マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ガード下 | トップページ | オシロイバナ »

2007年5月24日 (木)

カモミールの種

初夏を迎えて、ベランダで可憐な花をつけていたカモミールも黄色の種をつける季節になりました。

20070524.jpg
(RICOH GR DIGITAL)

カモミールの種は自然にこぼれて翌年また芽を出して可憐な花をさかせてくれます。ベランダのプランターには、毎年恒例になっている植物として、カモミール、オシロイバナ、マツバボタンがありまして、自動的に季節になると芽が出て花が咲きます。

写真のカモミールはまだ種となってばらばらと飛び散るにはちょっと早いのですが、もうちょっと茶色くなると、手で摘むとバラバラに崩壊して種がおち、風に乗って飛んでゆきます。

ああ、夏が近づいてきましたね。

« ガード下 | トップページ | オシロイバナ »

身近の自然や風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カモミールの種:

« ガード下 | トップページ | オシロイバナ »