マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« E-500のファーストインプレッション | トップページ | もっと日本を知ろう! »

2007年3月30日 (金)

4GBコンパクトフラッシュ

E-1を買った当時は、4GBのコンパクトフラッシュなんてまだ無くて(正確にはあったけれどとうてい手が届かなかった)、小型のハードディスクドライブをコンパクトフラッシュサイズで内蔵したマイクロドライブなんてものがありまして(今でもあるのか?)、4GBというのはすなわちマイクロドライブってことを意味していました。

それが、今はかなり安くなって、愛用のTranscendのものですと7,000円前後で買えるようになってしまいました。それでも、需要からいえばデジカメの場合はSDメモリカードのほうが圧倒的に多いので、SDメモリカードの値段の下がり方たるや異常とすらいえるくらいです。

さて、せっかく、E-500ボディを入手したのですから、コンパクトフラッシュもこれまでの1GBじゃちょっと足りないので、4GBを奢ってあげました。

20070331.jpg
(OLYMPUS E-500, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)

これでE-500のSHQモード(E-1でもE-500でも私の常用モードはSHQです)で最大解像度にすると、初期表示の撮影可能枚数は644枚となります。プロカメラマンの海野和男氏によれば、HQでも(用途によるでしょうが)十分なのだそうで、仮にHQにしてみると2,046枚となりまして、一回の海外旅行(一週間ほど)での撮影枚数を十分カバーしてくれますね(笑)。

ただし、大容量のメモリカードは便利ですが、万一の事故のときにはそれだけ被害も大きくなりますから、旅行などでは、やはりPCやフォトストレージへのこまめなバックアップは欠かせないと思います。

[参考]
海野和男のデジタル昆虫記
http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/

「デジカメ自然観察18」撮影の画質モードの選び方2 (2005年11月02日)
http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200511/1130890555.html

« E-500のファーストインプレッション | トップページ | もっと日本を知ろう! »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4GBコンパクトフラッシュ:

« E-500のファーストインプレッション | トップページ | もっと日本を知ろう! »