マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« OLYMPUS ラジオサーバー | トップページ | エプソンのフォトストレージってデカイですよ »

2007年3月12日 (月)

OLYMPUSのE-410とE-510

OLYMPUSからE-410E-510のニ機種が発売されました。

私は最近ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macroという非常に軽い単焦点マクロレンズを買ったわけですが、これにはやはり軽いボディが似合うわけであります(笑)。ならば、E-410だろう思うわけですが、まず、E-410はKODAKのCCDじゃないのが気に入らない。あの青空の色(オリンパスブルー)は、E-410では再現できないのではないかという心配。また、E-1ユーザーとしてE-1とはバッテリーが違うのも問題です。どうせなら共有したいじゃないですか。スペアバッテリーなんかが二重投資になるのは個人的な問題ではありますが絶対NOですね。

E-410は手ぶれ補正があるわけでもないですし、ライブビューは両方にあるわけですが、あれはバリアングル液晶もあってこそ生きるものだと思います。実際、Panasonic LUMIX FZ50では、普段はファインダを使っており、液晶モニターを撮影時に使うときは、ローアングルかファインダー利用ではきつくなる姿勢のときですね。それでも所詮は液晶モニターなんで、これでマニュアルフォーカスはやはり苦しいです。コンパクトデジタルカメラオンリーでカメラデビューした方には、やはりライブビューがウケるのかもしれませんが、もともと銀塩一眼の時代にカメラ好きになった私としては、別にライブビューでなくてもかまわない、コンパクトデジタルだって、昔私が使っていたOLYMPUS C-820Lのように明るくて見やすいファインダーがあればそれでかまわないと思っています。そういう意味でファインダがなくなってきている、あるいは、きわめて貧相なファインダーになっている現状はちょっと好きではないですね。

ともあれ、私の場合、次世代の本命はE-1後継機でしょう。E-1ユーザーがE-1の後継として認知するのは防塵防滴は当然であり、やはり質実剛健で持つ喜びを与えてくれるつくりの良いボディに新たな機能と基本性能向上がなければいけません。それはそれとして、別のラインでのE-500には興味がある一方で、E-410E-510にはまるで食指がわきませんね。この際は、流通在庫となったE-500を手に入れておくのが懸命かもしれません(自爆)

« OLYMPUS ラジオサーバー | トップページ | エプソンのフォトストレージってデカイですよ »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUSのE-410とE-510:

« OLYMPUS ラジオサーバー | トップページ | エプソンのフォトストレージってデカイですよ »