マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東国原知事の定例記者会見発言について思うこと | トップページ | お散歩カメラの条件 »

2007年4月26日 (木)

On the Beach (エンド・オブ・ザ・ワールド)

SkyperfecTVのAXNで四回に分けてOn the Beach (エンド・オブ・ザ・ワールド)が放送されていたので、HDDレコーダーに録って全部見ました。

AXN エンド・オブ・ザ・ワールド

いわゆる戦争映画ではなく世界の終末を誰と迎えるかといったヒューマンドラマです。とても悲しい映画でして、ザ・デイ・アフター・トゥモローのように、悲劇の末に一筋の光明がさすというものではなく、本当に悲しい、とても悲しい映画です。見終わったあと、ちょっと動けないくらい悲しい。

原作はネビル・シュートの「渚にて」という小説です。原作では謎のモールス信号なのですが、そこは技術の進歩を反映してソーラーパワーのPCになっていたりします。この映画(ドラマ)を見て、今一度、原作を読み直したくなりました。

« 東国原知事の定例記者会見発言について思うこと | トップページ | お散歩カメラの条件 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: On the Beach (エンド・オブ・ザ・ワールド):

« 東国原知事の定例記者会見発言について思うこと | トップページ | お散歩カメラの条件 »