マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ケアンズ旅行記 | トップページ | 英語手帳 »

2007年5月 9日 (水)

ニコラス・スパークス (Nicholas Sparks)

ニコラス・スパークス(Nicholas Sparks) は、私が大好きな外国の作家の一人です。いわゆるロマンスものが中心ですが、単なる恋愛もので山あり谷ありでハッピーエンドというものは少なくて、悲劇的な結末になるものもを多くて、涙を流さずにはいられないようなものが結構多くあります。とても良い作品が多いのですが、あいにく日本語訳は非常に少ないの実情で、読みたい場合は原書(英語)で読むしかないのが現状です。

いくつかある涙を流す作品の中で、もっとも印象に残っているのが "The Guardian" です。詳細はWebなどを検索していただくとして、犬が好きな筆者でもまだ実物は見たことがないグレートデンという子馬並みの大きさがある世界一大きな犬種が主人公のJulie Barensonのパートナーで、まさに"The Guardian"とはこの犬(Singer)のことなんですね。ちょっとニコラス・スパークスらしくない雰囲気も漂わせていて、あれ、Nora Robartsだっけか?と思わせる感じもありますが、単なるラブストーリーではなくミステリーっぽいところもあります。

これ、ペーパーバック(カナダで買ったものですが…)を読んでしばらくおいておきましたが、書棚が満杯になったので古い雑誌などとともに処分しました。もう一度読んでみたいのですが、今度は保存版としてハードカーバーがほしいですね。

彼の作品はどれも印象深いですが、英語の難易度からいえば、"Message in a Bottle"なんかは簡単な英語でお勧めができます。こんな簡単な英語でこれほどまでに心を動かされる文章が書けるのかと思ってしまいます。映画にもなって日本語向けのDVDもレンタルなどでもあるので、まずDVDを見てあらすじを知ってから、ペーパーバックにチャレンジするにも好適です。正直なところ映画より原書のほうが遙かに良くできていますけどね。

« ケアンズ旅行記 | トップページ | 英語手帳 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコラス・スパークス (Nicholas Sparks):

« ケアンズ旅行記 | トップページ | 英語手帳 »