マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« オムレツ | トップページ | 東国原知事の定例記者会見発言について思うこと »

2007年4月24日 (火)

たまにはSONY (NW-S706F)

今、手持ちで愛用しているデジタルオーディオプレーヤーはハードドライブ内蔵タイプのCreative ZEN Vision:M 60GBのスリムタイプではないやつです。

お気に入りのビデオや音楽、写真を手のひらに収めてでかけよう
CREATIVE(クリエイティブ) デジタルオーディオプレーヤー
「ZEN Vision:M(ゼン ビジョン エム スリム)」 [60GB]
(電源アダプター別売) ZN-VM60GS-WT(ホワイト)

二桁GBのハードドライブタイプの種類が市場ではかなり少なくなってしまって、どうやらマーケットは大容量より小型軽量のほうに向かっているようでマイナーな存在になりつつあります。過去にも書いていますが、60GBタイプはUSB OTG機能内蔵のため速度は大して速くありませんがUSBホストポートを内蔵しているため、カードリーダーをつないでデジカメ写真を旅先でコピーしたりすることもできますし、コピーされた画像を単体で楽しむこともできます。動画(たとえばパソコンのTVチューナーで録画したものとか、HDDレコーダーで録画したものをネットワーク経由でPCに取り込んだものとか)を持ち出して外でみたりすることも可能なんですね。残念なのはそのままでは大容量ストレージとしては使えないということ。パーティションを切ってデータ用とした部分をつくると、その部分だけは大容量ストレージとして使えます。

さて、先週でしたか、ZEN V Plusが気になると書きました。これはまさにZEN Vision:Mのフラッシュメモリ版みたいなやつでして、USBホストポートが無い30GBのミニサイズみたいな感じ。ようやく4GBが当たり前になる中で、比較的珍しい8GBモデルなんかいいですね。ただ、実機をさわるとわかりますが、パワーオンしてから使えるようになるまでの起動時間はHDDタイプのZEN Vision:Mと大差ないのはどういわけだ??

これから薄着になってきて、少々大きくて重めのVision:Mを入れるポケットがなくなってしまいます。うーん、やはり小型軽量かぁ…しかしどうせならVision:Mとはまるで違うタイプがいいなぁ…ってわけで探しました。

タイプ:フラッシュメモリ
容量:4GBもしくはそれ以上
形状;ネックストラップで下げられる程度の重さ(軽さ)と大きさ
機能:感度の良いFMチューナー必須
重さ:MAX100g

この時点で、COWON, CREATIVE, SANDISK, SONY, TRANSCEND, アイリバー, サムスンになります(価格.com)。さらに、できれば50g以下じゃないと、とか、バッテリー駆動時間40H以上とか贅沢をいうと残るのはSONYのNW-S706Fシリーズです。

まあ、カセットやMDのウォークマン時代はソニーを使っていたこともありますし、ラジオに関してはSONYのはいいですね、ソニーのラジオは感度も良くていい。また、ソニーのフラッシュメモリタイプのデジタルオーディオプレーヤーでFMチューナー内蔵なのはSシリーズだけです。

正直なところ従来考えたことも無かったところなのでかなり意外でして、価格.com掲示板とかソニーから説明書をダウンロードしたり、ソフトのSonicStage CPをダウンロードしてインストールしたりと研究中。価格的には、店頭価格ですと、ときおりヨドバシとかの大手量販店でWebより安い価格が出るようですが、例によって楽天で調査。家電エクスプレスというところが、カード支払いができて評判も良いようです。

【土日出荷OK!】◆送料・振込手数料無料!◆SONY メモリープレーヤー NW-S706F-V(4GB バイオレ...

« オムレツ | トップページ | 東国原知事の定例記者会見発言について思うこと »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまにはSONY (NW-S706F):

« オムレツ | トップページ | 東国原知事の定例記者会見発言について思うこと »