マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Amazonプライムサービス | トップページ | そこまでやるか、中国! »

2007年6月19日 (火)

英文署名(英文サイン)を作る

私は一応日本人なんで(※1)、普通に書類への署名(自署)も漢字の楷書体でシコシコと書くわけでありまして、まあ、ごく当たり前の状況だと思います。

しかしながら、近年は海外旅行や海外出張の機会も増えたり、仕事で海外から人を呼んだりということも出てきまして、先日などは海外向けのとある書類にサインが必要だったのですが、いかんせん英文サインは慣れていない(というかいいものを持っていない)ので漢字でごまかしました(爆笑)。

さすがに、サインしたものをみて、これじゃあいかんなぁ、ってことでプロに英文サインをデザインしてもらうことにしました。

もともと、私の名前(苗字)は長くてローマ字にすると10文字にもなり、 ファーストネームのイニシャルを入れると10文字を超えてしまうわけで、数文字ですむ滝さんとか西さんとかいった苗字がすごく、ものすごくうらやましいのであります。自分でも幾度か英文サインにチャレンジしましたが、長いためにどうしても綺麗にならないのであります。

というわけで探したのが有償で英文サインをデザインしてくれるところで、その名も署名ドットコム。印鑑だってお金を払って購入したり作ってもらったりするのですから、サインだって同じであります。税込み5,000円で英文サイン一種類をつくってくれまして、練習資料などもついているようであります。

発注したのが先週末なのでぼちぼち最初の版(気に入らないところなおしてもらったりという校正サービスもついています)があがってくるころなので、楽しみです。

(※1) 海外に行くと、日本人が大勢行くようなところでも日本人に見られることは少ないですねぇ、何故か。

« Amazonプライムサービス | トップページ | そこまでやるか、中国! »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英文署名(英文サイン)を作る:

« Amazonプライムサービス | トップページ | そこまでやるか、中国! »