マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« モンスターペアレンツ | トップページ | 台風4号 »

2007年7月14日 (土)

シモンズギャラリー日比谷

日比谷にあるシモンズギャラリーに行ってきました。

ここは、いわゆるベッドを中心としたシモンズ製品のショールームです。かつて私も利用したことのあるIDC大塚家具の有明本社は巨大でありますが、「そこで販売する」ことを目的として、係員を客に張り付かせて何とかより高い物を買わせようとし、なおかつ支払にはクレジットカードを受けつけないという凶悪至極な家具屋でありますす。しかし、シモンズギャラリーはメーカー直営の純粋なショールームであり、そこで販売はしておりません。ですから、しつこく勧められることもありませんので、安心して見ることができます。

私の場合、ベッドと言えばやはりシモンズのポケットコイルであり、ベッドといえばダブルクッションであります。特に最近は省スペースの観点からでしょうか、ベッド下に収納をつけているものが多いのですが、ありゃムチャクチャダメです。結婚前に使っていたことがありますが、想像を遙かに超えて湿気がきついです。衣類とかいれようものなら、カビが生える寸前、あるいは本当にカビが生えるくらいに湿気が下りてきまして、中の衣類は冷たくて乾いた気持ちよい感じがしません。絶対に良くないですね、ベッド下の引出は絶対やめたほうがいいです。

ダブルクッションが好きなのは、そうでないものに比べて寝心地に絶大な差があることです。また、ベッドの寿命もダブルクッションのほうが長いですし、シモンズのように木材に良い物を使っている場合は、木材の多いタイプよりヘッドボードなしのダブルクッションタイプのほうが遙かに安かったりしますね。家具屋さんで見てダブルクッションのほうが高いってのは良くある話ですが、ダブルクッション=高級というわけではないです。フレームに木を使ったものでも、良い材質を使えばダブルクッション以上に高くなるのが普通でしょう。

ショールームの係員の方に聞いた話ですが、ダブルクッションの場合はボトムには是非ベッドスカートを使ったほうが良いということです。ベッドではシーズン(春夏秋冬)に一度ずつマットレスの向きを変えると長持ちしますね。購入した次のシーズンにはマットレスの頭と足を入れ替える、さらに次のシーズンにはそのまま長い側を中心にして裏返す、その次はまた頭と足を入れ替える(つまり一年たつと元に戻る)ような使い方をすれば楽に15年はもち、20年くらいも別に珍しくないそうです。ところが、ベッドスカートがないと、ベッドのスプリングやクッション材より先に側面の生地が傷んでくるのだそうで、ベッドスカートはそれを予防するのだそうです。これは気づきませんでしたね。

さて、私が行ったのは天気がさえない日の午後でしたので、私たち以外の客は皆無。受付の女性も手持ちぶさたのようでした。その女性によれば、休日などは一日に100~200名の客がくるとのことで、ベッドの具合を試すのも行列騒ぎで、ゆっくりと試したりじっくりと説明を聞くことなどはむずかしいとのことでした。

シモンズギャラリーでゆっくりとベッドを試してみたいと思うなら、くれぐれも平日をねらいましょう。

[参考]
シモンズベッド
http://www.simmons.co.jp/

« モンスターペアレンツ | トップページ | 台風4号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シモンズギャラリー日比谷:

« モンスターペアレンツ | トップページ | 台風4号 »