マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 705NKでMobipocketReader | トップページ | うららかな日曜日 »

2007年4月 3日 (火)

RICOH GX100

28日にリコーが新しいコンパクトデジカメ Caplio GX100 を発表したようです。

10Mピクセルで、1/1.75型CCD、35mm換算で24-72mm/F2.5-4.4の光学3倍ズームレンズを搭載しており、その外観はCaplio GXシリーズというよりは、GR DIGITALのズーム搭載版といったところでしょうか。RICOHのお家芸のワイド端1cmマクロ(テレ端で4cm)も健在のようです。

これまでになかったものとして、外付けのEVFが付属するというのは大きな魅力です。液晶をフリーアングルにするのではなく、外付けEVFを90度回転可能にして提供するというのは私としては大変魅力的です。レンズの焦点距離は35mm換算で24mmに対応したのもいいですね。また、72mmというのはテレという視点でみると物足りませんが、ポートレートには手ごろですし、個人的にはZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macroとほぼ同等の画角ということで、イメージもつかみやすくてまあ手ごろではないかと感じます。F3.5から始まるような暗いレンズのコンパクトが多い中で、F2.5-4.4というのは魅力がありますね。

気になるのはフラッシュ使用時の調光です。どうもリコーのコンパクトデジカメは室内でのフラッシュ撮影が苦手でどうしてもオーバー気味になり、マイナス補正がデフォルトになってしまうのですが、このGX100はどうなんでしょうか?また、Rシリーズでは定番のズームがひっこまなくなりフリーズするトラブル(GXシリーズではきいたことがない)のは大丈夫でしょうか?

ともあれ、従来のCaplio GXシリーズとはちょっと流れが変わって、よりGR DIGITALよりになったのかなと感じます。ワイド側ズームに徹して、大きめのCCDを採用し、個人的には大変魅力的なカメラに仕上がっているというのが、GX100のWeb上の資料を見ての印象です。

すぐに買うことはありません(買いたくても先立つものがない)が、リコーのデジカメファンとしては値段が落ち着いて(=下がって)きたころには是非とも手にしてみたい一品であります。

[参考]
RICOH Caplio GX100
http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/gx100/

« 705NKでMobipocketReader | トップページ | うららかな日曜日 »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH GX100:

« 705NKでMobipocketReader | トップページ | うららかな日曜日 »