マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ラムステーキ | トップページ | 先週日曜日のオムレツ »

2007年5月16日 (水)

プログレッシブ英和・和英中辞典の載った電子辞書

もう七年ほど前に、ソニーの電子辞書(DD-IC100)を買いました。かれこれ七年ほど経ちますが、未だに手放せないでいます。

20070516.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

コンテンツは、内容の良さで定評のある小学館のプログレッシブ英和中辞典、プログレッシブ和英中辞典だけです。この辞書の特徴は過去にもここで書いておりますので、こちらをご参照いただきたいと思います。

なぜ、手放せないかというと、プログレッシブ英和中辞典、プログレッシブ和英中辞典がこのペアで載っている辞書はこれだけ(正確には後継モデルのDD-IC200もそうです)であるが最大の理由です。プログレッシブ英和中辞典、プログレッシブ和英中辞典は高校生~大学生を中心としたと推測される辞書ですが、訳語がこなれていること、和英辞典は個人的にはかなりいいんじゃないかと思っています。

これは大きさはメインで使っているSHARPのPW-V8900の半分ほどしかなくて、シャツのポケットに入れても苦にならない大きさ・重さです。また、パネルをあければ自動的に電源が入り、閉じると切れるという当たり前のことが結構できない電子辞書が意外に多いのも困りものですが、これは書籍のように開くだけですぐに使えます。

海外旅行のときはPDA(今はW-ZERO3 [es])に結構な種類のフルコンテンツの英和、和英、英英辞書が入っているので不自由はありませんが、それでもポケットにDD-IC100を入れておくとPDAなんぞより遙かに機動性に富んでいて即戦力で役立ってくれます。

この系統の電子辞書は、DD-IC100かDD-IC200(どちらもソニー)しかなくて、今となってはオークションなどで入手するしかありません。とにかく莫大な量のコンテンツを載せた辞書が多い中で、こういう小型でねらいを絞った即戦力辞書もいいと思うのですが、どこかつくってくれませんかね。いや、ね、DD-IC100、ちょっと速度が遅いのです。 DD-IC200で改善されているらしいですが…。

« ラムステーキ | トップページ | 先週日曜日のオムレツ »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログレッシブ英和・和英中辞典の載った電子辞書:

« ラムステーキ | トップページ | 先週日曜日のオムレツ »