マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« フォーサーズの明るい標準単焦点レンズ(続き) | トップページ | ポータブルフォトストレージは1台で安心ですか? »

2007年3月16日 (金)

STEADLER avant-garde

久しぶりの文房具ネタで、なおかつ、久しぶりの2,000円を超える筆記具購入です。

買ったのは、STEADTLERavant-garde(アバンギャルド)という多機能ペン。黒ボールペン、赤ボールペン・蛍光色ボールペン・0.5mmシャープペンがひとつになったもので、そこだけ見るとありふれていますが、ノック箇所は一箇所だけです。

つまり、200円とか300円二色や三色ボールペンとかと違っているのは、使いたい色やペンの表示を上にしてノックを押せばその色なり機能のペン先が出るというもので、こういうのは他社にもありますね。安い三色ペンとか、なんかいかにも安っぽくてペンの書き味も今ひとつなんでありますが、これはさすがにSTEADTLERだけあってすっきりと洗練されたデザインで、書き味もボールペンとしては大変滑らかです。

20070316-1.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

20070316-2.jpg
(OLYMPUS E-1, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

ケースは中の緩衝材を取り出せばペンケースにもなると説明には書いてあるのですが、これはちょっといただけなくて、そこいらの缶ペンケースより安っぽいかもしれない(笑)。かろうじてSTEADTLERのロゴがあるからいいようなものの…。

ケースはともかく、筆記具としてどれか一本だけ持つなら、今のところ間違いなくこのavant-garde(アバンギャルド)を選びますね。一本持っていて後悔しない筆記具だと感じます。

文房具屋さんワキ文具
STAEDTLER(ステッドラー)アバンギャルド

« フォーサーズの明るい標準単焦点レンズ(続き) | トップページ | ポータブルフォトストレージは1台で安心ですか? »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STEADLER avant-garde:

« フォーサーズの明るい標準単焦点レンズ(続き) | トップページ | ポータブルフォトストレージは1台で安心ですか? »