マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の30件の記事

2007年6月30日 (土)

ジブリアニメの声の出演の下手くそさに辟易

ジブリアニメは大好きですよ、ストーリーと絵は…です。ただし、声がダメですね、まともなのもありますが、はっきりいってひどい物も多い。特にひどいものの筆頭候補なのが「耳をすませば」の月島靖也(雫の父)の声の立花隆氏であります。彼は俳優でも声優でもなくて、ジャーナリストであります。声優の勉強はもとより発声の訓練すらしていないでしょう。まるで学芸会のように台詞の棒読みで興ざめもいいところですよ。大好きなアニメだけに、プロの声優さんでもう一度吹き替え直してほしいくらいです。

噂では宮崎駿監督が声優嫌いだ、アイドル声優大嫌いって話なんですが、一方でハウルの動く城のハウルには木村拓哉氏を起用したりして、アイドル声優は嫌いでもただのアイドルならOKなんですか?って理解不能に陥ります。

ま、そういう意味で下手くそな台詞を聞かされるくらいならば、英語吹き替え版でも見ていたほうがよほど精神的に気持ちがよいですし英語の勉強にもなります。

絵とストーリーがいいだけに、本当に惜しいと思います。

2007年6月29日 (金)

CPUファンがうるさいかも…

昨日のエントリーで現在使っているミッドタワー自作機の簡単な構成を紹介しました。

CPUはPentium4 2.4GHz B-Stepのボックス売りのもので、CPUクーラーはボックスについていたリテールをそのまま使っています。これで以前は問題なかったのですが、ビデオカードのファンがあまりにも甲高くうるさいのでファンレスに取り替えたり、あるいは、電源がちとやばくなったので取り替えるなら静音タイプにしたり、さらに12cmのシャーシ排気ファンも低速の静音タイプにしたりするうちに、やけにCPUクーラーファンの音がうるさく感じるようになりました。単に相対的なものだけではなく、実際、音も高くなってきたようです。

うーん、ファンのお取替え時ですかね…。というわけで、目をつけたのがScythe(サイズ)の峰COOLER Rev.Bです。評判は結構よさげなんですが、でかいですねぇ、干渉せずにつくのかしら、ってことでP4PEでつけている例を調べたら一応あるようです。あとは高さがあるのでケースが大丈夫か…。うーむ。

2007年6月28日 (木)

次の据え置き型PCは…

今、私がメインで使っているPCはPanasonic CF-Y5というノートPCでありますが、当然というかほかにもみっどタワーの自作機があります。

自作機のほうは、2003年2月に最初の構成つくったもので途中ビデオカードなどの変更を経て現在の構成は次のようなものです。

CPU: Intel Pentium 4 2.4GHz FSB533MHz B-Step
マザーボード: ASUS P4PE
ビデオカード: ASUS V9520X/TD (GeForce FX5200使用、ファンレス)
メモリ: 1GB

実際のところ、これで速度的な不満などはありません。しかし、Vistaが出て半年、うーん、Core 2 Duoかぁとか恩農協このごろです。まあ、まずは机上のお遊びで構成を考えてみました。

CPU: Intel Core 2 Duo E6420 (2.13GHz, 4MB-L2, FSB1066MHz)
CPUクーラー: 峰COOLER Rev.B
マザーボード: ASUS P5B Deluxe (Intel P965チップセット、グラフィックなし)
ビデオカード: ASUS EN7600GS Silent/HTD (GeForce 7600GS, ファンレス)
ケース: ANTEC P150 (静音タイプ!)

というわけで、比較的静音に拘った構成です。これにDVD、メモリ(2GB)、HDD(7200rpm、SATA)、DSP版のWindows Vista Home Premiumをつけて、小物コミで12万円前後ってところでしょうかね。

あくまで机上であります、今のところ…

2007年6月27日 (水)

四季咲きベコニア

我が家のプランターにあるベコニアちゃんですが、まだ元気に花を咲かせています。

20070627.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

おそらく四季咲きベコニアでしょう。四季咲きベコニアの花期は春から秋までの長い期間にわたりまして、暑さ寒さ病害虫に強いという誠にもって家庭のプランター向きであります。温暖化が進んでもまだまだ生き残れる花ですかねぇ?

2007年6月26日 (火)

マツバボタン2号

昨日のエントリーに掲載した花と同時に咲いたマツバボタンです。

20070626.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

小さくて可愛く、そのくせ生命力は驚くほど強いマツバボタン、いいですね、マツバボタンとか四季咲きベコニアとか小さくて可憐だけれど力強い生命力を秘めた花ってのが好きです。

2007年6月25日 (月)

マツバボタン1号

マツバボタンってのは、一度種を撒いて花を咲かせると、翌年からはこぼれた種で自動的に目を出して花が咲くようになります。

20070625.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

これは、今年になって自動的に芽を出して咲いた花の第一号であります。マツバボタンは乾燥にも強く夏の間一週間ほど留守にして水をやらなくても平気だったりします。これまた温暖化と乾燥に強い花かも知れません。

2007年6月24日 (日)

ビリーズブートキャンプ

巷で話題にビリーズブートキャンプ (Billy's Boot Camp) がついに我が家にやってきました。

20070624.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

ショップジャパンではなくて、とあるショッピングセンターに売っていたのを見つけたわけです。

いや、私が欲しかったのではなくて、妻がほしがっていたのです。先週池袋ロフトにあったのですが、迷って買わなかったら売り切れて買えなくなったと妻は大いに悔やんでいたのですが、丁度売っていたというわけで嬉々としてレジに向かいました。まるで欲しかったプラモデルを抱えてレジに行く子供みたいでありました。

今、このエントリーを書いている横で妻が最初のDVDの最後のストレッチ部分にさしかかりました。いや、見ている分にはおもしろいですが、大変そうであります。映像の中のビリーはさすがU.S.ARMYのトレーナーですねぇ、速い、速い、動きが凄くシャープです。

え?私?ま、そ、そ、そのうち、チャレンジしますか…。

2007年6月23日 (土)

家庭内IT相続危機

ふと気がつくと、自宅でもブローバンド無くしての暮らしというのが想像しにくい状況になっています。電話はIP電話で通話料も基本料も安上がり(年間にしたら相当な差です)、娘は大学のレポートの資料調査などにネット接続は欠かせない、物をかうのも安く買うには店頭で実物を見てWeb通販で買うのが安上がりです。また、旅行の手配も特に海外旅行の手配はインターンネットなしでは考えられません。

これらを使うのに重要なのがユーザーIDやパスワードの類です。オンラインバンキングやクレジットカードの明細、プロバイダの契約、私の場合ならこのサイトのホスティングの契約など、厳密に管理されたユーザーIDとパスワードが必要なものが沢山あります。

これらを誰が管理しているかというと、我が家では私なわけでして、多くの家庭ではおそらく奥様ではなく旦那様のほうではないでしょうか。

余談ですが、私は「奥様」「旦那様」というこの言い方は大嫌いなのです。だって、言葉が平等ではないでしょう?対等な表現では「妻」と「夫」なのでしょうが、自分達を表現するには「妻」「夫」でいいのですが、他人様を表現するに「妻様」「夫様」という訳にもかず困ってしまいます。この際、「妻様」「夫様」もオフィシャルな日本語にしてしまえばよいのでは?(笑)

閑話休題。こうした情報を握っているのは大抵が夫のほうですから、夫が突然他界した場合などは従来のような問題以外にもIT相続危機が訪れるわけです。プロバイダはアカウントやパスワードなどは他人には、たとえ家族でも教えないのが普通なので、下手すれば契約解除もできずお金を払い続けなければならなくなったりしますね。相続処理を手伝ってくれる司法書士や弁護士もこうしたIT相続危機には対処しがたいでし、時にITスキルはかなり低かったりするでしょう。パソコンすら自分で打てない人だって少なからずいるでしょう。

結局の所、自分に万一のことがあったときにそなえて、重要なアカウントやパスワードはわかるように「紙で」書き残して保管し、変更があれば速やかにメンテナンスし、なおかつ、厳重に保管しなくてはなりません。

厳重に保管しタイムリーにメンテナンスを継続するってのは至難の業であります、実際!それが業務で必要な会社ですらかなり大変なのが現状だと思いますので、いわんや片手間で趣味の世界に毛が生えた程度の家庭においては…です。

何か名案は? いまのところありません!(きっぱり)

2007年6月22日 (金)

英文サイン、その後

署名ドットコムに、5,000円で発注していた英文署名デザインですが、三日ほど前に最初のデザインがあがりまして、特に問題なかったのでそのまま最終工程(練習手順などの作成)に入ってもらいまして、ついに昨日すべてが完了しました。

デザイン依頼はWebから申し込みまして、その後の校正などはすべてメールで行い、最終的な青果物(デザイン、練習手順など)もすべて電子データ(PDFなど)でメールで送られてきます。デザイン提供側にすれば余計な費用もかかりませんし、依頼側にすれば郵送に必要な日数が省けるなどメリットは大きいです。

早速、昨夜から練習を始めました。点などを入れても全部で六画で収まっており、すごく格好よいデザインでありまして、さすがプロですねぇ。練習といっても、まるで小学生のあいうえお(今は幼稚園かな)の練習のようであります。最初はたどたどしく…。

一所懸命練習したことと、昨夜はとても暑くて寝苦しかったこともあって、暑くて何度も目が覚めたり、あるいは夢の中で署名を練習していてある部分の書き方を忘れてしまって、夢の中でひどく悩んで目が覚めたり(笑)、と、寝不足で今朝は眠いのであります。

ともあれ、素敵なデザインです。英文署名で悩んでいる方、5,000円で悩みが解決できます!

2007年6月21日 (木)

オーストラリアの水不足

我が家はこの夏にブリスベンへの旅行を予定しております。私にとってはブリスベンは二度目、家族にとっては初めてとなります。

気になるのがオーストラリアの水不足の状況です。そこで、Queensland Water CommissionのWebを見てみました。先週火曜日の状況では、Queensland州のダムの合計貯水量は満水時の18.41%なのだそうであります。ちなみに、同じ日の東京都水道局のWebを見ると、利根川系76%、荒川系72%、多摩川系77%と水量がダントツに多い利根川系が例年より少なくなっています。今年は暖冬で雪があまり降らなかったツケがこの夏の水不足を招きそうな様相を呈しているようであります。

さて、オーストラリアに戻りまして、South East Queenslandでは今年の4月10日からレベル5の節水が始まっているそうです。例えば一般家庭での制約は次のようなもののようです(ごく一部のみ一例として書き上げます)

・庭や芝散水制限:奇数番地の家屋は火木土曜日の午後4時から7時の間に限定、偶数番地は水金日。バケツの利用などでホースでの直散水はダメ。芝以外の庭に関しては、週に二回だけ20分間のみホース散水可能らしい。

・家庭での洗車はダメ。ただし、バケツに水をくんでのミラー、ライト、ナンバープレート、塗装にダメージを与える汚れといったきわめて限定された部分の洗浄のみ可能。

まあ、ほかにもとにかくたくさんの制約があります。これが最高の節約レベルではなく、さらにレベル6とかレベル7も考慮されているようです。

全地球レベルの気候変動だけに、すぐに解決できるとも思えないですし、逆に言えば日本が恐ろしいほど深刻な水不足に陥る可能性だって否定できないわけであります。実際、この夏はかなり厳しいようです。

まずは、住民であっても旅行者であっても水を大切に使うことを心がけましょうね。洗車だってホースで水を流しっぱなしとか、シャワーも入ってる間中だしっぱなしなんてのは当然ですよね。

2007年6月20日 (水)

そこまでやるか、中国!

最近になって、中国産の食品や薬の安全性がかなり問題になってきていますね。さらに、それに追い討ちをかけるような情報が先週日曜日に報道されていました、。

なんでも、紙ナプキン(レストランなどのテーブルの上にあって口などをふくやつ)には、使用済み生理ナプキンや使用済み医療ガーゼなどを原料として使用していたとかで肝炎ウイルスなども検出されたそうであります。さらに、爪楊枝も使用済みを回収して水で汚れをおとして再出荷したとかでAIDSウイルスまで検出されたというトンでもない話でした。中国産のナプキンで口をふいて中国産のつまようじでシーシーやると命を落とすという具合であります。

この国はいったいどうなっているのでしょうか。北京五輪を前に当局はやっきになってマナー向上運動をおこなっているそうですが、もはやマナー以前の話で人の命にかかわる問題でありますな。

実際、中国産風邪薬(シロップ)に毒性物質が入っていて死者が出たり、中国産ペットフードを食べた犬猫が次々死んだり、中国産練り歯磨きから致死量の毒物が見つかったりというのが最近報道されたのは記憶に新しいところです。もはや、ここまでくると、いかなる品物でも中国産とラベルにあったら、自分と家族の身の安全のためには一切買わない、手を触れないのが一番の防衛策としかいえなくなっていますね。

我が家でも中国産の代物、特に食品などはいくら安くても絶対に購入しなくなりました。家電品などで日本メーカーの現地工場生産というのが許せる限界でしょうか。例え日本メーカー製であっても、中国産原材料使用食品(例えば中国産ウナギの蒲焼とか、中国産ほうれん草を使った冷凍食品とか)などはやはり買いません。繰り返しますが、日本政府が中国からの輸入食品などについて徹底的な水際での安全確保策をとらないかぎり、中国産の食品(原材料使用を含む)は不買を決め込むしか身を守る手段はありませんね。

どうしたら、あの国はまともになるんでしょうか?打つ手なし??4000年の歴史が泣きますぜ、ホント。

2007年6月19日 (火)

英文署名(英文サイン)を作る

私は一応日本人なんで(※1)、普通に書類への署名(自署)も漢字の楷書体でシコシコと書くわけでありまして、まあ、ごく当たり前の状況だと思います。

しかしながら、近年は海外旅行や海外出張の機会も増えたり、仕事で海外から人を呼んだりということも出てきまして、先日などは海外向けのとある書類にサインが必要だったのですが、いかんせん英文サインは慣れていない(というかいいものを持っていない)ので漢字でごまかしました(爆笑)。

さすがに、サインしたものをみて、これじゃあいかんなぁ、ってことでプロに英文サインをデザインしてもらうことにしました。

もともと、私の名前(苗字)は長くてローマ字にすると10文字にもなり、 ファーストネームのイニシャルを入れると10文字を超えてしまうわけで、数文字ですむ滝さんとか西さんとかいった苗字がすごく、ものすごくうらやましいのであります。自分でも幾度か英文サインにチャレンジしましたが、長いためにどうしても綺麗にならないのであります。

というわけで探したのが有償で英文サインをデザインしてくれるところで、その名も署名ドットコム。印鑑だってお金を払って購入したり作ってもらったりするのですから、サインだって同じであります。税込み5,000円で英文サイン一種類をつくってくれまして、練習資料などもついているようであります。

発注したのが先週末なのでぼちぼち最初の版(気に入らないところなおしてもらったりという校正サービスもついています)があがってくるころなので、楽しみです。

(※1) 海外に行くと、日本人が大勢行くようなところでも日本人に見られることは少ないですねぇ、何故か。

2007年6月18日 (月)

Amazonプライムサービス

Amazon.co.jpでプライムサービスなる新たな有償サービスが開始されました。

Amazon.co.jpでは従来から1,500円以上の注文の場合は送料無料という他社から比べると破格の送料サービスが実施されていました。これしかなかった時代には、Amazon.co.jpの発送対応は相当早くて、朝一番せ注文したら都区内在住の私のところへは当日夕方にはペリカン便で運ばれてきたこともあって、大変驚いたことを記憶しています。

そのうち、お急ぎ便というのができて関東であれば最速は当日中、遅くとも翌日には配達します、ただし送料として350円頂きますという有償サービスが出てきました。どうも、このお急ぎ便サービスが始まってから、明らかに通常便の発送が遅くなりました。お急ぎ便の価値を維持するために普通配送をわざと遅らせているのではないかと思うくらいの変わり方であります。

そして、今回のプライムサービス。年間3,900円の会費を払えば、1,500円の送料無料最低購入価格の制限がなくなり、会員期間中は何度でもお急ぎサービスと同等のものを利用できるようになるというものです。

私は過去の記録をみても年間少なくとも10回以上はAmazon.co.jpで買い物をしています。しかし、お急ぎ便を使ったのは過去一回だけです。また、注文金額にしても洋書ならペーパーバックを二冊ほど買えば大抵は1,500円を超えますし、無理して1,500円を超えるような額になるような注文をしたこともありません。そう考えると、3,900円の年会費はかなり高いですね。私の場合ならどうしても早くほしいときだけ350円を払ったほうが、間違いなく得であります。

このプライムサービス、Amazonの日本法人に吉と出るか凶と出るか。アメリカと日本は宅配便の事情や速さ、信頼度もかなり違いますし、下手すれば3,900円を払わないなら、カタツムリの速度で出荷作業しますぜ、という嫌がらせのようにもなってしまいかねません。はて、さて、どうなりますことやら。

2007年6月17日 (日)

たまにはマウイも行きたいなぁ

この写真は、2001年8月のマウイ旅行で、当時マウイ島在住の友人(夫がアメリカンで妻がジャパニーズ)と一緒に行った、マウイ島のオリンダの松林です。

20070617.jpg
(SANYO DSC-SX150, 2001年8月撮影)

およそ観光ポイントなどとはほど遠いところですが、以前友人夫婦が住んでいた場所の近くなんです。友人夫婦が用意してくれたサンドイッチを食べながら、ひとときを過ごしたことが今でも昨日のことのように思い出されます。

ハワイへ最後に行ったのはこの写真をとった2001年8月が最後です。ああ、またマウイへ行きたくなりました!

2007年6月16日 (土)

深紅の花

これは一昨日の紫陽花のとなりに咲いていたもので、おそらくこれも紫陽花だとは思うのですが、実物も目にしみるほどの鮮やかな真っ赤であります。

20070615.jpg
(NOKIA N73)

まるで、シャア専用の深紅の紫陽花って感じ(笑)。一番多い青から紫系を中心に紫陽花の花をあちらこちらでみかけるようになりました。東京ではここ数年の梅雨入りは6月の初旬なので、ぼちぼち梅雨入り宣言があってもおかしっくはない時期であります。

2007年6月15日 (金)

PSPとDS Lite (SONYと任天堂)

我が家も例に漏れずPSPとDS Liteの両方があります。解像度や画面の美しさではPSPの圧勝ですが、市場からいうとDS Liteの勝ちって感じです。

PSPの液晶がタッチスクリーンになっていて手書き認識などに対応していれば、これはかなり形勢もかわったようなきがしなくもありません。実際、お勉強系ソフトには手書きも必須要件だと思うので、このあたりで差がついて居るんでしょうか?

ただ、脳トレ系のソフトを除けば平均的にはDS Liteはガキンチョ向けソフトが多くて、PSPのほうは大人系あるいはマニアック系、ディープなソフトが多いように思います。

SCE社はPS3の売れ行きも芳しくないので、欧米でリストラ策を発表しています。この先、ソニーのゲーム機がどうなってゆくのでしょう。任天堂の一人天下にはなってほしくないのでありますが…。

ただ、DS LiteとPSPを見ていると、ネットワークに対する根本的な姿勢の違いがありますね。たとえば無線LANの設定にしても、PSPは単体で(ソフトを入れなくても)無線LANにアクセスでき内蔵ブラウザでWebを見ることができますし、無線LANの暗号化も単なるWEPだけではなく、WPA-PSKにも対応しており暗号化は高度なAESにも最初から対応しています。我が家の無線LANはWPA-PSKで暗号化はAESを使っていますのでこれができないと困るのであります。

PSPのほうはそういうインフラ面の違いもあって体験版ソフトなどもPSPのサイトからダウンロードしてためしに遊んでみることが可能なのですね。

家庭でのブロードバンド接続と無線LAN普及が当たり前になってきた現在、SCEの言うようにソフトウェアの販売も従来のようにパッケージ販売にこだわる必要もなくて、あらたな方法が提案されるべきですね。そういうところで、SCEの今後に期待しています。

2007年6月14日 (木)

紫陽花じゃないなぁ

水無月です。水無月といえば紫陽花ですね。でも、この写真は紫陽花じゃないでしょう、葉の形が違う。じゃぁ、なあに?知りません…。

20070614.jpg
(NOKIA N73)

それにしても梅雨の雨の多い季節に何故「水」の「無」い「月」なのかなぁ、と思って調べてみました。この「無」
というのは、「神無月」の「無」と同じで、nothingの「無」ではなく、「~の」の意味になるのだそうです。つまり、「神無月」は「神の月」であり、「水無月」は「水の月」なんですね。

しかし、神無月ってのは、昔学校では神様が全部出雲大社に集まるので神の居ない月だから神無月、一方出雲地方では神様が一杯集まるので「神有月」といもいうと教えられた記憶があるのですが…。

どちらが正しいのか知りませんが、「~の」を意味する「無」のほうが、神無月と水無月の説明が同じようにできますよね。そうでないと、水無月がなんだかわからなくなってしまいます(笑)。

ま、この辺りが理系である私の理解の限界(苦笑)。

2007年6月13日 (水)

ルドベキア?

週末の買い物帰りに近所の公園に向日葵が咲いているのを見つけました。遠目には向日葵に見えたのですが、近づいてみたら、向日葵じゃないジャン、何これ?って調べたら、どうもルドベキアという花らしいですが。

20070613.jpg
(NOKIA N73)

キク科の多年草だそうであります。

2007年6月12日 (火)

梅雨間近

買い物の途中でふと見つけた紫陽花。

20070612.jpg
(NOKIA N73)

NOKIA N73で適当にとりましたので、オリジナルを見るフォーカスがあっていません(苦笑)ので、縮小してごまかしています。

いよいよ、梅雨も近くなってきたんですねぇ。いやだなぁ、じめじめして蒸し暑いだけの東京の梅雨は…。

2007年6月11日 (月)

駐車違反

昨年6月1日から施行された改正道路交通法に基づく駐車違反の取締りですが、最近は取り締まられた側に、とくに商用車やレンタカー中心としてかなり変化が出ているそうであります。

どういうことかといいますと、駐車違反でステッカーを貼られてしまったら、法に基づくならば速やかに警察に出頭して反則金を納め青切符を切られて違反点数が付加されます。ところが、もし出頭しないとどうなるかというと、今度は所有者責任として車の所有者に対して反則金と同額の放置違反金を納めなさいという命令が下されます。

ここがポイントで、正直に出頭すると違反点数が付加されてその累積点数によっては免停になってしまいます。しかし、出頭せずに放置違反金の納付書が来るのをまって素直に納めたら、金銭的被害は同額で違反点数を付加されることは避けられます。その結果、商用車などでは会社が所有者として違反金を払い、ドライバーが違反点数を付加されないようにするのだそうです。もちろん、これには一応制限があって半年間に3回の放置違反金納付命令を受けた場合には当該車両は20日間の使用制限命令が出されます。

ま、とにかく、そんなわけで、駐車違反を犯したドライバーは点数も付加されずにのうのうとしているケースがどんどん増えているわけです。

駐車違反の取締りだけ考えるならば、放置違反金は反則金の10倍以上にし、一年間に一定回数以上の放置違反金納付命令を受けた場合は車検取り消しにして使えなくしてしまうなどの強攻策が必要でしょう。はっきり言って甘いです。同時に、配送業者などは一定条件のもとで駐車禁止除外指定を受けることができるなどの配慮も必要であります。また、大規模なパークアンドライドを導入できるような周辺部駐車場の確保と街中での公共交通機関の整備も経こうしておこなわねば不公平というものです。

温暖化問題もありもっと真剣に考えるべきでしょうね。

2007年6月10日 (日)

夕日

先週の日曜日の夕暮れです。

20070610.jpg
(Panasonic LUMIX FZ50)

夕暮れとしてはかなり雲が多すぎますが、雲の隙間に沈み行く太陽に輪郭がのぞいています。都心に近いので自然の中で沈み行く夕日なんてのは望むべくもありません。中年といわれる年齢真っ盛りになると、やはりビルより山・川が恋しくなります。

2007年6月 9日 (土)

Justsystemのノベルティの多機能ペン

Justsuite 2007のユーザーアンケートに答えたら、忘れた頃にJustsystemから送ってきたのが、下の写真の多機能ペンです。

20070609.jpg
(RICOH GR DIGITAL)

0.5mmシャープペンと赤・青、黒の油性ボールペンですが、ノック部は一つで上に向けた部分にかかれた機能の芯が出てくるという例の奴。

ただ、どこにもメーカー名やロゴがありません。唯一「INK FROM GERMANY」とかかれています。Webを調べてみるとどうも「カルテットフォー」というもの「らしい」です。リフィルはパイロットのものが使えるそうであります。

2007年6月 8日 (金)

もみじ饅頭

広島へ行ってきました!

って、嘘です。時々新宿の広島アンテナショップ(ゆめてらす)で買います。大好きなんですよね、もみじ饅頭。

20070608.jpg
(RICOH GR DIGITAL)

大手で有名なのはやまだ屋のようですが、私が好きなのはにしき堂のほうです。やまだ屋よりにしき堂のほうが皮が薄くてあんこが詰まっているように感じます。

2007年6月 7日 (木)

メープル玄米ブラン

アサヒフードアンドヘルスケア(株)から出ているバランスアップ メ-プル玄米ブランです。

20070607.jpg
(RICOH GR DIGITAL)

ウェハースのようなサイズのものが三枚入った小袋が6個入って、定価315円であります。まあ、定価で買う人はいないと思いますが…。

食感はこの手の物にありがちなバサバサ感があって、クッキーのように美味しい物ではないですが、メープルの風味がほのかにしています。私にはもっと強烈にメープルの香りと味がしてほしいですね。カナダ産のメープルクッキーみたいなやつがいいかも(笑)

2007年6月 6日 (水)

見ての通りのたい焼きです。

20070606.jpg
(RICOH GR DIGITAL)

ただし、中身は小豆餡ではなくて、お好み焼きの具みたいになっていて、キャベツなどがたっぷり入っています。皮の食感は間違いなくたい焼きですが、中身はお好み焼きです。

まあ、野菜たっぷりなので、普通のたい焼きより食事に近くて相対的にはヘルシー度もUPです(笑)。

2007年6月 5日 (火)

これ何?

マンションの敷地内に咲いている花なんですが、稲穂のほうに目一杯つぼみがついていて、根に近いほうから花が咲いています。

20070605.jpg
(RICOH GR DIGITAL)

緑と白の縦縞でちょっと不思議な感じです。名前をご存じの方コメントよろしくです。

2007年6月 4日 (月)

電話機の受話器のコードねじれ現象

デスクワークの方にとって不可欠なのが電話機とパソコンでしょうか。特に一般のオフィスで電話機は必須なわけですが、オフィスの電話機でよく見かけるのが受話器のコードねじれ現象であります。

すなわち、電話機本体と受話器をつないでいるカールコードがどんどんねじれてゆき、いつのまにやら受話器を持ち上げるのも困難になるほどねじれてしまう、というのはおそらく誰しも経験があると思います。

なぜ、普通に使っているのにねじれるんだぁ?と私もかねがね疑問に思っていましたが、その謎がとけました。

ITmedia Biz.ID 電話機の「コードねじねじ現象」が発生する理由
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0705/28/news018.html

わかってしまえば実に単純な話なので、それに気づかなかった自分がちょっぴり悲しい…かも。

2007年6月 3日 (日)

おもしろ消しゴム

20070603.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

娘が集めている「おもしろ消しゴム」大集合であります。メーカーとして圧倒的に多いのはイワコーですが、他にはゼンシンショウジなのだそうです。

まあ、集めに集めたりという感じで、パロディものから可愛いものまで実に様々です。

2007年6月 2日 (土)

池袋量販店戦争勃発

池袋東口(西武百貨店側)のビックカメラ本店から一軒おいて隣に建設中のビルがありますが、これがヤマダ電機の店舗でしてこの六月には竣工予定なのだそうであります。

池袋といえばビックカメラの天下でして、天下であるが故に同じビックでもヨドバシと競い合っている新宿のほうが価格が安い、ポイントの還元率が高い、値引き交渉で下げてくれる可能性・下げ幅が大きいなどがありまして、高価なものは池袋ではなく新宿で買うことが多かったのです。

もともと、この場所は競輪の場外車券売場ができる予定だったのそうですが、環境が悪化することを理由としてその計画は潰されたと聞きます。そのときに、ビックカメラは環境が悪化すれば客足も遠のくということで、猛反対をしていたようですが、結果的にはそれがライバルを呼び込むことになったとはなんとも皮肉な話です。

ですが、客にしてみれば、ビック一人勝ちの状態はよろしくない。新宿のヨドバシとビックはまだ離れていますが、池袋のビックとヤマダは事実上隣同士なので、これはもう大戦争でありまして、客にとっては嬉しい戦争の始まりです。いや、はや、ビックとヤマダ、それに取引先であるメーカーにとってはとんでもないことになりまして、メーカーのヘルパーさんたちも厳しい状態におかれること間違いありませんが、やはり楽しみです。

池袋にヤマダ電機ができたらヤマダのポイントカードも作りましょうかね(笑)。

2007年6月 1日 (金)

野菜ジュース

野菜ジュースというと、昔は不味い飲み物の代表のようなイメージを持っていましたが、今は全然違いますね。家族全員が好きなのは、カゴメの野菜生活100オリジナルです。

20070601.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

妻は家族の健康を考えて野菜を多く使ったメニューを出していくれていますので、普段の食事で各種野菜付属になることはないので、野菜不足を補うために飲むわけではないですね。美味しいですし、ついでに体にもいい(飲み過ぎなければ…)ので、スーパーで安いときに買いますが、このカゴメの奴はあまり安くなりません。伊藤園の充実野菜のほうが特売の機会は多いようですが、味の好みとしては野菜生活100オリジナルなのです。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »