マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« DMC-TZ1 | トップページ | DMC-TZ1 お料理モード »

2007年1月15日 (月)

ACE COMBAT X Skies of Deception

ACE COMBATシリーズのPSPバージョン、ACE COMBAT X Skies of Deceptionです。土曜日にクリスピークリームとともに買ってきてハマっています。

20070115.jpg
(Panasonic DMC-TZ1)

私はもともとこの手のジェット戦闘機系のゲームが好きで、PCでも結構ハマったことがあります。PCのゲームで難度の高いものは、結構精密に出来ていまして、ゲーム機のようにバルカン砲は撃ち放題、ミサイルも数十発は積んでいるなんて化け物のような戦闘機ではなく、現実のものに近くてバルカン砲は連続で撃てば一分持たずに弾切れになるし、ミサイルは他の兵装とあわせて多くて4発とか6発で、急上昇などでアフターバーナーを使うと燃料消費も非常に激しくなるもので、基地や空母に戻れなくなったりします。

このACE COMBAT X Skies of Deceptionは、そういう意味ではゲームに徹していますが、適度なリアル性があって楽しめるようになっています。EASYモードで始めましたが、バルカン砲は撃ち放題でミサイルを一発食らってもまだ平気でドッグファイトできるとか、ミサイルも70発以上あるとか、まあありえない設定というのがゲームなところ。

話は変わりますが、上の写真はPanasonic DMC-TZ1で室内でフラッシュを使って撮ったものですが、RICOHのCaplio Rシリーズで同じことをすると、デフォルト設定では間違いなく露出オーバーになるところです。しかし、DMC-TZ1は当たり前のことが当たり前にできています。何せCaplio Rシリーズでは旅先で室内の写真を撮ると、三分の一くらいは露出オーバーになってしまうわけで、とにかくこまめに露出補正をするのが必須でした。その点、DMC-TZ1は安心して室内のフラッシュ撮影ができそうであります。ただ、蛍光灯下でのオートホワイトバランスは結構苦手みたいです。

« DMC-TZ1 | トップページ | DMC-TZ1 お料理モード »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACE COMBAT X Skies of Deception:

« DMC-TZ1 | トップページ | DMC-TZ1 お料理モード »