マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« DMC-FZ50のズーム | トップページ | カラスの巣 »

2007年1月23日 (火)

DMC-FZ50とFL-50

私はE-1ユーザーなので、E-1用のフラッシュにOLYMPUS FL-50を持っています。このFL-50とPanasonicのDMW-FL500 (DMC-FZ50でTTL AUTOが使える純正フラッシュ)が実は同じではないか、FL-50のOEMではないかというもっぱらの噂でありました。

外観上はまったく同じといってよいくらい似ております。接点のピン配列も同じです。自己責任で試しにFL-50をDMC-FZ50に装着しました。

20070123.jpg
(GR DIGITAL)

結論からいいますと、OLYMPUS FL-50は、LUMIX FZ50上で見事に使えました。E-1でFL-50を使いますと、ズーミングに合わせてフラッシュの照射角が自動的に変わりますが、これがLUMIXでもきちんと動きます。FZ50のズームリングをワイド端にまわすとFL-50の照射角表示は35mmになりますし、ズームしてゆくとFL-50の限界である85mmまではちゃんと追従し、レンズのほうを85mm以上にするとフラッシュの照射角は85mmでとまったままとなります。

撮影すると、ちゃんとプリ発光しますし調光もばっちりです。やはりフォーサーズ仲間ということで相性が良いというか…、いや、そうじゃなくて、見比べるとわかりますが、外観から見る限りにおいてはDMW-FL500はFL-50のOEM以外にはありえないと思うわけです。

« DMC-FZ50のズーム | トップページ | カラスの巣 »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DMC-FZ50とFL-50:

« DMC-FZ50のズーム | トップページ | カラスの巣 »