マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 英文署名(英文サイン)を作る | トップページ | オーストラリアの水不足 »

2007年6月20日 (水)

そこまでやるか、中国!

最近になって、中国産の食品や薬の安全性がかなり問題になってきていますね。さらに、それに追い討ちをかけるような情報が先週日曜日に報道されていました、。

なんでも、紙ナプキン(レストランなどのテーブルの上にあって口などをふくやつ)には、使用済み生理ナプキンや使用済み医療ガーゼなどを原料として使用していたとかで肝炎ウイルスなども検出されたそうであります。さらに、爪楊枝も使用済みを回収して水で汚れをおとして再出荷したとかでAIDSウイルスまで検出されたというトンでもない話でした。中国産のナプキンで口をふいて中国産のつまようじでシーシーやると命を落とすという具合であります。

この国はいったいどうなっているのでしょうか。北京五輪を前に当局はやっきになってマナー向上運動をおこなっているそうですが、もはやマナー以前の話で人の命にかかわる問題でありますな。

実際、中国産風邪薬(シロップ)に毒性物質が入っていて死者が出たり、中国産ペットフードを食べた犬猫が次々死んだり、中国産練り歯磨きから致死量の毒物が見つかったりというのが最近報道されたのは記憶に新しいところです。もはや、ここまでくると、いかなる品物でも中国産とラベルにあったら、自分と家族の身の安全のためには一切買わない、手を触れないのが一番の防衛策としかいえなくなっていますね。

我が家でも中国産の代物、特に食品などはいくら安くても絶対に購入しなくなりました。家電品などで日本メーカーの現地工場生産というのが許せる限界でしょうか。例え日本メーカー製であっても、中国産原材料使用食品(例えば中国産ウナギの蒲焼とか、中国産ほうれん草を使った冷凍食品とか)などはやはり買いません。繰り返しますが、日本政府が中国からの輸入食品などについて徹底的な水際での安全確保策をとらないかぎり、中国産の食品(原材料使用を含む)は不買を決め込むしか身を守る手段はありませんね。

どうしたら、あの国はまともになるんでしょうか?打つ手なし??4000年の歴史が泣きますぜ、ホント。

« 英文署名(英文サイン)を作る | トップページ | オーストラリアの水不足 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこまでやるか、中国!:

« 英文署名(英文サイン)を作る | トップページ | オーストラリアの水不足 »