マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ブログサーチ | トップページ | インパチェス »

2007年7月21日 (土)

車内での居眠り

朝の通勤電車の中で座席に座ってコックリと船を漕ぐ人というのは、日本においてはさほど珍しくない風景で、ある意味では日本の治安のよさを示し、別の意味では自己の安全にあまりにも無用心な日本人の姿を垣間見ることができます。

通勤電車のロングシートで自分のとなりに座った人が船を漕いで自分のほうに体重を預けてくるというのは、はっきりいって嫌なものです。私は男性ですが、たとえうら若き女性がもたれかかってきたとしても、えーい、うざったいぞ!とか思います。ファンデーションがこちらの服についら嫌だなとかも思いますね。

先日、朝の通勤電車の中で若い女性二人が並んで座っていました。一人は夢の中でときおり隣の女性のほうにもたれかかってゆきます。体重をあずけられたほうは鬱陶しいらしくて、体重が肩にかかってくると肩で押し返したりして無言の争い状態です。ところがしばらくすると、肩ではじき返して怒りを表していたほうの女性もいつしか夢の中。で、もう一人のほうにときどきよりかかり状態になり、二人して体重預けあい状態となりました。見る限りはこの二人は縁もゆかりも無い赤の他人のようです。

なんとも滑稽じゃありませんか。人の振り見て我が振りなおせとはよくぞ言ったものですね。

« ブログサーチ | トップページ | インパチェス »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車内での居眠り:

« ブログサーチ | トップページ | インパチェス »