをバイパスするようになります。同じことがICカード定期券でできればよいのですがそれはだめなんですね。

まあ、そういうわけでありまして、PASMO定期券&SUICA定期券は使えなくなりました。時代と逆行ですね。ま、でも、ICカード定期券を二枚もつと経験的には間違えて余計な出費をせざるをえなくなるのえ、このほうが無難といえば無難であります。

2007年9月 8日 (土)

台風9号

木曜深夜から金曜日の朝にかけて首都圏を直撃した台風9号は久しぶりの直撃台風で凄かったです。

凄かったとはいうものの、幸いなことに木曜日は出先で仕事を早く終えて直帰、金曜日は転居後の手続き関係がまだ残っていたのでそれを片付けるつもりで有給休暇を予定していたのはなんともランキーでありました。おかげで、あの暴風雨でもほとんど傘もささずぬれることもありませんでした。

前住居では台風のときはベランダはあれどもかなり掃き出し窓に雨が吹き付けましたが、新居はベランダが広く奥行きがあるために、掃き出し窓のガラスも少しはぬれた程度ですみました。それでも、玄関側のポーチに入れてある自転車は倒れないようにポーチのフェンスにひもで縛り付けたり、立てかけてあった解体済み段ボールをひもでまとめて直接ポーチの床に寝かせたりくらいの対策はしましたが、結果的には何事もなく終わりました。

前住居は都心に近い非常に便利でありまして、複数の最寄り駅に複数の鉄道会社が入っているので、一路線がとまっても全然問題なく都心に出られる環境でしたが、郊外の新居では鉄道は一社だけでして、それが止まれば通勤不能という世界。まあ、ある意味では当たり前の世界なんですが、先に書いたように幸いにも休暇でしたので、鉄道が朝の内とまってしまった影響も受けずにすみました。

ある程度静まった昼すぎに出かけて用事をすませましたが、いやぁ、まだまだ風が強くて、看板でもとんでこないかといつになく上のほうに注意しながら歩きました。

台風もぼちぼちこの夏は終わりでしょうか。秋がすぐそこまできています。

2007年9月 7日 (金)

プレジデントチェア

新居で欲しいものの一つに自分用の椅子がありました。最初は、これをねらっていました。

★【送料無料!】【本革使用/一部合皮】

その一方でパソコン用にも何か椅子が必要だというのも前住居からの解決すべき課題でして、このリクライニングチェアを買ってしまうと、いくら前住居より広くなったとはいえ、パソコンチェアをさらに追加というのは厳しいものがあります。

結局、このリクライニングチェアを断念し、パソコンチェアにちょっと奮発してプレジデントチェアを買いました。いろいろ探したのですが、ピンとくるものが少なくて、結果的にまたしても楽天でお買い物でした。

[新品]低反発ウレタン仕様◆ハイバック本皮トッププレジデントチェアー【送料無料】

佐川急便でどでかい箱が運ばれてきまして、取り出すのに一苦労(笑)。これ、新居では玄関先に広い専有ポーチがあるからそこで作業できますが、以前の共同廊下即玄関ドアだとかなり苦しかったかも。独身用の小型の冷蔵庫よりでかいくらいの箱であります。

苦労して取り出して、フキフキして早速室内へ。低反発ですが座面はふかふかではなくしっかりしたやや堅めで、背中のほうはさらに堅めですが、背中が埋もれて姿勢が悪くなる心配がないので、長時間もたれていても疲れは少ないようです。私はこれに130cmのムートンフリース1.5匹ものをかけてみましたが、いやぁ、気持ちいいっす。

こういう自分だけの椅子ってのが以前から欲しかったのですよ。机は欲しいとは思いませんが、こういう椅子が欲しかったんですよね。満足、満足。

2007年9月 6日 (木)

引っ越して変わったこと(自宅設備面)

引っ越したら色々なことが変わるのは当然で、変わらないなら引っ越す意味が無いわけでありますが、ここでは我が家の場合の設備面に注目しましょう。

旧居は築二十年をやや超える賃貸マンションです。賃貸マンションってのは特別なものを除けばあまり立派な設備はありません。例えば三箇所給湯の設備はありますが、コックは水と湯が別のもので温度調整がやや難しかったりするし、風呂も普通に熱めのものを入れてキッチンタイマーを十数分とかセットして入ったことを知るわけですな。当然、オートロックは無縁でありました。

で、新居はといえば、分譲マンションでして、風呂の例をあげれば全自動バスなので、『浴槽の栓さえしておけば』あとはキッチンか浴室のコントローラーのボタンを押すだけで、設定した適切な温度・湯量のお湯が入り始め、入り終えれば音声で教えてくれて追い炊きはもとよりそのまま保温してくれますし、タイマーでセットしておけば帰宅したら即風呂に飛び込めるなんてことも可能です。いや、いまどきの分譲マンションではかなり当たり前ですが、これは我が家にとっては文明開化に等しい変革であります(笑)。

他にも細かい設備面の改善はかなりあるわけですが、理想まで届かないってところももちろんあります。欲を言えばオートロックとインタホンですね。共同玄関のところにはカメラがあるべきで室内のインタホンで画像を見たいですし、各部屋の玄関にもカメラがほしいですが、これは先のエントリーで紹介したワイアレスのカメラを自分でつけちゃいましたからOKですな。

まあ、ハイテク面では上を望めばビルゲイツ氏のお屋敷になってしまいますので、そこはほどほどの限界ってものがあります。とりあえず現状では満足しています。

2007年9月 5日 (水)

自転車購入

旧居は都心近くでとても便利だったのですが、その便利さと引き換えに空気が汚い。それが証拠にマンションの自転車置き場の自転車は一週間も放置すると単なる埃だけではなくて、排気ガス汚れでサドルを拭いた雑巾が油っぽく黒くなるんですね。その上、ありがちなことに、自転車置き場に自転車ががびっしりなもので出しにくい&入れにくいということで、ぼろくなったママチャリは処分して久しいです。

新居は相対的には空気もかなり綺麗で、マンションの我が家の玄関前の専用ポーチも広いので、そこにおけますからチャリを買いました。場所がそれなりに起伏が多く、変速機無しってのはあり得ないので、これを買いました。

ブリジストン サブナードスポーツ エアハブタイプ NSS76A

むか~しの外装変速機付きと違ってハンドルグリップに近いところで、バイクのアクセルグリップ感覚で変速ができるのは楽ですね。これで行動半径が十倍にはなります(笑)。旧居の都心と違ってカメラをリュックに入れてプチ遠出するには自然も多いですし、これからいい季節でもありまして、週末が楽しみになります。

なんてことを書いていたら、台風9号が東京圏直撃コースを進んでおり、明日の六日から七日にかけて大荒れになりそうです。サラリーマンとして一番嫌なのが台風で荒れている中の出勤ですね。どうか、夜中の間に通り過ぎますように!

2007年9月 4日 (火)

どうにかこうにか片付いた

引っ越します…というエントリーを書いたのはしばらく前ですが、無事引越は終了しました。後から見ると欠落なくエントリーが毎日公開されているので、どこで引っ越したかは謎だと思いますが、まあ、謎は謎のままにしておきましょう。

十数年家族で一つところに住んでいると、まあ、荷物の増えること、増えること。この狭い家のどこにこんなに荷物が入っているのだと感心することしきり。三人家族なのに6tトラック満載(ベッドとかソファとかは無いのに!)で、段ボール箱は100箱を超えました。

これに比べれば独身時代の引越なんて屁みたいなものですし、結婚して二人暮らしが始まってまだ時がたたないうちならやはり屁みたいなものだと実感。その上、あの暑さでしたから、いくら引越業者お任せ(梱包だけおまかせで小物開梱は自分たちでやるタイプ)でも汗が出てきて、その上開梱の時は二部屋に段ボールの山が築かれて、これ、どうしよう状態でした。

それもおよそ一週間で九割以上は片付き平常生活が戻りつつある状況になりました。いずれにせよ、真夏の引越なんかやるもんじゃあないですな(苦笑)。

2007年9月 3日 (月)

シモンズダブルクッションは最高です!

新居への引越を終えて(これはまた別ネタで書きますが、いやぁ、大変でした)、本格的にシモンズダブルクッション(ABR)のニューフィットで眠るようになって感じたこと。

シモンズ・ダブルクッション(ABR)は私にとって最高!ということであります。愛用の長毛タイプのムートンシーツを乗せたこのベッドで眠ると、眠りが深くて目覚めが良くなったことを感じます。以前のエントリーで書いたように私自身はベッドを使う生活というのは別に初めてではないのですが、これほどに快適な眠りを得たのはこのシモンズ・ダブルクッション(ABR)が初めてです。

ベッドの好みは人それぞれなんで誰が何を選ぼうと自由でありますが、もしシモンズを選ぶならダブルクッションを選ぶほうが良いのではないかと感じます。さらに予算を有効に使うならヘッドボード無しのダブルクッションにすればよろしいでしょう。シモンズはヘッドボードも良い素材が使われていて手間がかかっているようで、ヘッドボードの有無だけで数万円から十万円前後の差が出ますから。ベッドの頭側をぴったりと壁につけられるのえあれば、ヘッドボードの必要性についてはかなり疑問です。

PRといえばPRなんですが、私が購入したお店はこちらです。まずは、シモンズショールームで納得の行くまで選んで、あとはメールで価格や納品についてこちらで納得のゆくまで相談しました。

家具のビックスリー

シモンズ製品であれば、ボックスシーツ、ベッドスカート(これはやはり寸法の関係でシモンズオリジナルがおすすめです)、ベッドパッドなどもこちらで相談すればかなり割安で買うことができます。


★まごころ特価はメールでお知らせ★シモンズ ダブルクッション ゴールデンバリューシングル...


★まごころ特価はメールでお知らせ★シモンズ ダブルクッション ニューフィットシングルサイズ

2007年9月 2日 (日)

裸でムートン

なんか妙なタイトルです。ムートンシーツを長年愛用しており、現在は二代目であることはこれまでのエントリーで書いたとおりです。現在、愛用しているのは、長毛タイプのもので、毎週末にはブラシをかけて手入れをしています。

さて、このムートンシーツですが、実は素肌に非常に心地よいのです。先日紹介したムートンスリッパは是非自分専用に良いものを買って素足で履いていただきたいです。同じように、ムートンシーツも素っ裸で横になると、これはもう天国なのであります。むかし大手寝具メーカーのCMでムートンシーツだと思いますが、「うーん、寝てみたい」なんてのがありましたけど、まさにそんな感じ。厚手のパジャマを着て横になったのでは気持ちよさ半減です。

ムートンが独自のクッション性で体圧を分散するってのがまんざら嘘じゃないってのが、裸で寝てみると体感できます。裸で寝るには、やはり短毛のものより、毛の密度が濃くて毛足の長いタイプが快適だと思います。

あまりないかもしれませんが、良いムートンシーツを買ったら是非一度おためしあれ。

2007年9月 1日 (土)

凶悪な上野駅大連絡橋経由乗り換え

先日、キャリーカートにちょっと大きめの荷物をくくりつけて、所要で山手線から常磐線に乗り換えようとしたときのことです。

山手線から代連絡橋経由で乗り換えようとすると、上りエスカレーターはあるのでたいした問題にはなりません。問題はそこからでして、大連絡橋(すなわち公園口から乗る人も同様)経由で常磐線ホームに下りようとすると、どこを探しても下りエスカレーターもエレベーターも見当たりませんでした。1Fの東北本線とか高崎線ホームに下りるエレベータはあったのですがねぇ。

先日書いた幅広自動改札が存在しないことと考え合わせても、JR東日本はユニバーサル化には消極的なのでしょうか。路線の営業距離と駅の数が桁違いとは言え、他の私鉄では当たり前にエスカレーターなりエレベーターなりがありますが、東京でも大きなターミナルである上野駅でこの状態というのはかなり情けなくはないですかね。

足腰の弱ったお年寄りで事故が多いのは下りの階段だと聞きます。のぼりは確かに大変なのですが、時間をかければ上れなくはない。ですが、下りは踏み外してしまって転落事故に直結します。その上、東京という人口の多い都市では他人を押しのけて先に行く輩が後を絶ちませんのでなおさらですね。

いずれにせよ、もう少し真剣に取り組んで欲しいものです。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »