マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 凶悪な商用スパイウェア……スペクタープロ | トップページ | 無線LAN »

2007年9月20日 (木)

Amazonの普通便とお急ぎ便

2007年6月18日のエントリーにも書きましたが、Amazon.co.jpでは、お急ぎ便ができて以来、普通便の発送が顕著におそくなりました。

お急ぎ便というのは、条件限定で早ければ当日、遅くとも翌日にはお手元に届けますが、そのかわり別途手数料を頂戴しますというやつです。お急ぎ便登場前のAmazon.co.jpは結構配送がはやくて、最速では朝注文して夕方配達されたことすらありました(都区内)。

ですが、お急ぎ便登場からAmazon.co.jpがいろいろな意味でせこくなりました。まず、注文から発送手続き中までの時間がとても短くなったこと。この発送手続きに入るまでであればいつでもキャンセルできたのですが、発送手続きに入ってからだと返品しかできないんですよね。では、発送手続きに入ってからすぐに発送されるかというと、これがなんかえらく長くなりました。つまり、私からみれば、形だけ(システム上だけ)キャンセルできないように、発送手続きのフェーズにすぐに入れてしまい、そこでお急ぎ便との格差をつけるために、1日とか2日とかオーダーをそのまま寝かせておき(=放置しておき)、ようやく発送する…という風に『見えて』しまいます。実態はどこかで本当に時間がかかっているのかもしれませんが、過去そうでなかったことを考えれば、やはりわざとだとしか思えません。

1500円以上送料無料なので、まあ、結構使っていますし、洋書についてはここで買うのが安さと早さではベターなのでそれなりに買っていますが、なんだかなぁって感じです。

ちょっと天狗になってませんか?Amazon.co.jpさん!

« 凶悪な商用スパイウェア……スペクタープロ | トップページ | 無線LAN »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Amazonの普通便とお急ぎ便:

« 凶悪な商用スパイウェア……スペクタープロ | トップページ | 無線LAN »